雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

お茶目な貴公子、トマシュ・ベルネル

週末、お篭り状態で見入ってしまった'07世界フィギュア選手権。延々録画を見続けてしまってちょっと気分悪くなってしまったほど(笑)。生でないとはいえ、結果も良く知らないため、リアルな緊張と興奮が続きます。男子のほうは、高橋選手以外は、あまり出場選手を知りませんでした。


かろうじてジェフリー・バトルは美しいスケーティング、ステファン・ランビエールは、トリノ五輪エキシビジョンでの猛烈スピン、で覚えていた選手もいました。じっくり見てみるといろんな個性の選手がいるものです。お笑いに走る人もいれば、ちょっと”不思議”君もいたり。


日本では、高橋大輔選手が銀メダルを獲得した瞬間から、それ一辺倒になってしまいましたが、次々と優勝候補が沸き出でて混戦模様となった男子はスリル満点で大変面白かったです。高橋選手については、エキシビジョンで見せたエロエロな眼差し&挑発的な腰の動き(笑)とステップには魅了されています。

【出会いはいつも突然に?!】


その一方でSPで見た瞬間に目を奪われたのが、チェコのトマシュ・ベルネルTomas Verner)選手。アップになった顔が、恐ろしいほどの超美形。少年のようなスウィーティさもかろうじて残しながら、女たらしにも見える(失礼)ハンサムマン。東欧圏の少年合唱団に「こういう顔いる!いる!」と変なところで興奮してしまいました。


またその時の衣装が、薄ピンクというか桜色のブラウスに黒の吊りズボンというイデタチで、さすがにこんな一昔前の漫画に出てきそうな「お坊っちゃま?ルック」をする人もいまどき珍しい・・・と目が釘付けに。可愛い衣装なのに、結構胸板もしっかりあってイイカラダしてます、このお兄さん。


そして、一度曲が始まればなかなかに上手い。キレもスピードもあって、ヨーロッパの若手有望株*1という感じです。しかし、単なるお綺麗系か、と思えばさにあらず、妙な愛嬌ある仕草が演技のそこここに入ってくる。最後までその整いすぎた顔立ちとお茶目な挙措に違和感を覚えてました。


ところが次にフリーを見ると、「こやつ只者ではなかった!」。渾身の出来ではあったのでしょうが高くて安定感のあるジャンプを繰り出し、最終滑走グループの前座ではない見事な滑りを見せつけて圧倒していました。ランビエールのメダル争奪(崖っぷちの)演技やジュベールの優勝滑りも良かったのですが、最後まで脳裏に焼きついたのはトマシュ君。


4回転2回を入れたフリーの得点は、最終的には4位で終わったにせよ、彼にとっても歴史的な自己ベスト更新だったようで、演技終了後、全身で喜びを表す姿にまたときめいちゃいました。14,5歳から5回も世界選手権に出ていたというのですから、ベテランと言ってもいいかもしれませんが、キザリに向かうのではなく、素直に豪快にはしゃぐサマが可愛くてツボに入ってしまって(笑)。


本日のエキシビジョンでは、帽子を使ったコミカルなパフォーマンスを繰り広げ、後半は、日の丸鉢巻を締めて(文字が逆さまだったのが残念!)ノリノリに盛り上がってましたね。黙っていればクールビューティの彼なのに、単なる天然?いやはや天性のお茶目っぷりがアンバランスで、ハート射抜かれちゃいました。


チェコ出身でしょうが、伊のカロリナ・コストナー選手と同じコーチに習っているようで、HPの集合写真に一緒に写っています。(拠点はいずこ?)でっかいハートのクッションを日本人ファンからもらって嬉しそうに顔を埋めている写真も早速載っていました。顔に似合わず、つくづくキュートな奴だ(笑)。


それにしても世界にはまだまだ知らないけど魅力的な選手がいっぱいいるものですね。大きな大会でも、なかなか下位ランクの選手までは放送してくれないので本当ならトマシュみたいな金の卵が交じっているかもしれない。どちらかというとそういう伸び盛りの選手の成長を見て楽しみたいので、ちょっとしたジレンマです。


それにしてもどの国の選手にも必ず日本人女性のファンがいることには驚きます。元祖ミーハー(スポーツマニア)の極意といったところでしょうか。。。

トマシュ・ベルネル選手の公式サイト:Official website of Tomáš Verner – 2008 European champion
チェコ語と英語を選択するのですが、さすがになかなかチェコ語は選べないかも。
 ENTER→LINKSをクリックすると、世界フィギュア選手権で客席の日本人ファンからもらった赤いハート型クッションと戯れる(笑)トマシュの写真があります。日本の放送では、直前練習を待つ高橋大輔のドアップになってしまいましたが、実際はこのハートを受け取ってから、ムギュムギュと顔を埋めたり、リンクで愛嬌振りまいていたようです。(YouTubeで確認あれ!)

*1:実際は、ヨーロッパ選手権第二位という実力派らしい。