読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

『天地人』 そろそろ中盤

TV

昨日の『天地人』は、久しぶりにヒット!でした。先週、期待していたのにあまりに呆気なく、本能寺の変でおかくれあそばしてしまった(汗)吉川信長公に変わって、秀吉&三成コンビが登場。小栗旬君の演じる石田三成クールビューティぶりにノックアウト!


いっつもめいっぱい一生懸命な直江兼続に向かって「でしゃばりすぎ」「阿呆」「田舎モノ」と言いたい放題の毒舌ぶりに、スカッとしてしまって(ごめんね妻夫木君!)ウケまくってました。この二人が後日、親友になっていくのが楽しみです。また、愛想なしの仏頂面で通してる北村景勝殿も、秀吉にちょっかい出されまくりでどうなることやらと我がことのようにハラハラしました。老練な秀吉と、不器用な景勝の対照ぶりがしっかり出てました。


おせんと兼続、兼続と景勝、更には三成と兼続といった”人間関係の機微”については、女性作家さんの強みを感じ、なかなか楽しく見せてくれるなあ、と感心します。一方でこれが”合戦”とか国獲りの話になると途端に説明調&単調になって、消化不良・・・面白味が出ない感じで、その落差が激しいなあ、と思うこの頃です。


さらに2,3名の演出家が交代で大河ドラマを担当してるのですが、どなたとは申しませんが、ちょっと演出がマニアックすぎて空周りしてるのも気になります。変にナナメからカメラを入れてみたり、画面を揺らして不安定感を漂わせたり、照明を落として演劇風にしてみたり、残念ながら”単なる悪趣味”に見えてるだけで、その方の時はチャンネルを変えたくなるほどヒドイ。


「天地人」はちょっと他に比べて実験的要素が強すぎるのか、1話ごとに差が激しくて同じドラマを見てる気がしないのが悩みですね。面白い時は面白いのに、惜しいな、という感じです。まだまだ見たい登場人物がこれから増えていくと思うので、最後までちゃんと見ようとは思いますが。そうそう、常盤ちゃん(おせん)は、どうしていつも顔がテカってるだろう?という素朴な疑問もありました(笑)。

【こんなところで再会】


昨夜の「秀吉の罠」という回では、思わぬ役者がちょい役で出てきてビックリ。秀吉よりの使者で、元劇団スタジオライフの寺岡哲君が登場したのです。退団して1年あまり?というところで、とっくにカタギになっていたのか、と勝手に思っていたのですが、実は地道に役者業を続けているらしい・・・という噂は本当だったんだ、と実感。


最初は、廊下を歩いてる全身ショットがチラッと見え、次に背中から聞き覚えのある声と独特の滑舌(カツゼツ)で、ピーンときちゃいました。名も無い端役ですから、誰か知り合いのツテかなんかでちょっとお声がかかったのかもしれませんが、思わぬところで再会して、懐かしさを覚えました。


テレビだけで見た役者とか、たまーにメジャーな舞台で1,2度見てる程度の役者よりも、数年間通い続けた劇団の芝居に出演していた舞台役者ってのは特別な思い入れがあるものです。たとえ特別なファンでなくても、どんなに小さな役どころであっても、無意識のうちに自分の思い出と一体になってるんだな〜と実感しました。こういうサプライズは、面白いのでまたあるといいな、なんて。