雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

世界フィギュア2008開幕 真央ちゃんに笑顔は出るか?

いよいよ始まりました、世界フィギュア。といっても、本日ネットニュースやTV放映を見てようやくそんな時期になったのか、と実感した次第でもあります。日程を調べて「あれ?」と思ったことが一つ。男子シングルの前に女子シングルの試合がある、ということ。


五輪や過去の大会を見ていても男子→女子だったことが多く、あまり男子が後になった覚えがありません。私がド素人だから勘違いかもしれませんが、「これはもしや女子がアジア勢ばかりなので、世界的にスターが多く人気も高い男子選手を後にしたのか?」と邪推したりして。


それでも今日の放映を見る限りでは、日本代表の女子選手3人とキム・ヨナ選手以外は、大多数が欧米各国から選ばれており、久しぶりに”世界の大会”と楽しく見ることができました。今回のSPは、上位陣についてジャンプでの転倒が少なく、高度なワザや独創的な演技も見ることが出来て非常に満足です。


やはり、五輪がなければ毎年1番の大会、どの選手もこれに絞って練習してきてるだけあって、グランプリファイナルなどでイマイチに見えた選手も見違えるように輝いていていいなあ、と思います。お気に入りのC・コストナー選手もNHK杯に比べ、別人のように調子が良くて嬉しい限りでした。(あの恐ろしく長い脚を見よ!)


浅田真央ちゃんは、今季苦しんだSPが成功して良かったな、と安堵しました。但し、中野友加里選手のノビノビぶり本領発揮!と比べると表情が硬い。。。というか、真央ちゃんを見てるとなんだかパーフェクトを目指すあまりに、いつも悲愴感を漂わせている感じで、辛くなることがあります。


演技がうまくいっての心からの笑顔や天性のポジションの美しさ、高度なテクニックなどは見ごたえ満点なんですが、ブラウン管に映し出される他の選手を見てみると表情の豊かさもちゃんと競技の一部として演じていて、その「差」が甚だしくなってる気がしました。キム・ヨナ選手も、表情をちゃんと武器にしている。


客席の盛り上がりなんかを見ると、やはり豊かな表情がもたらす”波動”って無視できないなあ、と思ったりします。日本選手は、一生懸命ひたむきにガムシャラに打ち込む”職人”という感じ。内に向かうエネルギーを外へとアピールする努力も必要かも、と思いました。個人的に記録に残る選手よりも記憶に残る選手がいいな、なんて。

【何故に男子は・・・】


一方、男子SPはローカル局では放送されないそうで、とてもショックです。さんざん書いてますが、高橋大輔選手については、フリーよりSP(ヒップポップ調・白鳥の湖)のほうがはるかに好きなので、なんてこったい!な気分。よほど順位が高ければ、深夜枠とかフリーでも放送されるかもしれないので、祈っております。


昔を思えばゴールデンタイムにフィギュアスケートが放送されること自体が、すごいこと、ではありますが、それにしても高橋選手の優勝も夢ではない大事な大会でこの差別的な扱いって何さ、です。一体、男子はどれだけ頑張ればSPも放送してくれるんでしょうか・・・?ま、嘆き節はこの辺にしておきます。


今回は、本命の一人としても登場するであろうチェコのトマシュ・ベルネル選手。フジテレビの世界フィギュア公式サイト・選手紹介で書かれた『今季は怪しい日本語「勇名トラ」衣装でさらなるセンセーションを巻き起こしている。』になんちゅー紹介や(笑)、と思いながらも、勇名トラの刺繍が入ったあの妙な衣装をもう一度見たいなあ、と思ってる一ファンです。


「真央ちゃんと大ちゃんに悲願の金メダルを!」と望みつつも、基本は”面白ければグーよ”なちゃらけたスケートファンなのです。