雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

俳優

映画感想「彼らが本気で編むときは、」と「ブエノスアイレス」

「彼らが本気で編むときは、」優しいファンタジーと少しの毒と 先週公開の荻上直子監督作『彼らが本気で編むときは、』を見てきました。BL系やLGBT映画を特に興味深く見ている私にとって、半年くらい前から公開を待っていた作品でした。荻上監督作は、『かも…

綾野剛がキテます!

とてつもない露出度に驚嘆、ノッてる俳優の怒涛の活躍 綾野剛君に注目し始めて、約半年。自称”ゆるーいファン”を目指して続けてます。「怒り」の直人役で注目をしてから、極力お金を使わずに(笑)、過去作品を漁ってます。幸いWOWOWやネット配信のおか…

2016年BL的演劇 感想

『ゴーゴーボーイズゴーゴーヘブン』阿部サダヲ&岡田将生 昨夜、WOWOWで放送された『ゴーゴーボーイズゴーゴーヘブン』。生で観ることはできなかったのですが、最近やけに資金力の高さを感じさせる(笑)WOWOWがやってくれました!まあ、メジャー系役者も出…

成宮ショックに襲われる日々

まさか引退とは!芸能人の真の孤独に愕然 一昨日発表された成宮寛貴君の芸能界引退の報にかなり衝撃を受けています。もっとも、彼のファンだったことはない自分がここまでショックを受けるとは、思いもしませんでした。それでも、私の中で彼が長らく”気にな…

廣瀬智紀主演 『WORLD ~beyond the destiny~』を観てきました

大好きな俳優2人の競演にときめく GWのスタートである4月29日(金)に、念願叶って、「WORLD ~beyond the destiny~」という芝居を観てきました。『セブンデイズ』の廣瀬智紀君、『どうしても触れたくない』の谷口賢志さんと、BL映画をきっかけにファン…

芸能人の恋愛結婚について くだらないつぶやき

リュ・シウォンのでき婚報道を聞いて。別に彼のファンでも何でもないけれど*1、オオッ!とうとう来たか、と思いました。10歳年下の一般人女性で彼の「理想」に合った彼女らしい。今年の初めから付き合っていたそうですが、相手が同年代の女性だとか、付き合…

パク・ヨンハ自殺の衝撃 ~なぜ続く、韓国スターの自殺~

昨夜のサッカーW杯敗退よりはるかに衝撃を受けたのは、今日報道されたパク・ヨンハの自殺でした。ネットニュースの「自殺」の短い見出しに驚きのあまり、声を上げてしまったほど。『冬のソナタ』の爆発的ヒットで韓流スターでは破格の知名度を持っていたと…

息抜きに・・・

いよいよ、仕事で追い詰められモードになってきました。人より倍は時間が必要な私は、忙しくなると頭がヒートしちゃって思考回路が混乱状態となります。”アップアップ症候群”とでもいいましょうか・・・。そんな調子なので、かすかに気になっていることだけ列挙…

玉木宏訪韓(2)玉木君の発言にドキリとする現地記者

韓国での記者会見+ファンミーティングのルポ記事をチラホラ読んでいて、ちょっと気付いたことがあったので、雑感として書いてみます。玉木君自体は、終始とても穏やかな笑顔を浮かべていて、記者会見もつつがなく和やかに進んだようですが、一部マスコミに…

玉木宏訪韓(1)

いやな予感がする・・・。認めたくない事実なのですが、やはり認めざるをえないかも。どうも『のだめカンタービレ』のDVD−BOXを買って以来、加速度的に玉木宏君にハマってきてるようなのです。これは大変マズイ傾向です。 もちろん、いまだ玉木君個人より…

美しい男達は好きですか?

その昔、職場の先輩や友人達に「アナタは、理想が高すぎるんじゃない?」などとよくある台詞を吐かれたことがあります。顔の好み限定で、ってことなんですが、これにはひたすら「いや、それはないです!美男は観賞用ですから。目の保養、目の保養。」と言い…

オタクは海を越える!(2) 世界を廻った1本のビデオテープ

メーリングリストにもだいぶ慣れてきた頃、一つのアイデアが浮かびました。俳優としては、決して出演作が多いワケではなかったTさんの素顔については、海外ファンにとっては伺い知る手段がかなり限定されていたと思います。自分が見た時の役のイメージを大…

オタクは海を越える!(1) 海外版・俳優メーリングリストに参加して

なんだか勢いで書きたくなってしまったので(笑)、過去にあった面白体験を書いてみようと思います。タイトルを見ると、アニメ系とかアキバ系のことか、と思われるかもしれませんが、全然違うのでそちらを望まれる方はスルーしちゃって下さい。 今から10年近…

オレ様がイカシテる!「のだめカンタービレ」の玉木宏

日本人俳優で今、ちょっと気になってきてるのが玉木宏君。『のだめカンタービレ』で久々に月9ドラマを見ているのですが、天才音楽家”千秋サマ”があまりにもお似合いで、その”オレ様ぶり”にシビれてしまってます。玉木君が映画『ウォーターボーイズ』にカー…

竹野内豊(2) 「ビーチボーイズ」ロケ見物

前回に引き続き、竹野内君の思い出を。 私が「竹ちゃんに会いたい病」をつのらせていた'97夏。その思いを実現させる時がやってきました。それはドラマ『ビーチボーイズ』のロケ地見物という体験です。 ドラマの話題が盛り上がりつつある頃から、舞台となるダ…

竹野内豊(1) 日本一、会うのが難しい俳優?

ここから昔話です、あしからず。 節操のない(・・・自分で言ってしまいますが)私が、竹野内君の文字通り盲目的大ファンだったのは、'96年から約3年間のこと。世に反町・竹野内ブームが訪れた1年前でした。『星の金貨』の再放送→『続・星の金貨』+『ロング…

演劇界の若きプリンス? 藤原竜也

今や有名すぎる若手俳優の藤原竜也君を初めて見たのは、『身毒丸』を15歳で演じた初演の舞台でした。 涼しい瞳をした非常に幼顔の少年で、一目見ただけで「これは見逃せない!」と思ったものです。あまり演劇など見てない頃でしたから、蜷川氏演出のこの『…