雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

日本アカデミー賞最優秀助演男優賞 妻夫木聡おめでとう!

それにしても作品賞が残念無念・・・(涙)

例年、「どうでもいい」感満載だった日本アカデミー賞の発表で、こんなにドキドキしたのは初めてでした。それもこれも映画『怒り』のため。そして、妻夫木×綾野のラブラブカップル見たさゆえ。もちろん、そんなよこしまな考えもありましたが、一番は『怒り』関係者に一つでも多く、最優秀賞を獲って欲しかった一念からであります。


でもノミネート段階で、ほとんど見ていない映画ばかりの中で、弱気になっていったのは事実。他の賞レースの結果もそれなりに耳に入ってますから、いずこも強敵ばかり・・・と気もそぞろになってきました。映画のパワーは決して『怒り』も負けてはいないのですが、7人のメインキャストが全て熱演なだけに、誰かが抜きんでて良い、というわけではないので、それがマイナスポイントになってしまったのかもしれません。


私的には、李相日監督の最優秀監督賞と映画本体の最優秀作品賞は是非とも欲しかったのですが、あくまで大衆の支持が『シン・ゴジラ』に集まったのでしょう。それに『怒り』のラストシーンは、原作を読んだ後だと、「もう少し練れたかもしれない。」と思わなくもない。どこかしら、未完のまま、強引に幕を閉じたようなところが、まとまりの悪さを感じさせたのかもしれません。


そんなモヤモヤの中、よくぞ妻夫木君が最優秀助演男優賞を獲れたものだ、と思い出すだけでドキドキです。しかも、会場で恋人役の綾野剛君が熱いうるんだ瞳で見つめている姿とかテーブル近くでの抱擁とか見ていたら、その時だけは「ありがとう!日アカ」(笑)な気分。ネット記事ではもっといろいろと話ししていいたようですから、会場にいたお客さんが一番羨ましい!!


ゲイ役というなかなか難しい役どころで、とびきりセクシーかつ繊細な演技を見せた妻夫木君。私には文句なしの一番、比類なき演技でした。だからこそ半年間ずっと脳裏から離れず、今なおいろんな映画で妻夫木君の優馬の面影を探っているくらいですもの。彼が新しい映画で新しい役を演じていても、優馬を通過しないと本当のところはまだ終わってくれない、そんな感じなんです。


だから4/12のDVD発売をすごくすごく楽しみに待っておりました。その間、剛君は、どんどん変化していってるので、直人に拘るわけではないのですが、やっぱり妻夫木君と揃うと、一気に直人が甦り、可愛い”ネコ”な表情になってしまって、もうなんてラブリーなの!と悶えてました。いろいろと話題を振りまきつつも無冠の『怒り』でしたが、私の中では絶対に忘れられない一作になるでしょう。


李監督にはまた数年後、悶絶するような映画を撮っていただきたい、ですね。


mdpr.jp
mdpr.jp



映画「怒り」 まとめリンク集(妻夫木聡&綾野剛中心) - 雅・処


怒り Blu-ray 豪華版

怒り Blu-ray 豪華版

怒り絶賛予約中(笑)

綾野剛がキテます!

とてつもない露出度に驚嘆、ノッてる俳優の怒涛の活躍

綾野剛君に注目し始めて、約半年。自称”ゆるーいファン”を目指して続けてます。「怒り」の直人役で注目をしてから、極力お金を使わずに(笑)、過去作品を漁ってます。幸いWOWOWやネット配信のおかげで、15作くらい一気に見れたし、来月も「ピースオブケイク」「ガッチャマン」とか見られる予定。


現在仕事が忙しいため、なかなか時間が取れず、購入した「情熱大陸」のDVDとか寝かせているものもありますし、「新宿スワンⅡ」の番宣でのTV出演ラッシュがすごいので、録画を見返すのに精一杯。どれだけ力を入れてるのか、と唖然とするくらいの出演量に、過去ファンになった俳優との対比でビックリ&感心しまくりです。なかでも金曜夜のダウンタウン坂上忍さんのお酒番組出演は良かったですね。


いつも黒系のいかつい服で武装していることが多い剛君が、ほろ酔いのニコニコスマイル振りまきながら、ラフな黒セーターでイケメンぶりを倍加させていました。正直、「ヤバい、これ以上、ハマりたくないんだが」(笑)、と危機感を覚えるほどに、フェロモン全開で、羨ましいほどのコミュニケーション能力の高さに脱帽。さらには「結婚願望(というか父親願望)」に、内心、年甲斐もなくかき乱されておりました。


先日、「ジェネラルルージュの凱旋」の堺雅人氏の若かりし頃(この映画から彼のファンにななりました)の姿を見て、改めて確認してみると、なんと当時36歳だった、という事実が判明。先日35歳になったばかりの剛君を思うと、やっぱり「アラウンド35」は、ど真ん中なんだ~、と実感しました。役者として、風格や落ち着きが出てくる頃だし、円熟感もあるからなのかもしれませんね。


私的に、すぐに結婚されちゃうとテンションダウンしちゃうので、「あと数年耐えてくれ、頼む!綾野。せっかく上り調子なんだからさ、ね?」(笑)という身勝手な感じです。更にもっともっと緩く妻夫木君の作品も見てますが、やっぱり作品の質がどうにもこうにも・・・汗。あの青春スター時代のキラメキは、どこに消えたの!妻夫木よ~。とはいえ、彼の安定感はさすが、です。どの映画でも、弾けて場を壊すことがないですし。


先週は、綾野君の「新宿スワンⅡ」を映画館で鑑賞。内容的にとっ散らかった作品でしたが、パワフルだし、龍彦はチャーミングで、出演する役者達の個性も豊かで楽しめました。金子ノブアキ君とか久しぶりに見たのですが、すごい変貌ぶりにビックリしましたし、前作の「新宿スワン」をテレビで見たときは、伊勢谷友介さんの先輩ホスト役も凄みがあって感心しきりでした。


なかなかこういうバイオレンス系映画を映画館で観ることはないので、かなり新鮮な体験でした。剛君のおかげで、今まで絶対見ないような作品を見られて世界が広がり、感謝しちゃう感じです。しかも、今まで目に入らなかった中堅やベテラン勢の俳優の意外な魅力にも触れられてなんかお得な感じもします。


剛君に関しては、アナーキーで個性的な反面、私生活に問題ありの”スキャンダル俳優”の印象がすごくあったのですが、一変させたのは、映画「怒り」でした。弁舌巧み(むしろやや過剰なくらい饒舌)に役作りを語っている姿があまりにも真剣で知的。世間の風評(?)とかけ離れていてすごく興味が沸いてきて・・・。


堺さんファンを脱した後の虚脱感を埋めてくれて本当にありがとう、な感じですけど、それだけにあまり深みに陥らないようバランスをとらないと大変です。それだけ今の”飛ぶ鳥を落とす勢い”の綾野剛の破壊力はすさまじい、のです。全身から醸しでる色気も半端ないですし、己のすべてをかけて全身全霊で”役者を全うしている”ところもまた好きにならざるを得ないから。


やっぱり35歳前後って、役者として一番勝ち負けが決まりやすい怖い年齢なんだな、と思ったりします。30歳間近なイケメン俳優達も、パイの奪い合いで生き残りに必死だという感じもあるし、スターダムに上がっていい気になっていると、振り返ったら何もなかった、みたいなことも出てきたりして。そういう”堕ちた役者達”を間近でいっぱい見てきてるのが、剛君の語りの要所要所に感じます。「共演女優と恋愛関係にならないように自制しないと死活問題」とクールな発言すると頭いい子だな、とますます注目しちゃうし。


結婚して子持ち俳優として、のどかにキャリアを積み上げている役者もおりますが、やっぱり私は幸せな役者って駄目、なんですよね。別なカテゴリーとして素敵だな、魅力的だな、と思うことはあるけれど、やっぱりファンの眼で”憧れの存在”として、ちょっと夢を見られないし惚れない。もっと言うと、そういう役者にお金を使う気にはなれないなあ。


更には、結婚してますます輝く役者ってのがほんの一握りしかいない、というのも現実で(その途端に役が他の未婚の人気男優にいく、魅力的な作品への抜擢が減ってくる、という残酷な要因もありますけど)。適齢期の結婚したがりの剛君、もうしばらく夢を見させて下さいな、というささやかだけど、大きなお世話、の我がままファン1年生です。


購入したもののまだ特典インタビューをかじった程度です。しかし、ちょっと忙しさにカリカリして密着取材はご機嫌斜め?と思わなくもない厳しい表情が多いですね。昨今のやたらと愛想の良い笑顔満面とは違うとげとげしさがあって、若いな、と思わなくもない。


miyabi2013.hatenablog.com


f:id:sugiee:20170205123041j:plain
なぜか「DoCoMo綾野祭り」と化した、仙台駅踊り場です。