雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

劇団スタジオライフ-イベント

’14年末イベント「29年最後の日 with you」レポ(3)

パート2まで書いてるうちに、「このペースじゃ、とても終わらない!」と諦めたので、後半は端折って一気にいきます。記憶も減退していきますし、面白かったエピソードに力点を置いて。 Jr.3~Jr.8まで 長い間、劇団の芝居では、個性的な顔ぶれが多く、一線…

’14年末イベント「29年最後の日 with you」レポ(2)

入団順に繋がる役者エピソード ここからは、劇団員達を入団時期に分けて、新人の頃のエピソードや倉田さんの印象などを中心に進んでいきました。相変わらず出るわ、出るわ、の毒舌炸裂!(笑)。中には集中砲火をくらって茫然としたり、「もういや」と嘆き節、…

’14年末イベント「29年最後の日 with you」レポ(1)

倉田淳さん、激動の劇団ヒストリーと劇団員を語る 昨年末のイベントのレポがあまりのボリュームのために、「どうまとめたらいいのやら・・・。」と思っているうちに早2週間が経ってしまいました。まあ、どう私が頑張っても完全収録というわけにはいきませんの…

スタジオライフ「END OF THE YEAR FESTIVAL2013」レポ(5)

第1位:トーマの心臓 輝く作品賞第一位は、『トーマの心臓』です。もう鉄板ですね(笑)。ファンや劇団員の誰もが1位を疑わなかった、と想像されます。劇団スタジオライフ結成からの10年間は、倉田さんオリジナル作品を上演していましたが、「どうして男の子…

スタジオライフ「END OF THE YEAR FESTIVAL2013」レポ(4)

第2位:PHANTOM 記憶にも鮮明な作品であるスーザン・ケイ原作の『ファントム』が上位に食い込んできました。当然のことながら、コメントを聞いてるだけで倉田さんの情熱もほとばしるようでした。「『ファントム』をやってから、パリ・オペラ座を見た…

スタジオライフ「END OF THE YEAR FESTIVAL2013」レポ(3)

第3位:LILIES 書かないとなかなか終わらないので、頑張って書きます。第3位に『LILIES』がランクイン。私の中では、永遠の1位の作品なんですが、まあそれはそれとして。ここからは、演出家の倉田さんも交えて貴重な裏話が出てきました。 まずは、芳樹君…

スタジオライフ「END OF THE YEAR FESTIVAL2013」レポ(2)

作品の思い出 ~夏の夜の夢~ 前回に引き続き、2013年FCイベントの続きを。8位以降は、『白夜行』『銀のキス』『OZ』など懐かしい作品群がランクインし、『夏の夜の夢』でトークタイムがありました。トップバッターは、オノケンこと小野健太郎君。スタ…

スタジオライフ「END OF THE YEAR FESTIVAL2013」レポ(1)

12月29日のFCイベント感想 劇団スタジオライフのFCイベントに参加してきました。今回は、銀座の博品館劇場で2日間にわたって計3回開催されたこのイベントですが、私は3回目のみの参加でした。観劇とは違ってイベントに遠征するのは、ちょっと贅沢ではな…

1,2,3,4,GO!~あなたへのメリークリスマス~

夢のように楽しかったファンクラブイベント 昨年のクリスマスシーズン、すごく楽しかったのに書き留める暇が無く過ぎてしまったのが、劇団スタジオライフのファンクラブイベントでした。劇団創立25周年ということで夏にも1ヶ月近い催しイベントが続きました…

曽世海司オスカー卒業記念パーティ

すでに記憶の彼方に・・・ 「トーマの心臓」仙台公演終了後、曽世さんのオスカー卒業記念パーティが開催されました。100%満足とはいかない観劇だっため、余韻に浸りきれなかった、ということもあって集中力がやや散漫になっていました。深夜のパーティ明けすぐ…