読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

宝塚・企画モノの奇想天外な面白さ 『FOUR COLORS』

宝塚もしばらくはお休みしていた感じですが、そろそろまた映像モノを見始めています。観劇が続くとマイブームに陥りやすいものの、少し見ない期間が出ると割と離れていられるようになったのはここ数年のこと。それでも、水面下では次回公演のチケット確保には動かないわけにいかない・・・このジレンマが毎度の悩みかも。ヅカに限らずではありますが。


CSで先日、友人に録画してもらった『FOUR COLORS』という企画モノビデオについてふと書きたくなりました。タカコさん(和央ようか)の退団特集に蔵出しされた、と思われますが'97年製作のこの映像、その昔私が宝塚ファン駆け出しの頃、レンタルビデオで借り、とても魅了された思い出のある作品です。

FOUR COLORS』('97年作)
 出演:香寿たつき紫吹淳
     姿月あさと、和央ようか
 

 主な内容:座談会、歌ソロ(スタジオ収録)×2、
      レコーディング風景、ダンスシーン等


後に全員がトップスターとなる錚錚たるメンツが揃っています。その彼女達がまだ注目の若手スターであった頃のプロモーション風ビデオという珍しいものです。このビデオ以来、こういった企画が途絶えてしまって残念でなりません。とっても奇妙奇天烈でありつつも、抗いがたい強烈な面白さを感じて、見始めた頃

 「宝塚って案外、なんでもあり、なんだなあ・・・」

と(勘違い的に)感心した作品でした。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


個々の個性を生かしたステージング(スタジオでのPV録画)は、ちょっと’お宝’度が高いかもしれません。とはいえ、衣装をつけての歌のシーンは通常より薄メイクでちょっと不思議な感じもします。見始めはちょっとギョッとするものの、見慣れるとなかなか妙にカッコ良く見えてきますし。


一番好きだったのは、タカコさん初舞台作品で4人の共通項だったという『キス・ミー・ケイト』からの「Too Darn Hot!♪」の華麗なダンシング!です。4人がジーパンに白Tシャツ&色違い単色カラーシャツをまとって踊りだした時には、「これはまさにジャニーズだ!」とビックリ。*1


しかし、ムードはウエストサイド・ストーリー風、路地裏を思わせるかなりシンプルなスタジオセットの中。やたらと手先足先まで神経行き届いた振付(笑)で踊る男役スター達は、さすがにカッコ良く、大興奮。ソロシーンでは一人ひとりキメのポーズをかましてくれたり、短いけれど大層見ごたえがありました。でも、'97年当時ということを想定しても、これは結構’古風’な作りだなあ、とは思いました。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


ズンコさんのグラナダ、タカコさんのグラン・シャンハイ(チャイナ服がとてもお似合い)は、長身でスレンダーな彼女達の魅力を余すところなく伝えてました。「夢で逢えたら♪」では、タータンが黒燕尾&ヅカメイクでマネキンの彼女とファミリーランドでデートという野外撮影も有。かなり異色で、今見ると??ですが、その度胸はなかなかのものかと。


そして、我が愛しのリカちゃん登場。『ドリアン・グレイの肖像』の主題歌「永遠の美と青春♪」は、まさにメインディッシュでした。金髪縦ロールのロングヘア、ブルーコンタクト、ゴテゴテに作り上げたメイクで、すでに”動く純白のドール”と化した彼女がカメラへ強い眼力を飛ばしながら低音で歌い上げます。


それはそれは”異様”なほどのインパクトがありました(笑)が、この”リカドール”をナマで見たかった・・・今でも悔いが残るほど、この姿に熱愛状態でした。そして、映像を見る度にリカちゃんの手振りをヒラヒラ真似しながら、”美と背徳の世界”に没入してしまいます。(本当に吸い込まれてしまいそう・・・。)


最後にクレジットを見て驚いたのですが、この作品には、壮一帆ちゃんや蘭寿トム君など当時の若手が多数出演しているようです。影武者として顔出しも無く、頑張っていたのか、と思うとなんだかより楽しくなってきます。

*1:当時ジャニーズの踊りをよくテレビで見ていたので、あまりにもスタイルがソックリで可笑しかったのです。