雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

朝海ひかる クリスマス・イヴ退団発表!

ちょっぴりオフザケなヅカネタでも書こうかな〜と思っていた矢先に、コムちゃん(朝海ひかる)の退団発表があっていきなり木枯らし、ピュ〜っとなりました。”ベルばら祭り”満了を待っての、恐らくは時期をズラしてギリギリまで遅らせた退団発表かもしれません。


今年は、サヨナラ公演真っ盛りのタカコさん(和央ようか)&ハナちゃん(花總まり)を始めとして、湖月わたる君、そしてコムちゃんまでも去ってしまうのですね。4人同期だった71期のサヨナラも続いたものですが、あの時の寂しさと今とは何かまた違った感じです。ファンになったときは、トップさんとして君臨していた方々(71期)と、中堅からトップへと成長を見守ってきた身近なスターさんとの(そんな偉そうなことは言えませんが)違いでしょうか。同志が去っていく、ような気分です。


 「本当にこの人、トップで大丈夫・・・?」

なんてあらぬ心配をしたのがついこの間のことのよう。今となるとトップになって一番変貌したのがコムちゃんではないかと思います。フェアリー(妖精)タイプの顔立ちにおっとりとした性格、決して「私が私が!」なんてしゃしゃり出てくる姿など見せたことがないようなノンビリ屋さん。しかし、意外に芯は一番シッカリしていて、何が起こっても動じないタフさを持っていたような気がします。


一見クールだけれどもどこかに青い炎を燃やしていたコムちゃん、その彼女が「ベルばら」オスカル役で軍服の赤に負けない、真っ赤な闘志と情熱を燃やしていました。一つ一つの台詞をかみ締めるように真剣に語ってるコムちゃんの表情は、きっと忘れないと思います。あの美しくも妖しい薔薇の精・ROSSOの名場面と共に。


あと半年という短い時間だけれども、華麗に、風のように軽やかに、そして爽やかな笑顔で駆け抜けていくんでしょうね。

◇産経HP:特集 朝海ひかるSTAGE GRAPH
 →まさにコムスペシャル(笑)。


ベルサイユのばら特集本II (宝塚ムック)

ベルサイユのばら特集本II (宝塚ムック)


オスカルのコムちゃんとアンドレのわたる君。二人とも来年は「もうお前はいないのか・・・。」(涙)