雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

劇団スタジオライフ

ことのはドリップ8 in 仙台(備忘録)

一番のハプニング 曽世さん危機一髪! 劇団スタジオライフのスター役者曽世海司さんのトークライブに行ってきました。地元での開催は今のところ、全通記録更新中ですが、楽しいお喋りやカフェ漫才に満足してあまり感想を書いたりはしてませんでした。 ブログ…

スタジオライフ「アンナ・カレーニナ」観劇記

愛しすぎた末の愛憎劇 6月最初の週末に、東京で劇団スタジオライフの「アンナ・カレーニナ」を見てきました。この時、ドはまりしていた「おっさんずラブ」の最終回オンエアと重なり、半分以上、心こにあらず、の状態。帰ってきてからもOLの余韻にどっぷりで…

スタジオライフ 映像作品(4)

映像作品の一覧 いまだブログの引越しを手動でコツコツやっているのですが、少し編集や手直しも入れています。こちらは、「映像作品(3)」の記事につけていたリストなのですが、改めて更新して別にまとめました。今後も作品が出るたびに更新していこうと思…

スタジオライフ『はみだしっ子』観劇記

久しぶりに原点に帰った作品 先週、無事公演終了となった『はみだしっ子』ですが、すっかり感想をアップするのが遅れました。かなり久々に3日間で4公演も見てしまったところ、その疲れがずっと尾を引いてしまい、なかなか落ち着いて振り返れなかったのです…

スタジオライフ 『THE SMALL POPPIES』観劇記

今回はそれなりに面白かったです。 昨年、いや数年前からスタジオライフの芝居にどうにも盛り上がれない自分を騙せなくなってきておりました。出会った当初は、あれほどまでに血が沸き上がるような喜びや興奮を感じていたのに、あれは今思えば「幻か、蜃気楼…

’16スタジオライフ『DAISY PULLS IT OFF』観劇記

なんと!9年ぶりの再演 今年は、久しぶりに仕事が忙しく疲弊しまくりの毎日です。その中での久しぶりのスタジオライフ観劇で十分満足してしまい、ブログに更新するのがいつものごとく遅れてしまいました。正直、今もあまり気持ち的にノッてる~、という感じ…

スタジオライフ 「Suka-suka aja de!」観劇記

7/23 真夏の若手公演Bチーム夏のこのうっとうしい暑さのせいか、ブログを書く気が全然おきず、かなり間が空いてしまいました(汗)。先月、スタジオライフの夏公演を観劇してきました。本来は、復興バスツアーを先に書きたかったのですが、それは次回へ。 …

曽世海司トークライブ 「ことのはドリップ6」 in SENDAI

楽しくて不思議な2日間 去る7月2日、4月に続き、(仙台で開催されたのが)4回目となる曽世海司トークライブに参加しました。毎回参加しているので、会場となる仙台珈琲店にも慣れました。今回は、翌日に復興バスツアーが予定されていたので、いつもより関…

スタジオライフ 『トーマの心臓』2016 観劇記

「トーマの心臓」公演20周年 不思議なアニバーサリーキャスト 3月5日と6日に東京遠征を行い、『トーマ』『訪問者』『湖畔にて』3作品を一気に見てきました。勢いのまま、感想も書ければ良かったのですが、なんだかはっきりしない気持ちでだいぶ日にちが過ぎ…

ト或る役者のつぶやきに思うこと

新年あけましておめでとうございます!今年も、不定期、気まぐれに書きまくっていきますが、どうぞよろしくお願いします。 役者とファンサービス 劇団を離れ、ソロ活動をしている「ト或る役者」さんの動向をずっと追い続けております。とはいっても、簡単に…

スタジオライフ『ファントム』2015 観劇記

名作の力はすごいけれど・・・ 劇団スタジオライフ30周年記念のクライマックス、ということで、スーザン・ケイ原作の『ファントム』が連鎖公演されています。(明日が千秋楽ですね。)私は、2週間ほど前に観劇を済ませておりましたが、実生活でかなり滅入る出来…

第1回復興バスツアー(曽世&笠原)

ただただおもてなしに感服 7月3日に開催された曽世さんと笠原さんの東日本大震災復興バスツアー、1ヶ月以上も前のこともあり、今更な気がすごくするのですが、備忘録として簡単に書いておこうかと。今回のツアー終了後、あまりに充実感に満たされてしまって…

スタジオライフ 『アドルフに告ぐ』観劇記

この時代に見ると「怖い」作品 猛暑の中、劇団スタジオライフの再演『アドルフに告ぐ』(日本編YJチームの東京千秋楽)を見てきました。当初は、全く見るつもりがなかったのですが、またちょっと上京する機会があり、そのついでで観劇。 この芝居、初演の…

1人の役者 ノスタルジックな回顧録(4)

そして、これまでと今から・・・ ソロ活動 長いけれどあっという間でもあった、劇団スタジオライフ時代。それから、林さんが事実上の休団状態となってから約2年間。ソロ活動をメインに、今までできなかったことにもいろいろとチャレンジされていたようです。一…

1人の役者 ノスタルジックな回顧録(3)

長い間、東京に住んでスタジオライフを見続けていましたが、私自身にも大きな転機があり、地元にUターンしたことで観劇に制限が出てきたのがこの頃です。ひどい時には10回近くリピートしまくっていたのが、土日をかけてダブルキャストを1回ずつ見る、ごく…

1人の役者 ノスタルジックな回顧録(2)

前回に引き続きまして回顧録を進めます。思えばこの頃って、まだブログ開設のはるか前でした。巷でも、ブログサービスがまだ一般的になる前で、ファンサイトで掲示板BBSに投稿するなどちまちまやりとりをしていた頃なんですね。なんとか古い記憶を辿って…

1人の役者 ノスタルジックな回顧録(1)

劇団スタジオライフに関連して、役者についていろいろと書くことはありましたが*1、そういえば役者本人についてガッツリ書く事ってあまりなかったなあ、と思いました。 退団を機に、というのはなんとも皮肉ではありますが、逆に一つの分岐点として過去を遡り…

スタジオライフ『夏の夜の夢』2015 観劇記

ウエストエンド版「夏夢」 先週末の観劇ではありましたが、まだ芝居は中日を過ぎたところ、3週間もの上演期間は結構長いですね。狭いウエストエンドに高ーいひな壇型座席を設置して、舞台のみならず客席降りのための階段や脇まで有効利用しての実験型・夏夢…

虚脱感に襲われて・・・

衝撃の退団発表が続く 先週末、スタジオライフのウエストエンド版「夏の夜の夢」を見に行っておりましたが、その直前に衝撃的なニュースが入ってきて、なかなかブログをアップする気にならずにおりました。それは、Jr.1の林勇輔さんとJr.9の神野明人君の退団…

’14年末イベント「29年最後の日 with you」レポ(3)

パート2まで書いてるうちに、「このペースじゃ、とても終わらない!」と諦めたので、後半は端折って一気にいきます。記憶も減退していきますし、面白かったエピソードに力点を置いて。 Jr.3~Jr.8まで 長い間、劇団の芝居では、個性的な顔ぶれが多く、一線…

’14年末イベント「29年最後の日 with you」レポ(2)

入団順に繋がる役者エピソード ここからは、劇団員達を入団時期に分けて、新人の頃のエピソードや倉田さんの印象などを中心に進んでいきました。相変わらず出るわ、出るわ、の毒舌炸裂!(笑)。中には集中砲火をくらって茫然としたり、「もういや」と嘆き節、…

’14年末イベント「29年最後の日 with you」レポ(1)

倉田淳さん、激動の劇団ヒストリーと劇団員を語る 昨年末のイベントのレポがあまりのボリュームのために、「どうまとめたらいいのやら・・・。」と思っているうちに早2週間が経ってしまいました。まあ、どう私が頑張っても完全収録というわけにはいきませんの…

『大いなる遺産』トークショー(12/30マチソワ)

劇団員の「禊」コーナー またもや日が開いてしまいましたが(笑)、久しぶりに参加できた、スタジオライフのトークショーについて書きます。マチソワの公演を連続で見ましたので、ダブルキャスト両チーム共同じトークネタを楽しめました。過去の芝居も含めて「…

スタジオライフ『大いなる遺産』観劇記

なんとなく重いドラマ・・・ 新年明けましておめでとうございます。今年も、淡々と気まぐれに書いてきますので、よろしくお願いいたします。 昨年末最後のマチソワを観劇してから、もう一週間近く経つんですが、どうもこの芝居の感想を書くのがなんだか億劫で・・…

曽世海司 トークライブ「ことのはドリップ4」 in SENDAI

さすが熟練の技光る! 昨年に引き続き、10/25にSENDAI KOFFEEにて開催された曽世さんのトークライブ。「まさか二度目があるとは」と正直思いましたが(嬉しい誤算ですね)、前回よりもいろいろな意味で大盛況となりました。 会場となったのは、曽世さんのお…

林勇輔 「乙女の涙 ~もうひとつの物語~」

約1年半ぶりの逢瀬 8月15日(金)昼に久しぶりの宝塚公演を見終わり、夜は新宿三丁目のカールモールというBARへと向かいました。その場所は、スタジオライフご用達なシアターサンモールのある新宿御苑駅からのほうが比較的近いんだな、と事前に地図で確認し…

スタジオライフ『Back Cindy』観劇記

良くも悪くも新人公演らしい作品 ようやく『Back Cindy』初日の感想をまとめようと思ったら、早くも千秋楽を過ぎてしまったというタイミングとなりました(汗)。今回は、他の舞台と多数重なっていたので、更に遅くなってしまいました。私にとっては、数年ぶり…

2014『トーマの心臓』観劇記(4)

芝居の変わった箇所、戻った箇所(マイ備忘録) 芝居を見てからはや1週間が経ちました。今頃、東京では「トーマの心臓が・・・(遠い目)」となりながら、突き動かされるように「トーマ」の過去パンフレットやスタジオライフの会報、過去のインタビューなど読…

2014 『トーマの心臓』観劇記(3)

中堅とベテランの魅力 若手の次は、中堅どころからベテランへ、と続きます。お初組の仲原オスカー。全体的に、すごく軽やかで若々しい(笑)オスカーで、いつものごとくよどみのない台詞が気持ちよく響いてきました。ユーリと同級生(ホントに若いの)というの…

2014『トーマの心臓』観劇記(2)

これでいいのか、エーリク!(若手キャスト編) 先週末の観劇から、軽い「トーマ病」を勃発し、はや5日。ようやく普通の生活に戻りつつありますが、落ち着いたところで疲労もどっと出て眠いったらありゃしない。いよいよ梅雨も始まって「先週のあの真夏日は…