雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

20周年イベント第一弾!スタジオライフEXP・勝手にレポ

よく見ると、なかなかマニアック

f:id:sugiee:20190210192528j:plain:left

劇団スタジオライフ(Studio Life)・真夏のイベント開催2日目の今日、シアター1010に行ってきました。今回は、過去の舞台で使用された、小道具、セット、衣装に加え、過去ビデオのミニ上映会、2回の劇団員のトークショーということで(予想よりは)盛り沢山でした。


過去には、役者とのパーティ系催しが多かったので展示イベントというのは、ちょっと不思議なものがありましたが、久しぶりに同じ視線の高さで役者さんに声をかけられる、というおまけもありました。


早めの時間帯の頃は、フレッシュ君(もうジュニ7かな)や新人君がちらほらと姿を見せておりました。まずは、「パサジェルカ」「OZ」などの最近作の小道具が雑多に置かれていて、あちこちキョロキョロ状態。奥へ進むとすぐに「LILIES」初演の頃のセットのミニチュア(舞台セットと衣装、バスタブも)があり、一瞬タイムトリップしちゃいます。


その後、最新作の「トーマの心臓」の廻るセット*1、「ドリアン・グレイ」「鑑定医シャルル」「OZ」の世界がまとめてブースとなってます。あちこちで過去の作品の台詞が聞えてくるものですから、思い出が甦ってきます。触れられないものもありますが、衣装などは身につけても良い、という太っ腹?ぶりです(私は恐れ多くて辞退しましたが)。”写真の間”、”映像の間”なども別に配置されてます。


これらの中でも20周年らしく、過去作品を30分程度にまとめた映象集が面白かったです。*2もはや”幻”の「TAMAGOYAKI」「ベニスに死す」のお宝映像、「トーマ」「訪問者」「死の泉」の初演などもあって、ドタバタ小劇団から耽美系の今へと変遷していく様が楽しめました。


中でも青山円形劇場での「死の泉」初演は、ちょっと心が震えましたね。映像で見ても完成度の高さがうかがえます。「訪問者」「HAPPY FAMILIES」再演は、再び同じ配役で見たい作品だと思いました。それから楽屋を再現したスペースはとても面白かったです。看板役者さん達の化粧前が本人達の私物を交えてそのまま再現されてます。


洗剤やのど飴、医薬品、冷蔵庫もそのままに。(冷蔵庫の中には、お気に入りの食品まで入ってます!ちゃんと名前付きで。)それが見事に役者の個性そのままで、石飛さんのめちゃくちゃ可愛いグッズの数々には唸りました。そこだけ女の子エリアのようでした(笑)。

役者さんは、ガイド役!?

会場でいろいろとお世話係をしてくれるのは、ライフ役者達です。新人公演なんかで劇団員全員でスタッフさんをしてる時を思わせる、「ちゃんとファンサービスをしてるなあ、お兄さん」達の姿。気取った姿もなかなか素敵ですが、こういうTシャツ姿で等身大でいる彼等もまた魅力的。


とはいえ、展示会場の説明やら、見物者の整理などをしてるものでついつい「お手洗いは行けますか?」「コレ、写真撮ってもいいんですか?」などとまるで本当のスタッフに話しかけてるような自分の行動に内心(そうじゃないだろーっ!!)焦りました。


「確か芝居の時は、大いに感動して泣かせられたんだよなあ、この人(役者)に。」と後から思い出して「恐縮です・・・」という感じでした。うーむ、何が違うのか・・・?いつの間にやら、フレッシュ君もすっかり慣れてしっかり応対できるようになってるんだから、月日の流れは早いもの。


まだ舞台にも立ってない新人君は、さすがにちょっと緊張気味でしたが、ムードはジュニ6や今回のジュニ7なんかにかなり近いものがありました。(似すぎてて間違えそうになるくらい。)


トークショーは、制限時間10分の中でのトーク。1回目が曽世・奥田・寺岡組で”夏の思い出”(バイク旅行の話と奥田さんのボディーボードの話)、2回目は、奥田・前田・石飛組で”恐かった体験談”でした。


中でも前田さんの話は出色の出来でした。実家が築100年ほどの由緒ある家らしく、家人以外にどうやら沢山の”異界の方々”が住んでいらっしゃるそうです。家族が全く霊感がないため、暮らしていけるそうなのですが、訪れる人にはそれなりの恐怖体験が降りかかってくると言う話。石飛さん、山崎さん、笠原さんが遊びに行った時もいろいろな事件があったとか。


まずは酔いがまわったころ、あらぬ方向を眺めて

お婆ちゃん?・・・お婆ちゃんなの?

と語りかけてる笠原さん、とか(爆笑)。だんだん恐くなって前田さんの部屋に眠りに行った石飛さん。次の日の朝、息子を起こしに行ったら、1つの部屋で男二人が寄り添って(?)寝ているのを見てビックリ、いかにも気まずそうにドアを閉めた前田父の話とか(ここでも大爆笑)。仏間で全く健やかに寝ていた山崎さんに対し、

昨夜は兵隊さん見ませんでしたか?

と普通に語りかける前田母の話とか。面白すぎて大変でした。こんな大らかな家系から(笑)、前田さんのバイタリティは出るのだなあ、と感心しきり。ミニトークの間でも先輩後輩間の中のよさが滲み出ててなんだかこちらまで楽しくなっちゃいます。


この週末はまた沢山のファンで大混雑となるでしょうし、役者さん達もあちこちで応対してくれるでしょう。ファンの皆様は他のファンの事も考えて、なるたけ占有しないであげてね、と祈るばかりです。まあ、役者にトイレの事を尋ねる自分もどうか、と思いますが。


そしてまた、こういう戦略にコロッとひっかかって(苦笑)、9月の芝居に通う自分が居るんだろうな。。。くわばらくわばら。


miyabi2013.hatenablog.com

*1:図書館と寝室が裏表になってて、上演当時、手回しで廻ってました。

*2:家庭用ビデオで撮影したものを、音声抜きで再編集したもの、代わりに挿入曲をつけてます。