雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

BL・同性愛

これぞ胸キューン! BL小説舞台化「美しいこと」

本当に素敵な胸キュンが詰まった作品 少し前から気になっていたお芝居「美しいこと」のDVDを昨夜見ました。この作品は、木原音瀬*1さん原作のBL小説を舞台化したもので、2010年初演、2011年再演で2回とも舞台化、DVD化されています。あまり前知識もなく…

初のBLコントにチャレンジしたジャニーズ

J系アイドルもとうとうここまで来た? 1月1日の深夜に『YOUコントしちゃいなよ』という番組が放送されました。事前にしっかりリサーチしていたわけではないのですが、芸能ニュースで「BLコントをやる」という話を思い出し、毎年恒例のジャニーズカウ…

元気をもらえて面白かった映画「僕の中のオトコの娘」

女装娘(男の娘)に目覚める青年の物語 昨年、モントリオール国際映画祭への「フォーカス・オン・ワールドシネマ部門」への正式出品というニュースを聞いてから、とても見たくて仕方がなかった映画を本日自宅で鑑賞しました。残念ながら一部地域での上映とい…

ようやく見た『富士見二丁目交響楽団 寒冷前線コンダクター』

食わず嫌いしてましたが、意外と良かった映画 (邦画の)BL映画好き、の私としては、いずれ見ようと思っていたものの、なかなか手が出せないでいたのが、『富士見二丁目交響楽団』。約1年前の映画ですね。原作自体は、だいぶ昔から知ってました。と言って…

日本の中の英国 ブリティッシュヒルズ体験記

念願かなって・・・「タクミくんシリーズ」の舞台へ BL映画「タクミくんシリーズ」を見るようになって、最も気になったのが祠堂学園の撮影地であるブリティッシュヒルズでした。撮影の裏話などから、福島にあるイギリス風の建築群と知り、おぼろげに「行って…

「ピカルの定理」 枠移動後の感想(ビバルイなど)

あまりに忙しい日々に開店休業状態のわがブログでしたが、ようやく終わりが見えてきて、ホッと脱力しております。いろいろと書きたいこともあったのですが、集中力が続かなくててんでダメダメ。その間、過去の動画などを中心に、吉村崇&綾部祐二のバラエテ…

「ビバリとルイ」 私を吉村&綾部ファンにさせる、すごい影響力

まさかバラエティで・・・ このところ”頭ウニ”状態で、ちょっと麻薬状態のようにハマっていたのは、バラエティ番組で人気上昇中の『ピカルの定理』の中の「ビバリとルイ」というBLコント。昨年の深夜にたまたま見かけたこのコントは、TV界ではタブー(?)…

今年楽しめたドラマ

巷で話題の『家政婦のミタ』。まだ半分くらいしか見てないので、視聴率40%がどれほどのものかは語れませんが、このドラマはお気軽に見ることができました。破綻しているファミリーに派遣されるロボットのような鉄面皮の家政婦。どう考えてもありえない設定…

タクミくんシリーズ「あの、晴れた青空」仙台上映会(2)

浜尾京介・渡辺大輔 舞台挨拶編 上映後、三木プロデューサーの司会のもと、祠堂学院の制服を着た浜尾君と渡辺君が壇上に上がりました。まず、浜尾君のあまりのキュートさにビックリ。 タクミ時代より、前髪とサイドに少しウェーブがかかった髪型で、クリクリ…

タクミくんシリーズ「あの、晴れた青空」仙台上映会(1)

3年連続、聖夜に会うタクミくん 夏頃から、東京・大阪・名古屋などの大都市で、数多くの舞台挨拶も追加しながら、繰り返し上映されていた、タクミくん最新シリーズ『あの、晴れた青空』。待望のDVD発売も決まり、「大きなスクリーンで見られず、残念だな…

花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス2011

打ち切り危機でも、別の楽しみ方 スマッシュヒットを飛ばした春ドラマ『マルモのおきて』の後番組として、スタートした『花ざかりの君たちへ』が4話放送を終えました。どうやら、5.5%という低視聴率にあえぎ、ネットでは打ち切りの危機を囁かれています。…

なるほど、だから『純情』なのね

やたらと自然体なBL作品 DVDパッケージの写真がいかにもB級作品を思わせる映りで、手に取るのをやめそうになるほどでしたが、いざ期待もせずに見てみたら、ちょっと新鮮で全然楽しめた、というのが『純情』です。高校時代に主人公戸崎が片思いしていたス…

タクミくんシリーズ『Pure』 感想

いやあ楽しかった 昨年に引き続き、聖夜にタクミくんシリーズを愉しむことになりました。シリーズ第4弾『Pure』。とってもツッコミどころ満載で、思い出すたびニヤケてました。当初は衝撃的だった、ブルーの制服にもすっかり慣れました。 東京へのイベント…

最近見たBL映画(1)

最近、TUTAYAのDVDレンタルがマイブームなのですが、そこで優先的に借りてしまうのがBL・同性愛映画。普通の男女のラブストーリー(まず借りようとすら思わない)に比べて、BL・同性愛系はビジュアルがまあまあなれば積極的に(笑)借ります。買うにはリ…

最近見たBL映画(2)

新しい「愛の言霊」 大評判を勝ち取り、かつ昨今のBL映画作品で1,2位を争うほど出来の良かった『愛の言霊』(徳山秀典×齊藤ヤスカ)のまさかの続編が作られました。タイトルこそ前作そのままですが、実際には全く新しいオリジナルストーリーです。 ちょっ…

タクミくんシリーズ映画化第4弾決定

ブログを書きたいときに限って何かとちまちま用事があったり、今日からフィギュアスケートの新シーズンが開幕したりで、ちょっと集中できない日々です。いつの間にか肌寒くなってきて、とうとうコタツを出してしまいました。 風邪も流行ってきてるので、体の…

『美貌のディテイル』完成披露試写会(2)

あれこれ無理と不摂生がたたり、久しぶりに熱出してダウンしてしまいました。今日は、布団の中で熱や悪寒と闘って。明日からは、だいぶ前から楽しみにしていた東京遠征。これを逃してなるものか。 上映後のトークショー 「タクミくんシリーズ 美貌のディテイ…

『美貌のディテイル』完成披露試写会(1)

タクミくんシリーズ第三弾 せっかくの聖夜にふさわしいネタかどうか若干迷いましたが、昨日のイベントなので時系列的に取り上げることにしました。また全国的にも先駆けてこの映画の試写会と麗しいゲストさんを見られたこともあり、ムズムズ書きたい気持ちで…

『モーリス』 英国産耽美映画ブームの代表作

今月最も楽しみなのが、映画『モーリス』の放送です。'87年作というから、もう20年以上前の作品になるのですね。。。英国のお綺麗な青年達3人を出演させ、E.M.フォスターの秘めた自伝的映画と話題になった、20世紀初頭の同性愛の物語。もはやDVDが手…

韓国映画「アンティーク〜西洋骨董洋菓子店」

昨秋に韓国で封切られた映画「アンティーク〜西洋骨董洋菓子店」が、いつの間にか地元で公開されたので見に行きました。当時から、日本で公開したら絶対見るぞ!と気合を入れてました。東京でのGW公開後、全国順次ロードショーを待っていたのですが、つい…

スタジオライフ ’09『LILIES』観劇記

トリプル・キャストは大変 6月26、27日の両日に紀伊国屋ホールで「LILIES」を観劇してきました。いやあ、あの重厚な話を連続で見るのはどれだけ大変だろうか、と思いましたが、そこは大好きな作品ということで、集中力を落とさず楽しめてしまいました。 どの…

スタジオライフ「LILIES」こぼれ話(3)

期待より不安だらけのキャスト発表 別に”こぼれ”てもおりませんが、あと2日に迫った初日を前に、新しい「LILIES」についても少し語ろうと思います。思い出すのは、キャスト表が届いた時。まさに”びっくら仰天”、心の中を突風が吹いていきました。劇団にとっ…

スタジオライフ「LILIES」こぼれ話(2)

裏の人間ドラマ 昔を思い出しながら、『LILIES』について書いているうちに、あの時の熱っぽさが少々戻ってきて、ついDVDを見返してしまいました。久しぶりでしたが、集中して見ているうちに、やっぱりあの世界へ引き込まれてしまい、魂が浮遊していく感覚…

スタジオライフ「LILIES」こぼれ話(1)

感想なんて書けない・・・ カナダのケベック州、禁じられた同性愛の罪で投獄されている一人の初老の男シモンが、囚人達と繰り広げる再現劇。劇の観客はたった一人。かつての級友であった神父ビロドー。シモンにとってかけがえのない存在であったヴァリエへの回…

半分シュミと化す?!・・・ボーイズラブ

舞台化された『BOYS LOVE stage』 そりゃあ、第二弾もあれば第三弾だってあるわさ、と開き直りに近い状態でまたもやお出ましとなりました、BL作品。1、2年前のブームらしき時に比べ、やや下火に近いのか盛り上がりに欠けますが、密かに秘めやかにリリー…

「僕らの愛の奏で」感想

イマイチどころかイマ3くらい? BL映画でも、かなり中身が薄かったのがこちらの作品。音楽大学を舞台に、若き才能溢れるピアニストと彼に憧れる同級生の男の子の愛。って「愛なのか?コレ」と首をひねるような内容です。まあ、主役の渡航輝君が、慎吾ちゃ…

意外な掘り出し物 映画「愛の言霊」

BL映画の名作 何かと前評判が高かったこの作品は、ちょっと前に見ておりました。こちらは、コミックスが原作。確かに確かに、高評判に納得!BLでありながら、ちゃんとした(←なんか変な表現ですが)同性愛映画にも見える、まさに境界に位置する作品。破…

そして春風にささやいて(2)

新鮮で仄かな笑いに包まれる 今年初めに脱線?したつもりで書いた「ボーイズラブ」の世界。その後、意外にレンタル店にも置かれていることを発見し、そこそこ楽しんでおりました。つい先日、『そして春風にささやいて』もめでたく発売されたので、勝手な見ど…

「運命のコドウ」 ストーリーは無茶だけど役者は魅力的

テレビ東京系深夜ドラマ「恋愛診断」シリーズ。顔の濃い河合龍之介君と熊井幸平君の純愛。医者とスポーツインストラクターという組み合わせなのですが、このドラマは突っ込みどころ満載でした。 もうあまりに突拍子もないシチュエーションがてんこ盛りで、シ…

「カリフォルニア物語」もうすぐ開幕!

スタジオライフ初のプロデュース公演 スタジオライフについて「ずいぶん書いてないなあ・・・」と思って振り返ってみたら、なんと半年ぶりでございました(汗)。冬に見に行った『アドルフに告ぐ』は、なんだか気力が萎えてしまい、そのままスルーしてしまった…