雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

劇団スタジオライフ-本公演

スタジオライフ『はみだしっ子』観劇記

久しぶりに原点に帰った作品 先週、無事公演終了となった『はみだしっ子』ですが、すっかり感想をアップするのが遅れました。かなり久々に3日間で4公演も見てしまったところ、その疲れがずっと尾を引いてしまい、なかなか落ち着いて振り返れなかったのです…

スタジオライフ 『THE SMALL POPPIES』観劇記

今回はそれなりに面白かったです。 昨年、いや数年前からスタジオライフの芝居にどうにも盛り上がれない自分を騙せなくなってきておりました。出会った当初は、あれほどまでに血が沸き上がるような喜びや興奮を感じていたのに、あれは今思えば「幻か、蜃気楼…

’16スタジオライフ『DAISY PULLS IT OFF』観劇記

なんと!9年ぶりの再演 今年は、久しぶりに仕事が忙しく疲弊しまくりの毎日です。その中での久しぶりのスタジオライフ観劇で十分満足してしまい、ブログに更新するのがいつものごとく遅れてしまいました。正直、今もあまり気持ち的にノッてる~、という感じ…

スタジオライフ 「Suka-suka aja de!」観劇記

7/23 真夏の若手公演Bチーム夏のこのうっとうしい暑さのせいか、ブログを書く気が全然おきず、かなり間が空いてしまいました(汗)。先月、スタジオライフの夏公演を観劇してきました。本来は、復興バスツアーを先に書きたかったのですが、それは次回へ。 …

スタジオライフ 『トーマの心臓』2016 観劇記

「トーマの心臓」公演20周年 不思議なアニバーサリーキャスト 3月5日と6日に東京遠征を行い、『トーマ』『訪問者』『湖畔にて』3作品を一気に見てきました。勢いのまま、感想も書ければ良かったのですが、なんだかはっきりしない気持ちでだいぶ日にちが過ぎ…

スタジオライフ『ファントム』2015 観劇記

名作の力はすごいけれど・・・ 劇団スタジオライフ30周年記念のクライマックス、ということで、スーザン・ケイ原作の『ファントム』が連鎖公演されています。(明日が千秋楽ですね。)私は、2週間ほど前に観劇を済ませておりましたが、実生活でかなり滅入る出来…

スタジオライフ 『アドルフに告ぐ』観劇記

この時代に見ると「怖い」作品 猛暑の中、劇団スタジオライフの再演『アドルフに告ぐ』(日本編YJチームの東京千秋楽)を見てきました。当初は、全く見るつもりがなかったのですが、またちょっと上京する機会があり、そのついでで観劇。 この芝居、初演の…

スタジオライフ『夏の夜の夢』2015 観劇記

ウエストエンド版「夏夢」 先週末の観劇ではありましたが、まだ芝居は中日を過ぎたところ、3週間もの上演期間は結構長いですね。狭いウエストエンドに高ーいひな壇型座席を設置して、舞台のみならず客席降りのための階段や脇まで有効利用しての実験型・夏夢…

『大いなる遺産』トークショー(12/30マチソワ)

劇団員の「禊」コーナー またもや日が開いてしまいましたが(笑)、久しぶりに参加できた、スタジオライフのトークショーについて書きます。マチソワの公演を連続で見ましたので、ダブルキャスト両チーム共同じトークネタを楽しめました。過去の芝居も含めて「…

スタジオライフ『大いなる遺産』観劇記

なんとなく重いドラマ・・・ 新年明けましておめでとうございます。今年も、淡々と気まぐれに書いてきますので、よろしくお願いいたします。 昨年末最後のマチソワを観劇してから、もう一週間近く経つんですが、どうもこの芝居の感想を書くのがなんだか億劫で・・…

スタジオライフ『Back Cindy』観劇記

良くも悪くも新人公演らしい作品 ようやく『Back Cindy』初日の感想をまとめようと思ったら、早くも千秋楽を過ぎてしまったというタイミングとなりました(汗)。今回は、他の舞台と多数重なっていたので、更に遅くなってしまいました。私にとっては、数年ぶり…

スタジオライフ『少年十字軍』観劇記

近年の作ではかなり面白かった作品 「早く感想を書こう!」と思っていたのに、また1週間経ってしまいました(最近コレばっかりだわ)。久しぶりに3回連続というハードなライフ観劇でしたが、その後にかなり自分的に大きな体験がありまして*1、平和な観劇体…

スタジオライフ代表作「LILIES」への思い

次々回作「LILIES」への期待と不安 今週から始まった新人公演「BEAT POPS」は、私が劇団のファンになった頃(13年前)から、劇団員の昔話でしか聞いたことのない作品で、見てみたいと思っていた作品です。バンドや歌がいっぱい出てきて、その昔、石飛さんが…

スタジオライフ『カリオストロ伯爵夫人』観劇記

ゴージャスだけどいろいろもったいない出来 千秋楽間際の観劇からはや1週間。すぐに感想を書きたかったのですが、現在いろいろとプレッシャーの多い毎日にくじけて、遅くなってしまいました。見終わった時の感動もあったので、正直その勢いのままで書きたか…

スタジオライフ『続・11人いる!』観劇記

純粋に楽しめました 久しぶりの東京遠征で、スタジオライフの本公演と林さんの外部公演2作を詰め込んだ2日間。さすがに消耗しました・・・。しかし、その疲労も充実感と幸せなひととき、と浸っております。正直、『11人いる!』は2年前に見た記憶もおぼろげ…

全てを変えてしまった『PHANTOM』の出来事

(この記事は以前書いたものですが、考えあって別ブログより移行したものです。いつまでも、ご本人の過去の汚点?が残るのは忍びないので削除も考えましたが、私にとっても忘れられないエピソードだったので、残します。) 実は、上京して劇団スタジオライフ…

スタジオライフ「天守物語」観劇記

発展途上の作品 2/3ほど感想を絞り出すように書いていたのですが、ネットエラーで消えてしまって(涙)、再び書く気力が萎えてしましました。なので、東京千秋楽前日の「天守物語」の感想は、もうアッサリとメモ程度にしておこうと思います。演出家の倉田さ…

スタジオライフ『夏の夜の夢』&『十二夜』連鎖公演(3)

芝居の完成度がアップした、十二夜 レポが長くなってなかなか終わらなくなってきてしまったので、『十二夜』については短めに。2年前の公演DVDが発売されているので変わったポイントが分かりやすかったのですが、初演に比べ、テンポが圧倒的に良くなって…

スタジオライフ『夏の夜の夢』&『十二夜』連鎖公演(2)

メイン4人は、おNEWな組み合わせ 続いてソワレで観劇したのは、BONBONチーム。一番の違いは、及川ハーミア、関戸ライサンダー、青木ヘレナ、緒方ディミートリアス、という顔ぶれ。大ちゃんと岳ちゃんが、3回とも同じ配役で安定感のあるSavarinと異なり…

スタジオライフ『夏の夜の夢』&『十二夜』連鎖公演(1)

衣装・セットがゴージャスになって驚き 先週末、劇団スタジオライフのシェークスピア3公演を一気に見てきました。「夏夢」は3度目の再演、「十二夜」は2度目の再演ということですし、映像にもなっているので、それほど驚きはないかな、とお気楽に構えてお…

スタジオライフ『ファントム』観劇記(3)

ここが違う、ここが凄い 前回からの続きです。 産み落とされし者(少年期) 家を飛び出し、傷ついた身体で放浪するエリックは、ジプシーの集団に捕まってしまいます。そこで出会うのは、見世物興行師のジャベール。檻の車に乗せられ、思うがままにエリックを…

スタジオライフ『ファントム』観劇記(2)

脳裏に焼きついたお芝居 劇団スタジオライフの『ファントム』を見終えてからほぼ1週間が経とうとしております。感想をまとめようと思っていたのですが、あの世界観をどう消化して良いのか自分の中でもまとまらず、困っております。初めて芝居を見た時は、そ…

スタジオライフ『ファントム』観劇記(1) 林勇輔編

キミが居続けていてくれて本当に良かった・・・ 昨日まで、スタジオライフの『ファントム』を連続観劇してきて夢心地、心奪われておりましたが、その至福の時は、たった一日後の今日、シビアな現実を突きつけられて崩壊、まさに”天国と地獄”を実感してしまいま…

スタジオライフ『11人いる!』観劇記

久しぶりに胸キュン 先日、東池袋あうるすぽっとで公演中のお芝居『11人いる!』を見てきました。1日でマチソワ観劇という毎度ハードな日程でしたが、いつもより元気だったのはライフにしては奇跡的に短い(笑)ノンストップ2時間というタイムテーブルのお…

曽世海司オスカー卒業記念パーティ

すでに記憶の彼方に・・・ 「トーマの心臓」仙台公演終了後、曽世さんのオスカー卒業記念パーティが開催されました。100%満足とはいかない観劇だっため、余韻に浸りきれなかった、ということもあって集中力がやや散漫になっていました。深夜のパーティ明けすぐ…

スタジオライフ ’10『訪問者』観劇記

ベストキャスティング! 連鎖公演ということで10年ぶりの再演となった「訪問者」。まさに10年前、私は「訪問者」にちょっとした恐怖感を覚えました。あまりに切なく、辛く、悲しすぎる、救いがない物語。主役オスカーの健気さが痛ましく、突き刺さってくる痛…

スタジオライフ『十二夜』観劇記

身も心もウキウキ 先週末、劇団スタジオライフの『十二夜』を見てきました。シェイクスピアシリーズ第三弾、ということでしたし、私の周囲でも長らく劇団へリクエストしていた”最もライフにお似合いと思われる作品”ということで、全く不安はありませんでした…

スタジオライフ ’09『LILIES』観劇記

トリプル・キャストは大変 6月26、27日の両日に紀伊国屋ホールで「LILIES」を観劇してきました。いやあ、あの重厚な話を連続で見るのはどれだけ大変だろうか、と思いましたが、そこは大好きな作品ということで、集中力を落とさず楽しめてしまいました。 どの…

スタジオライフ「LILIES」こぼれ話(3)

期待より不安だらけのキャスト発表 別に”こぼれ”てもおりませんが、あと2日に迫った初日を前に、新しい「LILIES」についても少し語ろうと思います。思い出すのは、キャスト表が届いた時。まさに”びっくら仰天”、心の中を突風が吹いていきました。劇団にとっ…

スタジオライフ「LILIES」こぼれ話(2)

裏の人間ドラマ 昔を思い出しながら、『LILIES』について書いているうちに、あの時の熱っぽさが少々戻ってきて、ついDVDを見返してしまいました。久しぶりでしたが、集中して見ているうちに、やっぱりあの世界へ引き込まれてしまい、魂が浮遊していく感覚…