雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

スタジオライフ「アンナ・カレーニナ」観劇記

愛しすぎた末の愛憎劇 6月最初の週末に、東京で劇団スタジオライフの「アンナ・カレーニナ」を見てきました。この時、ドはまりしていた「おっさんずラブ」の最終回オンエアと重なり、半分以上、心こにあらず、の状態。帰ってきてからもOLの余韻にどっぷりで…

おっさんずラブ 最終回を終わって・・・つれづれ雑感

「おっさんずラブ」ロス 絶賛リハビリ中! とうとう「おっさんずラブ」が終わってしまいました・・・。最終回は東京遠征中だったため、ホテルの小さなテレビで鑑賞。ネットニュースを追いかけましていましたが、とても追いつけないほどの勢いでしたし、終わって…

おっさんずラブ まとめ記事(5)

ずっとたまりにたまっていた、ネット記事を放出。最終回直後のトレンド分析記事が多いです。(過去記事が増えてしまったので、新たにカテゴリーも増やしました。) ドラマが話題になってからですが、結構スポーツ新聞とかおっさん系週刊誌にもおっさんずラブ…

おっさんずラブ まとめ記事(4)

最終回へまっしぐら! 「おっさんずラブ」も終盤戦。6話終了後から、すでに想いはグラングランと入り乱れてとても正常ではいられません。情報も大量なので、追っかけているだけで大変。もう少し落ち着いたら感想などを書けるかも。 今は自分のブログよりも、…

おっさんずラブ まとめ記事(3)

インタビュー記事まとめ 出演者のインタビューが沢山放出されてきたので、改めてまとめ記事にしました。thetv.jp www.tvlife.jp ananweb.jp www.jprime.jp thetv.jp mdpr.jp mdpr.jp 【ドラマ開始直前】 thetv.jp thetv.jp 5話完了後、放心状態 とうとう佳…

おっさんずラブ まとめ記事(2)

まとめ記事(コラム系)第二弾 ドラマ担当記者が連載をしている芸能ネタ満載の「サイゾー」のサイトでもやっとこ「おっさんずラブ」が取り上げられていたので、貼付けておきます。インスタやSNSがダントツに多い「おっさんずラブ」の影響を記事にしていると…

おっさんずラブ まとめ記事ページ(1)

愛が止まらない~ TVドラマ「おっさんずラブ」中毒者と化している現在、幸せな病人(笑)となっています。そんな状態なので、まとめ記事ページ作りました。こちらにどんどん更新していこうと思います。やらないつもりだったインスタも「武蔵の部屋」見たさ…

「おっさんずラブ」の破壊力にやられている日々

笑撃的なストーリー展開とキャスト総合力が圧巻!! 昨夜、第2話を見終わったテレビ朝日の深夜ドラマ「おっさんずラブ」。初回が爆笑バージョンと言うならば、2話は切ない愛のドラマでぐらんぐらんと心を揺すぶってきてます。まさかここまでの完成度とは・・…

映画「娼年」 感想

地下鉄が止まった日に鑑賞 年明けからずっと忙しく、気力体力共に減退していたので、松坂桃李主演映画である「娼年」も興味はあるものの、見に行くのが億劫になっていました。 そんな折の18日、地元の地下鉄がストップしてしまうというまさかの事件が勃発。…

ブルーレイレコーダー買い替え

その日は突然やってきた 昨日、ブルーレイレコーダーが壊れました。出張続きで家にほとんどいない昨今で、撮りだめしていたTV番組を見ようと思ったら、パネルの表記が変わらずに「こいつはマズイ」と、汗。何度かコンセントを抜き差ししていたのですが、最後…

男子フィギュアスケート快挙!羽生結弦&宇野昌磨ワンツーフィニッシュ

久しぶりに緊張した試合 平昌オリンピック開催前から1番の話題&期待を集めていた男子フィギュアスケートフリーの試合を見ました。自分的には、昔ほどフィギュアスケートの試合を見ることも少なくなっていて、今は世界選手権や五輪の決勝などで羽生結弦選手…

新年明けましておめでとうございます

2018年も年明けからあっという間に2日が過ぎてしまいました。今年は例年にも増して無気力状態の寝正月で、ボーっとテレビを見たりダラダラしています。恒例行事の初売りも短期決戦で、予定通りの買い初めであまり興奮もなく終わってしまいました。 昨年末に…

年賀状やめたい、やめます

止めたい年賀状に葛藤・・・ 今年もあと2日ほど。休暇に入り、また悩ましいのが年賀状作成です。やらなきゃ、やらなきゃ、という義務感に疲労しながら、全然やる気がせずまたもや年末に。毎年こんな調子で、いい加減悩ましいこの状態にウンザリしています。 今…

「コウノドリ」を見終わって

ドラマ「コウノドリ」最終回 昨夜、ドラマ「コウノドリ パート2」が無事終了。最終回の視聴率を上げようと、番組電波ジャックもあったようですが、さすがに綾野剛君を追っかけるのも息切れ状態で、ドラマ本編のみ鑑賞。まだ2話分ほど録画したままなので、…

スタジオライフ 映像作品(4)

映像作品の一覧 いまだブログの引越しを手動でコツコツやっているのですが、少し編集や手直しも入れています。こちらは、「映像作品(3)」の記事につけていたリストなのですが、改めて更新して別にまとめました。今後も作品が出るたびに更新していこうと思…

KayaちゃんTV出演など

バナナマンとKayaちゃんの共演に驚愕 NHK「バナナゼロミュージック」という番組にしばらく前から出演していたKayaちゃん。長年のファンとしては、見たいような見たくないような複雑な気分で見てました。替え歌料理クイズでビデオ出演したのは、過去に恐らく…

'17年秋ドラマ 意外と面白い

「コウノドリ」と密かなるジレンマ 連続ドラマを視聴することがとても苦手になっている昨今ですが、今季は週末にかけてのドラマを結構見ています。まずは、綾野剛君の「コウノドリ シーズン2」。あまり病院モノは好きではないですし、シーズン1は全話一気…

スタジオライフ『はみだしっ子』観劇記

久しぶりに原点に帰った作品 先週、無事公演終了となった『はみだしっ子』ですが、すっかり感想をアップするのが遅れました。かなり久々に3日間で4公演も見てしまったところ、その疲れがずっと尾を引いてしまい、なかなか落ち着いて振り返れなかったのです…

話題の劇場映画 連続鑑賞

本当にたまたまですが、ようやく涼しい秋にドラマ系の日本映画が続いたので、立て続けに見てきました。今まで映画館がやや家から離れているため、週末にしか行かなかったのですが、近くにシネコンが出来たこともあり、少し敷居が低くなったこともありますし…

今こそ、不完全で野心的な面白い日本映画が見たい!

アニメと漫画実写と女子高生ばかりの日本映画、一体なんだ、この体たらくは! まあ、タイトルからしてかなり喧嘩越しなのですが、去年くらいからまた邦画を楽しんできて、ちょっと盛り上がってきたのに、劇場で興味をそそられる面白い映画が全然ない、という…

ハードボイルドBLの誕生「ダブルミンツ」

先週、シネリーブル池袋(ルミネ8階)で映画「ダブルミンツ」を鑑賞してきました。池袋メトロポリタンがルミネに代わって、映画館の場所もよく分からず、朝の唯一の上映に間に合うか、ハラハラしました。ルミネはまだ開店ではなかったのですが、なんとか中央…

スタジオライフ 『THE SMALL POPPIES』観劇記

今回はそれなりに面白かったです。 昨年、いや数年前からスタジオライフの芝居にどうにも盛り上がれない自分を騙せなくなってきておりました。出会った当初は、あれほどまでに血が沸き上がるような喜びや興奮を感じていたのに、あれは今思えば「幻か、蜃気楼…

青春系BL映画「ひだまりが聴こえる」

設定は重いけど、爽やかな青春映画 初夏の東京遠征で、お目当ての観劇よりも楽しみにしていたのは、BL映画鑑賞でした(笑)。それも『ひだりまりが聴こえる』&『ダブルミンツ』という対照的な2本!この時期に、池袋の映画館で、同時に見られてとても満足で…

今年1番の期待の映画「武曲」 堕落しきった綾野剛の破滅的な美しさ!

ずっと待っていた作品は、間違いなく綾野剛の代表作になるでしょう 昨年の『怒り』公開時にあちこちで目にしていた綾野剛君のむさい長髪と髭面。その時から、ずっとずっと見たいと期待していた『武曲』の初日公開を地元の映画館で見てきました。今のストレー…

結構、綾野尽くしの日々

岩井俊二作「リップヴァンウィンクルの花嫁」 週末は、WOWOWで放送された「リップヴァンウィンクルの花嫁」を見て、とても岩井俊二な(笑)気分に浸っておりました。まあ、岩井さんがもてはやされた時代を知ってる、というだけで岩井ストでもなんでもなく(…

映画『御法度』の忘れられないエピソード

映画を取り巻く沢山の思い出 1999年公開の大島渚監督作『御法度』、この映画について書くにはあまりに思い出が多すぎて、なかなか触れることができないなあ・・・と思っていたのですが、先日、久しぶりに映画を見返したので、この機会に書いてみよう、と思いま…

GWに綾野剛「フランケンシュタインの恋」2話までの感想

すっかりブログの更新をサボり続けており、いつの間に季節は春真っ盛り、となりました。久しぶりのスローライフな生活を満喫しております。溜まりに溜まった綾野剛バラエティー出演作や過去作品を見続けたり、なかなか小さな幸せ感に浸っています。 それにし…

映画「怒り」3/30韓国公開

相変わらずセンスの良い韓国版ポスターと予告 韓国映画や韓国自体に特別な思い入れがあるわけではないのですが、韓国サイトをネットサーフィンしていると、映画に対する思いの熱さが日本人以上だな、と思うことが多々あります。”映画王国”としての拘り、が垣…

映画感想「彼らが本気で編むときは、」と「ブエノスアイレス」

「彼らが本気で編むときは、」優しいファンタジーと少しの毒と 先週公開の荻上直子監督作『彼らが本気で編むときは、』を見てきました。BL系やLGBT映画を特に興味深く見ている私にとって、半年くらい前から公開を待っていた作品でした。荻上監督作は、『かも…

日本アカデミー賞最優秀助演男優賞 妻夫木聡おめでとう!

それにしても作品賞が残念無念・・・(涙) 例年、「どうでもいい」感満載だった日本アカデミー賞の発表で、こんなにドキドキしたのは初めてでした。それもこれも映画『怒り』のため。そして、妻夫木×綾野のラブラブカップル見たさゆえ。もちろん、そんなよこし…