雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

百恵&友和2世デビュー

28日のエンタメニュースにびっくりなニュースが出ていました。あの山口百恵さんと三浦友和さんの長男、祐太朗くんのまさかの芸能界デビューの報。

 俳優の三浦友和(56)と元歌手、女優で妻の山口百恵さん(49)の長男・祐太朗(24)が4人組ロックバンド「Peaky SALT(ピーキーソルト)」のボーカル・ユウとしてデビューしていたことが分かった。11月26日にデビューシングル「イトシセツナナミダ」をリリース。いきなりハウス食品のCMソングにも採用される大抜てきで、芸能界での第一歩を踏み出した。

     〜以上、「スポーツ報知」より引用〜


2世タレントも珍しくない昨今ですが、出てきても役者じゃないか、と思っていただけにバンドのボーカル、とは驚きでした。「あの赤ちゃんが・・・大きくなって・・・」と親戚のおばちゃんのような心境になってしまうのは、私が子供の頃、猛烈な山口百恵ファンだったからかもしれません。


百恵ちゃんが引退した時が21歳で、その年齢よりも上でのデビューで、写真を見る限り、ルックスは親子の遺伝子を色濃く引き継いでいるようですが、若き日の吉田拓郎さんみたいですね。歌声は(Youtubeで聴きました)当然ながら両親と全く”別モノ”と言った感じです。少し鼻にかかったような友和さんの甘い歌声とも違って、ちょっと'70年代フォークみたいな懐かしい感じ。


ああいう不世出のスターの息子に生まれてしまったら、なかなかカタギの仕事に就くのは難しいでしょうし、血が騒ぐってこともあるのでしょうが、なんか苦労しそうだなあ〜と、ヒトゴトながら思ってしまいます。芸能界の大御所スター達のほとんどが「お母さん、知ってるよ!凄かったよね!」なんて感じなんですもんね。


まだ少女だった私が「熱烈に愛した女性」が、山口百恵という歌手であり、未だ彼女を凌ぐ”歌手”には出会っておりません。そして、ハマる女性のタイプとして、ルーツを探るとやっぱり百恵ちゃんに通じてしまう、くらい強い影響を受けた人でもあります。語りだすと百恵信者と化してしまうので(笑)、いずれ別項で書こうかな、と。


息子さんとはいえ、別の人格を持った別のボーカリスト。どうせなら、ビジュアル系で出て欲しかった(シュミの世界ですいません)なんて思ったりしますが、女泣かせのドラ息子?とかでなさそうなのは、良かったかな。いずれ次男もまた出てきたりするのかな・・・。なんか、ますます歳取った気分になります。