雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

そして春風にささやいて(2)

新鮮で仄かな笑いに包まれる

今年初めに脱線?したつもりで書いた「ボーイズラブ」の世界。その後、意外にレンタル店にも置かれていることを発見し、そこそこ楽しんでおりました。つい先日、『そして春風にささやいて』もめでたく発売されたので、勝手な見どころ楽しんだツボなぞを書いてみようか、と。


やあ、これは”予想”を裏切らない作品でした。予告を見た時点で、「オレがタクミを守る!」と宣言する学年一のプリンス・ギイ(加藤慶祐)の台詞にかなりむず痒く(笑)なっていたのですが、むしろ本編の方がすんなり・・・耐性ができたせいか・・・見られました。(もちろん、演技云々は二の次、三の次という感じです。多分、そこを突き詰めると見るのは止めたほうがいいかも、と思います。)


タクミくんシリーズ そして春風にささやいて [DVD]

タクミくんシリーズ そして春風にささやいて [DVD]


人間接触嫌悪症に苦しむタクミ(柳下大)の過去や、ギイが何故タクミに惚れたのか、というくだりも若干説明がされているせいかもしれません。ただ、学園の他の男子生徒については、あくまでさわりだけ、という感じで描かれ方が薄いため、原作に気を遣って登場させたのかな?という感じでもったいなかったです。キャスト選びもイマイチ不自然な感じでしたし。


物語のほうは、あまり気をまわさなくても展開は分かりやすい。事件もあまりないので、ギイ→タクミへのアプローチ、戸惑うタクミ、やがてタクミ→ギイへと閉ざした心が開かれていってハッピーエンド、というなんとも爽やかな青春物語になっています。BL=ドロドロ+悲劇、の公式を破っているのがミソ。


ちょっとTVドラマ「花ざかりの君たちへ」を思わせる(狙ってる部分もありそう)瞬間もあり。一方で回想シーンには、一部ギョッとする瞬間がありましたけど(子役さん達、大丈夫かあ~?!)。しかし、シーツにくるまってタクミとギイが抱擁してるところ、キワドイというより本当に子犬がじゃれあってるような可愛らしさがあって、いいですねえ。ホント、いいよ、キミ達(笑)。


タクミ役の柳下大君は、女の子並に可愛いときと、そうでもないときとが交錯するタイプかな。中性的だけれども自然体で作っていなさそうなところがいいです。加藤君のほうは、この作品では、文句なしのイケメンに撮影されていますね。タクミに向ける視線が真っ直ぐで、かなりカッコイイ!それこそ彼はドラマ「花ざかり・・・」にも出演していたのですが、全く印象に残ってなかっただけに(汗)、今回主役級でこれほど輝くのか、とビックリしました。


逆に齋藤ヤスカ君なぞは、出番は短く良さが出てな~い、残念。また、(特別出演らしい)バイオリンの天才、相葉弘樹君はまさに漫画から抜け出たような人だなあ、という印象。BLの古典のような作品ですが、「タクミくんシリーズ」と銘打ってるので、第二弾が発売されないか、と楽しみにしております。


miyabi2013.hatenablog.com