読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

新星ぞくぞく

フィギュアスケート

全日本フィギュアスケート選手権が終わりました。フィギュアの放送が多いのは嬉しいけれど、競技そのものよりそれ以外の部分が長く、なかなか見終わらなくて大変でした。真央ちゃんの2連覇は、貫禄だな、と思いましたが(最近は、綺麗になったな〜と見惚れることが多いです。)、1番印象に残ったのは、鈴木明子さんの演技。


いやあ、素晴らしかった・・・。久しぶりに心に訴えかけてくる表現力に圧倒されてしまいました。昨年くらいから、病気を克服して復活された選手、という紹介は覚えていたのですが、妖しいほど魅惑的な瞳&大人の完成されたスケートを見せてくれて、「スケートってこんなに芸術性が高いスポーツなんだ。」と、感動させられました。


恐らく数年経っても、今回の彼女の演技は忘れられない、と思います。1点を争う競技である以上、シビアに結果は出てしまいますが、空気を震わす演技、ていうのはありますよね。彼女の全身から発散されていた「気」が、画面を通して伝播してきました。ショーのタンゴのほうもこれまた圧倒的でした。


どうしても、若くて体力も筋力も優れてる選手が有利ですし、日本では、若手にスポットが当たることが多いので、中堅・ベテラン勢はなかなか大変だと思うのです。今の日本のフィギュアスケートに何が欠けてるか、ということまで鈴木さんの渾身の演技で実感させられました。僅差(4位入賞)で世界選手権代表にならなかったのが残念です。その分、4大陸選手権に期待します!


男子は、ジュニアに上がったばっかりの14歳の羽生結弦君が8位ということで頑張ってくれたのですが、女子に比べて全然取り上げてもらえず悲しかったです。ショーのほうも、30秒くらいのカットバージョン(涙)。可愛い村上佳菜子ちゃんの半分でもいいから映って欲しかったなあ。でも羽生君、ハニカミ笑顔が負けずにラブリーでした。


その昔、某J事務所(笑)もスケート界に進出すればいいのに・・・と本気で思ったことがあるのですが、今の若い男子選手達はルックスもなかなかのもん、ですね。ベテラン?になりつつある、織田君も無事復活してくれて*1小塚君や無良君も順調に育っていってるので、世界選手権で何か掴んできてくれたらいいな、と。


そうそう、自分の結果よりも「オリンピック出場枠3枠確保」を目標に上げた小塚君にはちょっと胸キュン(笑)でした。

*1:まだ表情が硬いのと、昔のようなノビノビした演技があまり見られないのが寂しいですが。