雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

雨にも負ケズ、風にも負ケズ 大阪の旅

行く前には何かと準備が面倒で幾分嫌気もさしていた大阪旅行だったのですが、帰ってきてみるとかなりカタルシスが放出されたようで心軽くなりました。台風4号のおかげで、雨風と猛烈な湿気にはこれでもか、というほど襲われましたが、汗だくであちこち歩き廻ったら、頭の中のぐちゃぐちゃした思いを随分と洗濯できた気分です。


もともとは観劇目的の遠征ではあったのですが、今回は観光が主体と言ってもいいほど個人的に充実した楽しい日々でした。旅行に行く直前に大阪のガイドブックを買っていったのですが、これがとても役に立ちました。東京暮らしは長かったので大都市にはそこそこ慣れているつもりでしたが、大阪は何度行っても迷路のようでなかなか大変。地下鉄の組み合わせも見慣れないだけにクラクラしちゃいました。


今回は、私お得意?の気まま旅行。ヘタすりゃ当日に目的地を決める、という全くもってお気楽旅行なので、詳細な街路マップは欠かせない。ガイドブックも最近は”歩き”派を考慮して地図が詳しいものが随分増えてきて助かります。(ぴあマップの影響かもしれませんが)地域エリアごとに細かく書かれているもの、そして路線図は必須アイテムですね。

【今回の日程】
13日:伊丹空港〜大阪丸ビル前下車(リムジンバスで約30分)夜は道頓堀〜心斎橋界隈をブラつく。
14日:台風が近づきつつあったため、雨強し。急遽、ホテルでチラシを見た海遊館へ進路変更。早めにホテルに帰り、ゆるゆる過ごす。
15日:台風一過するも、関東方面への新幹線が運休するなど新大阪駅は大混乱。下り新幹線で姫路城へGO!夜は、宝塚トップスター、春野寿美礼ちゃんのお茶会参加。
16日:宝塚花組『あさきゆめみし2』観劇。夕方〜夜にかけて地元への帰路につく。


さすがに4日もフリーで一つの街にいると、なんだか不思議に馴染んできちゃいますね。生粋の浪速育ちの人々ともささやかな交流がありました。まずは、行きのリムジンバス。雨でかなり遅延したのですが、「ほんま堪忍な〜。」と案内人のおっちゃんに言われると、ちっとも頭にこないのだから凄いです。


また地下鉄の駅員さんに便利な乗換えカードのことを聞いたら、「1日乗車券のほうがお得やと思いますよ。」など懇切丁寧に説明してくれたり、とちょっとビックリするほど親しみやすく話しかけてくれました。「東京人は冷たい。」とこっちの人が言う理由も納得です。世間話が無理なくテンポ良く流れるのは、土地柄も大きいでしょうが、懐こく響く大阪弁の力も相乗効果のような気がします。*1


何はともあれ旅行談やらヅカネタやら、つれずれなるままに書いていこうかと思います。

*1:その代わり、怒鳴られると身がすくむほど怖いかも。