読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

ようやく1ヶ月が経過

日記 雑談

田舎に帰ってきて早1ヶ月が経ちました。ようやく少しずつ身辺整理がついてきた感じです。とはいえ、新しい職場に移って仕事はこれからが本番。どんどん厳しくなっていくだろうなあ・・・と内心こわごわしてます。更にプライベートではネット開通が遅れに遅れ、ちょっとした行方不明状態(もちろん中身はありますけども)になってるかも・・・(汗)。


ネット開通の遅れの原因というのは、「便利な現代社会の盲点?」かもしれません。プロバイダS社*1には、転居先住所もしっかり告げ念を押したものの、入れ違いで転居元に届いてしまった申込書一式が郵送ではなく、メール便だったために転送されなかった、という最初の不幸。更に届け先不明で返却された郵送物を転居先を知っていながら、そのまま何の連絡もよこさないプロバイダの対応の悪さ。


もとより「そんなことは知っちゃいない」「顧客が多い」「サービスの対象外だ」と言われれば不承不承ながらも仕方ないと諦めるしかないのですが、サービスを提供する会社に勤めてる身としては、顧客の信用を落とす怠慢ではないか?と、どうしても思ってしまうのです。しかも究極は、「通信料をクレジットで引き落としなら、諸手続きをネットから出来ます。」というアドバイスときたものだ。


 インターネット、接続できなきゃ、ただの箱


というPCからどうやってネット手続きをするのでしょうか?*2最も進化の著しい世界で、このお粗末さ・・・トホホです。対応してくれた新人君(アルバイターかな?)は、真横にいる先輩(←むしろアナタに出て欲しい)のクレーム対応集を一言一句同じようにオウム返ししていました。最近の電話器は性能が良いので、残念ながら全て筒抜けです。日頃職場で「注意するように。」と言われていることがそのまま体感できて、ある意味教訓になりました。


当然、S社とは未来永劫、お付き合いしたくない会社となってしまいましたが、同じような体験は案外あるもののようで、友人もY社で経験したとのこと。「ハードはどんどん進化していても、サービスの質はどんどん低下していく。」そんなことをまた一段と痛感してしまいました。やはり安かろう悪かろう、の昨今でしょうか。


そんなこんなで、だいぶネットのない生活にも慣れました。若干ネット中毒気味だった生活から解放されて、ちょっと人間に戻ったようです(苦笑)。携帯電話やネットがなかった昔が今となると信じられない、というのもどうなのか、と考え直したり。まあ、気持ちの良くないトラブルや失敗にも何かと教訓は隠れているもので、そこから次に繋げていけたらいいのでしょうね。


それこそネット開通したら、きっとPCの中から「文明開化の鐘の音」が聞ける、と思います。

*1:価格も安く、最近はそれなりに人気&知名度があるようです。

*2:ネットカフェなどセキュリティを無視するならば、幾つか方策はとれますが、まるで笑えないジョークのよう。