読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

ミュージシャン

金子恭平 再始動!

久しぶりにYoutubeでEMALFを見ていたら、野口征吾と金子恭平の文字に目が留まり、「スマイルカレッジ」という二人のユニット名とライブ映像を見ることができました。全然知らなかった、今年から活動していたなんて・・・。まさか、恭平君が過去にいろいろあった…

2015紅白歌合戦

とうとう大晦日の夜 今年も、あと数時間で終わり。「紅白歌合戦」を流しながら、ネットサーフィンをしていました。あっという間に3時間以上経っていたんですね。X JAPANだけは、さすがに集中して見てしまいました。私がX JAPANに初めて出会って、衝撃を受け…

マツコ・デラックスとヨシリン(岩崎良美)

昨夜、いつものようにマツコ・デラックスの出演する「アウト×デラックス」を視聴し始めたところ、なんと岩崎良美ちゃんが出演しておりました。昨年来から、マツコのプチファンの私としては、「月曜から夜ふかし」「マツコ有吉の怒り新党」など、結構な頻度で…

音楽業界 東日本大震災被災者への応援歌

東日本大震災が起こってから、一番動きが早かったのは、「寄付」という文化が日本より盛んな香港、台湾、韓国だったように思います。日本で稼ぎまくってる(笑)韓流スター達は、即座に大金を寄付して話題になりましたし、台湾からの高額な義捐金には度肝を…

スーザン・ボイルのデビューアルバム

紅白歌合戦がきっかけではありませんが(笑)、”時の人”スーザン・ボイルのCDを購入してしまいました。「夢やぶれて(I Dreamed a Dream)」は、やっぱり感動的ですが、何よりも日本の感動名曲「翼をください(Wings To Fly)」のボーナス・トラックが決め…

今なお、百恵伝説健在

本当は、ちょっと前から「書きたいな」と思っていたネタがあったのですが、思わぬビックリニュースがあり、急遽変更しました。(次回、書きます)ここのところ、長男三浦祐太朗君の歌手デビューに続き、次男貴大君まで役者デビューが決まった、伝説の歌手・…

酒井法子 清純派イメージに追い詰められた?アイドル

この1週間、芸能界の大事件が立て続けに続きました。俳優押尾学容疑者の逮捕に続き、のりぴーこと酒井法子容疑者の失踪&逮捕、そして2大事件に隠れるようにして大女優大原麗子さんの死の報道。 中でものりぴーの逃亡劇は、映画を上回るほどのサスペンスの…

マイケル・ジャクソン キング・オブ・ポップの死

今年は大物の死が続いています。国内の忌野清志朗さん、栗本薫さん、でも驚きましたが、超ド級の大物、マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)までもが急逝。人生80年という昨今に早すぎて残念なことです。 丁度、東京へ遊びに行ってた日だったので、あまり…

ずっと忘れずにいた幸せポップス マンマ・マリア

「そうだ、あの曲を捜してみよう!」と、ふと通勤途中に思い出したのが、学生時代の昔に聴いてずっと気になっていた曲。サビは軽快な「マンマンマー、マンママリア、マー♪」と繰り返され、いつの間にやら強烈にインプットされてしまえど、あれ以来、ちっとも…

一世風靡SEPIAの思い出(2)

一世風靡SEPIAは、デビューシングル大ヒットの後も着実な活動を重ねていって、毎年のように全国公演も行われていました。地元の県民会館でも2,3回は公演を見に行っています。*1 ロックコンサートとは違いましたが、それでも女性ファンの黄色い声や客席か…

一世風靡SEPIAの思い出(1)

何度か書きたいなあ、と思っていながらも、なんとなく躊躇していたのが一世風靡と哀川翔氏のこと。たまたま彼が、先日の『オーラの泉』に出演したことをきっかけにして、これを機会に!と思い立ちました。 彼については、「Vシネマの帝王」だとか「アニキ」…

息抜きに・・・

いよいよ、仕事で追い詰められモードになってきました。人より倍は時間が必要な私は、忙しくなると頭がヒートしちゃって思考回路が混乱状態となります。”アップアップ症候群”とでもいいましょうか・・・。そんな調子なので、かすかに気になっていることだけ列挙…

泣く=癒やされたい時代か 泣ける歌

最近、テレビで『誰も知らない泣ける歌』という番組が放送されています。私も先日見てみたのですが、数曲紹介する合間にスタジオにゲストを呼んで合間にいろいろと感想を聞く、という(よく見かける形式の)番組で、なかなか飽きないで見ることができました…

百恵&友和2世デビュー

28日のエンタメニュースにびっくりなニュースが出ていました。あの山口百恵さんと三浦友和さんの長男、祐太朗くんのまさかの芸能界デビューの報。 俳優の三浦友和(56)と元歌手、女優で妻の山口百恵さん(49)の長男・祐太朗(24)が4人組ロックバン…

『風林火山』 GACKT 悶絶死しそうになる美しさ

偶然、虎ネタが続きました(笑)。 すでにドラマ『風林火山』も佳境に入り、熾烈な川中島の合戦が放映されていますが、美しい(長尾景虎、改め)上杉政虎姿のGACKTに会えるのもあと1回を残すのみとなりました。非常に惜しいです。 役者としてどうの、という…

美貌の女性指揮者 西本智実

それにしても歯が痛い・・・という日々*1で、いつもより元気も集中力も減退気味の日々です。ぼんやりとテレビを見ていると、派手な車のCMでカッコ良く指揮棒を振る女性指揮者の姿・・・に目を奪われます。 そう、彼女こそは言わずと知れた超人気指揮者の西本智実…

のだめカンタービレの世界を満喫

先程、『のだめカンタービレコンサート』から帰ってきました。わが町でのコンサートは初めてだったそうですが、いろいろ話題になったアノ「のだめカンタービレ」コンサートが、今も尚続いていることにまず驚きました。 そして、巨匠が出演するわけではないク…

美しい男達は好きですか?

その昔、職場の先輩や友人達に「アナタは、理想が高すぎるんじゃない?」などとよくある台詞を吐かれたことがあります。顔の好み限定で、ってことなんですが、これにはひたすら「いや、それはないです!美男は観賞用ですから。目の保養、目の保養。」と言い…

岩崎宏美、待望のアルバム復刻に寄せて

歳をとることは悲しいし、良い事なんてそうそうないさ・・・そんなことをついつい思ってしまう昨今ですが、「長生きして(?)良かった」という出会いもあります。 素敵な友達や憧れのアーティストとの新たな出会いはもちろんですが、かつて愛聴していた麗しい…

「ちびっ子歌合戦常連者」から演歌の新星に!北山たけし

昨年の『紅白歌合戦』を見てるうちに、「そうそう、この人を確認しなくちゃ」と思い出した男性歌手がおりました。その名は、北山たけしさん。2年前の紅白を見た時に「あれ、この人どこかで見たことがある!」と思って気になっていました。紅白以外のTV番…

有名人の知り合いを持つことのヘヴィさ

長くも短くも無い人生の中で、偶然知り合った人達の中にいわゆる「有名人(もしくはその家族)と知り合い」という人が居ました。この場合の有名人とは、漠然と「世間で知られた芸能人」という意味ではなく、私自身がその本人もしくはグループのファンである…

衝撃を受けた映画『愛のイエントル』 バーブラ・ストライザンド

最近、ふっと思い出した映画があります。バーブラ・ストライザンド(BARBRA STREISAND)主演*1の『愛のイエントル』('83米)という作品です。この映画、DVD化を待ち続けてる私の「B級リスト群」*2の一作でもあります。 しかし、私が熱愛する作品は、やはり…

定番・桜ソング

この季節、毎年さくらソングが発売されておりますが、あまりヒットチャートに興味のなくなった今も森山直太朗君の「さくら」はすぐに口ずさんでしまいます。実は演劇もやっていただけあって、彼の歌には説得力があり、しかも無用な英語などを極力使わない(…

ハイトーンボイスに惚れまくり、わが青春のアイドル!岩崎良美

少年好きの私も学生時代は普通に歌謡曲やポップスを愛聴しておりました。しかも、実は女性歌手がかなり好みで、巷で流行ってる芸能人にも次々ハマっていきました。 とはいえ、そこでもプチマイナー好きな私、'80年代に巻き起こった空前のアイドルブームのさ…

魔性の元祖・美少年、美輪明宏さま

美輪明宏さんについては、洒落でもなく普通に「美輪様」と呼んでしまいます。それほどまでに崇拝しているのか、というとなかなか怪しいものですが、なんだかそう呼ばせてしまうカリスマ性がこのお方にはあります。私が物心つく前から芸能界にはいらしたと思…

落ちこぼれから伝説になったロックミュージシャン、尾崎豊

世の中が軽チャー全盛だった'80年代中盤、「パチ・パチ」という音楽雑誌が創刊されました。ロックミュージシャンやシンガーソングライターの若手を扱ったこの雑誌で、米米CLUB、渡辺美里、ストリートスライダース、BOWY等沢山のミュージシャンの名前…