雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

TV

結構、綾野尽くしの日々

岩井俊二作「リップヴァンウィンクルの花嫁」 週末は、WOWOWで放送された「リップヴァンウィンクルの花嫁」を見て、とても岩井俊二な(笑)気分に浸っておりました。まあ、岩井さんがもてはやされた時代を知ってる、というだけで岩井ストでもなんでもなく(…

GWに綾野剛「フランケンシュタインの恋」2話までの感想

すっかりブログの更新をサボり続けており、いつの間に季節は春真っ盛り、となりました。久しぶりのスローライフな生活を満喫しております。溜まりに溜まった綾野剛バラエティー出演作や過去作品を見続けたり、なかなか小さな幸せ感に浸っています。 それにし…

日本アカデミー賞最優秀助演男優賞 妻夫木聡おめでとう!

それにしても作品賞が残念無念・・・(涙) 例年、「どうでもいい」感満載だった日本アカデミー賞の発表で、こんなにドキドキしたのは初めてでした。それもこれも映画『怒り』のため。そして、妻夫木×綾野のラブラブカップル見たさゆえ。もちろん、そんなよこし…

「仮面ライダーアマゾンズ」で、谷口賢志に二度目惚れ

異色すぎて戸惑い続きだったドラマ 仮面ライダーや特撮を楽しく見ていたのは小学生まで、の自分がまさか、今更のようにハマったことが驚きの「仮面ライダーアマゾンズ」。ただし、その単純な目的は、映画「どうしても触れたくない」でファンになった谷口賢志…

アメリカ版ドッキリ番組「あなたならどうする?」

先週、たまたま動画サイトを見ていたときに海外の社会派ドッキリ番組「What Would You Do? あなたならどうする」に見入ってしまいました。いろいろなパターンがあるようで、日本語字幕もついてるものが多く、とても興味深く視聴しました。日本でよく見かける…

最近のテレビのいただけないところ

最近、バラエティー番組を見ていて、どうも気になることが2つあります。1つは、街角レポーターにテレビ局のADやプロデューサーなど、「裏方」と呼ばれる人達が起用される機会が圧倒的に増えた、ということ。レポーター、アナウンサー、女優、芸人、ちょ…

マツコ・デラックスとヨシリン(岩崎良美)

昨夜、いつものようにマツコ・デラックスの出演する「アウト×デラックス」を視聴し始めたところ、なんと岩崎良美ちゃんが出演しておりました。昨年来から、マツコのプチファンの私としては、「月曜から夜ふかし」「マツコ有吉の怒り新党」など、結構な頻度で…

ずっと見たかった役どころが今、「半沢直樹」

堺さんが結婚後、初のテレビドラマ「半沢直樹」。「リーガルハイ」の続編より先にこのドラマが始まることを全然知らず、当日のオンエア情報で知る、というなんともライトなファンぶり。 結婚をしてますます演技に磨きがかかる役者と、それまでの紛い物の”光”…

東日本大震災から2年が過ぎて

昨日、東日本大震災から2年が過ぎました。週末から、震災関連番組をハシゴ見していて、震災当日の記憶も思い出したりしていました。ブログを書く気力もなくなったり、ちょっと精神的に疲れてしまいました。 とはいえ被災者の長引く苦難を思えば、全然比較に…

『大奥~誕生~』 これまた見どころ豊富な4話 

『大奥』が始まってから、異常なほどのアドレナリンが分泌されていて、かなりマズイ状態に陥っております。毎週金曜夜の放送で、平凡な日常に劇薬を注がれたのようになり、土日はグッタリ。これは終わったころには廃人となりそうです。というか、困るんだよ…

「大奥~誕生」3話完了  堺雅人、こんなに美しかったか?!

オンエアまで待ちきれない3話が終わりました。前半最大の見どころ、と思っていた家光の過去が明かされました。彼女が、なぜこの若さで”将軍”として生きなければならなかったのか、という種明かしと、あまりにもツラすぎる過去が走馬灯のように流れていきま…

『大奥~永遠~』1話 美貌の有功役に胸キュン

待ちわびてどうにかなりそうだったTBS系ドラマ『大奥〜誕生〜 有功・家光篇』を昨夜遅くに堪能しました。あまりに魂が持っていかれて、夜中に眠れなくなるほど興奮。久しぶりにバカぶりを発揮しております(笑)。 いやあ、それにしても一番驚いたのが、原…

猛暑とロンドン五輪

毎日、30度超えの暑さにバテバテです。そろそろ、元気に活動したいのですが、週末にもグッタリ。昔は夏もそれなりに好きだったのですが、今はもうダメダメ。この暑さ、どうにかしてくれ〜!と悲鳴状態。 そんな中、ロンドン五輪が始まって1週間、気が付くと…

「ピカルの定理」 枠移動後の感想(ビバルイなど)

あまりに忙しい日々に開店休業状態のわがブログでしたが、ようやく終わりが見えてきて、ホッと脱力しております。いろいろと書きたいこともあったのですが、集中力が続かなくててんでダメダメ。その間、過去の動画などを中心に、吉村崇&綾部祐二のバラエテ…

ピース・又吉の読書好きにビックリ

その夜、ある番組宣伝を見かけて『アメトーク』にチャンネルを合わせました。それは「読書好き芸人」の特集で、8人程度の芸人さんが熱く読書愛について語っておりました。皆さん、自宅にも大きな書棚があり、ビッシリと様々なハードカバー本が詰まっていま…

おどろおどろしい大河ドラマ『平清盛』

毎年新たに始まる大河ドラマを、興味を持って見始めます。それでも、2月に入る頃になると惰性での視聴疲れと失望感で「もうこれ以上いいや」となることが多く、1年間見続けるのは容易なことではありません。自分が興味を持っている戦国時代ですら、主人公…

今年楽しめたドラマ

巷で話題の『家政婦のミタ』。まだ半分くらいしか見てないので、視聴率40%がどれほどのものかは語れませんが、このドラマはお気軽に見ることができました。破綻しているファミリーに派遣されるロボットのような鉄面皮の家政婦。どう考えてもありえない設定…

堺雅人の悪い目にゾクゾク、「南極大陸」スタート

TBS開局記念ドラマとして、鳴り物入りで今夜スタートした「南極大陸」。木村拓哉主演のドラマをリアルタイムで見るのは、かなり久しぶりです。もちろん、お目当てはライバル氷室晴彦役の堺雅人氏のほうだったので、物語自体は割りと気楽に見ていました。 そ…

羽生結弦特集番組 妙に賢い男の子

四大陸フィギュア選手権も終わり、銀メダルという快挙を若干16歳にして成し遂げた羽生結弦君。ちょこちょこテレビ局にも呼ばれているようですが、悉く見逃してる私・・・(汗)。何よりもショックなのは、昨日の21時頃、仙台駅に凱旋(単に戻ってきただけだけど…

堺雅人 新作続々

昨年末から、新作情報がなくてやきもきしていた堺雅人さんの2011年作品が次々に決まってます。まずは、秋公開の映画『ツレがうつになりまして』。2008年大河ドラマ『篤姫』の相手役、宮崎あおいちゃんとの再共演。ゴールデンコンビ、なんて聞くと百恵&友和…

大河ドラマ『江』  第一話「湖国の姫」

久しぶりに楽しみが高じて、昨日は『江』特番を見てしまいました。その合間に、溜め込んでいたアニメ『戦国BASARA弐』を一気に見て戦国モードにスイッチオンしていた影響もあるやもしれません。そして、本編視聴開始。 いやまずまずの出来映えでした。脚本家…

思い出の大河ドラマ名場面など

昨夜は、CSで『仁〜JIN』の一挙放送があり、レンタルで未見のドラマを7時間近く見てしまいました。さすがに頭がクラクラ。大沢たかお君は、昔から”涙目芸風”が変わらないなあ、と思いながらも最終話まで集中して見られました。このドラマ、続編が噂さ…

ドラマ「ジョーカー 許されざる捜査官」 シビレまくりの最終回

この3ヶ月、久しぶりに欠かさず1つのドラマを見てしまいました。そして、その間、日に日に重くなる”堺雅人病”。今夜は、致命傷を負ってドッキューン!と臥したのは傷を負った久遠ならぬ、このワタシ。罪なお方だ、伊達さん。 最終回、まとめの仕事としては…

火曜ドラマ「ジョーカー 許されざる捜査官」

私が何度目かの堺雅人ブームに襲われてしまったきっかけは、やはり堺さんの主演ドラマが始まったためでしょう。昼は、いつも温和で頼りない”仏の伊達さん”、夜は悪を憎み、断罪されない犯人を闇に葬る(?)男、という二面性を持つ伊達刑事役。 幼少の頃、目…

パク・ヨンハ自殺の衝撃 ~なぜ続く、韓国スターの自殺~

昨夜のサッカーW杯敗退よりはるかに衝撃を受けたのは、今日報道されたパク・ヨンハの自殺でした。ネットニュースの「自殺」の短い見出しに驚きのあまり、声を上げてしまったほど。『冬のソナタ』の爆発的ヒットで韓流スターでは破格の知名度を持っていたと…

「MJ」ネオビジュアル系春爛漫の宴2010(2)

「MJ ネオビジュアル系春爛漫の宴2010 完全版」で、ようやくVersaillesの「PRINCESS♪」を見ることができました。最初に見た時、なんかヤケクソ気味に暴れてるように見えなくもなかったHIZAKIに、「会場が盛り上がらないからかなあ〜?」と違和感を感じてい…

あっぱれ!戦国BASARA

昨今のアニメには滅多に心動かされない私です(二次元<三次元派)が、最近視聴しているアニメがあります。『戦国BASARA』と『グイン・サーガ』。『グイン』のほうは、かれこれ15年ほど前に読み始めた冒頭の方が、現在BS2で放映されており、かなり原作に忠…

『天地人』 そろそろ中盤

昨日の『天地人』は、久しぶりにヒット!でした。先週、期待していたのにあまりに呆気なく、本能寺の変でおかくれあそばしてしまった(汗)吉川信長公に変わって、秀吉&三成コンビが登場。小栗旬君の演じる石田三成のクールビューティぶりにノックアウト! …

泣く=癒やされたい時代か 泣ける歌

最近、テレビで『誰も知らない泣ける歌』という番組が放送されています。私も先日見てみたのですが、数曲紹介する合間にスタジオにゲストを呼んで合間にいろいろと感想を聞く、という(よく見かける形式の)番組で、なかなか飽きないで見ることができました…

『天地人』のウケた裏話

こちらはドラマの話ですが、現在ハマリまくりの「天地人」で、例のごとく”俄か妻夫木ファン”となっております。戦国関連の本もまた読み出し、これぞ”大河病”勃発!最近は、ゲームの影響で女性ファンも急増中の戦国時代、春には「戦国BASARA」のアニメ放送も…

'09年NHK大河ドラマ『天地人』

今月4日から、大河ドラマ待望の新作『天地人』が始まりました。舞台は、またもや戦国時代。2年前の『風林火山』では武田氏の敵でありながらも、準主役のように比重の高かった上杉謙信、の息子景勝の下で活躍した家臣・直江兼続の物語です。 この直江兼続に…

紅白歌合戦を見ながら・・・

年末の紅白は、全て生放送で見たわけではないのですが、そこそこ楽しめました。司会の仲居君、ロレツが全然廻ってなくてハラハラしました。私もヘロヘロの時、あんな感じの喋りになってしまうので、よほどお疲れなんだろうなあ、と思いましたが。 エンヤもT…

ドラマ「キャットストリート」

珍しくNHK総合をつけたままにしていたところ、『キャットストリート』というドラマに出会いました。主演は谷村美月ちゃん。少女役者の中では、1番くらいに気に入ってる若手女優さんです。デビュー作『カナリア』という映画を見てから、彼女の大きな瞳が…

中国五輪 華麗なる開会式

思えばまだ五輪ネタをブログで書いたことがない、と思い出したので縁起をかつぎまして(笑)書いてみます。とうとう北京五輪が始まりました。五輪自体より、その他衝撃的な社会問題が目立った中国でしたが、それを吹き飛ばさん!という意気込みは強く感じる…

春ドラマの味わい

【ラスト・フレンズ】 溜まりに溜まっていたドラマを見始めました。まずは、友人お薦めの『ラストフレンズ』。昨年大いに盛り上がった『のだめカンタービレ』の出演者、上野樹里ちゃん、瑛太くん、水川あさみちゃんが出演している上、内容的にも結構興味があ…

これから、楽しみにしてること

・Hey Say Jumpの新曲 ・東京ドーム1stライブのDVD発売 ・山田涼介君の「古畑中学生」 今日のエンタメで知りました。田村正和さんの「古畑任三郎」の少年期のドラマを山田君主演で作るそうで、三谷幸喜氏が「古畑の少年期を演じられる少年がいた!」と関…

人生で一番感動したアニメ『家なき子』

今でも漫画は好きなのですが、アニメとなると小学生の頃見ていた世界名作劇場やスポ根もの、あたりで成長が止まってる私です。現代的で美しいデザインが売り、のアーティスティックな作品や可愛いキャラクターものも多数ありますが、やはり2次元より3次元…

大河ドラマの私流ハマリ方~「独眼竜政宗」編

最近また大河ドラマが面白くなってきました。昨年の『風林火山』に引き続き、あまり期待していなかった『篤姫』が予想外に面白くてビックリ。そして来年は、妻夫木君主演で『天地人』と、目白押し、の感があります。 そんな現在進行形の大河ドラマとは別に、…

年末を締めくくった紅白歌合戦

まずは、昨年末の『紅白歌合戦』から。いつものごとく流し見をしていたのですが、例年のように他のチャンネルに切り替えたり、途中で見るのを止めることもなく最後まで見てしまいました。自分でも驚きました。 もちろんずっと画面を凝視しているわけではない…

'07総括(2)

こちらは量は充実してましたが、これぞ!という目玉はあまりなかった印象です。イケメンブームを巻き起こした「花ざかりの君たちへ」と、GACKTのサムライ姿も鮮やかだった「風林火山」が印象に残りました。個人的には、海外ドラマ「LOST」第2シリーズに…

『風林火山』 GACKT 悶絶死しそうになる美しさ

偶然、虎ネタが続きました(笑)。 すでにドラマ『風林火山』も佳境に入り、熾烈な川中島の合戦が放映されていますが、美しい(長尾景虎、改め)上杉政虎姿のGACKTに会えるのもあと1回を残すのみとなりました。非常に惜しいです。 役者としてどうの、という…

のだめカンタービレの世界を満喫

先程、『のだめカンタービレコンサート』から帰ってきました。わが町でのコンサートは初めてだったそうですが、いろいろ話題になったアノ「のだめカンタービレ」コンサートが、今も尚続いていることにまず驚きました。 そして、巨匠が出演するわけではないク…

玉木宏訪韓(2)玉木君の発言にドキリとする現地記者

韓国での記者会見+ファンミーティングのルポ記事をチラホラ読んでいて、ちょっと気付いたことがあったので、雑感として書いてみます。玉木君自体は、終始とても穏やかな笑顔を浮かべていて、記者会見もつつがなく和やかに進んだようですが、一部マスコミに…

玉木宏訪韓(1)

いやな予感がする・・・。認めたくない事実なのですが、やはり認めざるをえないかも。どうも『のだめカンタービレ』のDVD−BOXを買って以来、加速度的に玉木宏君にハマってきてるようなのです。これは大変マズイ傾向です。 もちろん、いまだ玉木君個人より…

フジテレビ系『花ざかりの君たちへ』

今週火曜日に始まったばかりの学園ドラマ、『花ざかりの君たちへ』を見ました。時間がとられるので、あまり連続ドラマは見ないようにしているのですが、夏ドラマ紹介を見てついつい録画してしまって・・・(その実、見る気満々?!)。 確かにイマドキの高校生…

美しい男達は好きですか?

その昔、職場の先輩や友人達に「アナタは、理想が高すぎるんじゃない?」などとよくある台詞を吐かれたことがあります。顔の好み限定で、ってことなんですが、これにはひたすら「いや、それはないです!美男は観賞用ですから。目の保養、目の保養。」と言い…

ドラマ『氷点』  昭和の人気作品リバイバル

GWも中盤ですが、今のところ家でノンビリと(というかダラダラと)過ごしています。溜めに溜めてしまった録画をどんどん見まくり中なのですが、欧米発海外ドラマがかなり面白い。「4400」のシーズン3もスタートしましたし、単発で放送される秀作&問…

NHK大河ドラマ『風林火山』

このところ、体調は戻ってきたものの代わりに気力が落ちてかなり疲れ果ててました。何か書きたいのだけれど、どうしても集中力が不足しているので、ダメだめ・・・。ということでふと思いついた大河ドラマのことでも軽〜く書いてみようかな、と思いました。 全…

’70年代最強のアイドルグループ キャンディーズ

少年好き、と並んで子供の頃から変わらない私のクセは”お姉さま好き”という一面。今でこそ宝塚スターにときめいて「なるべくしてなった」かのように納得してしまいますが、そもそものルーツは、一世を風靡したアイドル、キャンディーズです。そして、当時の…

'06総決算(2)

映画については、邦画が花盛り。劇場で鑑賞した「日本沈没」「フラガール」「地下鉄に乗って」「ゆれる」等いくつか話題作も見ましたが、これだ!と思えるものはそれほど多くありませんでした。泣ける作品は魅力ではありますが、それ以外に何か、が欲しいか…