読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

海外ファンによるJasmine You追悼、哀しみは海を越えて

Versailles

今月初めのJasmine You死去から随分、日が経って次第に落ち着いてきました。当初は、胸にポッカリ穴が開いたような空虚な気持ち、混乱、言葉にできない怒りのようなものが代わる代わる襲ってきて心穏やかな気分にはなれなかったのですが、今、少し冷静さを取り戻し、やはり「彼の死」という負の現実だけでなく、彼が残した様々なプレゼントを大事にしなきゃいけない、と前向きになってきています。


日本にいる沢山のVersaillesファンは、ショックで心を痛めていて、まだ立ち直ることができない人も多いと思いますが、一足先に海外のファンが、遠く離れた地にて自分達にできる追悼式をささやかにやっている様子を知りました。また、いくつかジャスミンさんの死を伝えるニュースやメッセージも、世界を駆け巡ってることも実感し、ある種の驚きと小さな感動を受けたので紹介したいと思います。

(1)アニメUSA


毎年恒例のアメリカで行われるアニメの大イベント、アニメUSA。今年も11月に開催*1が決まってますが、サイトのトップページに赤字でジャスミンに関する報道があります。昨年、Versaillesがゲストに招かれ、いろいろとハプニング*2があって大変だったというイベント(→id:sugiee:20081012)ですが、それでもちゃんとニュースを伝えてくれたことに感動しました。

◆アニメUSA公式サイト:Anime USA 2013! September 13-15, Washington Marriott Wardman Park

(2)Tainted Reality


Tainted Realityは、Versaillesのアメリカ公演での公式イベンターです。まずトップページにジャスミンのドアップ写真を置いてくれてます。死を知ってすぐにこのサイトを訪問したとき、胸にグッときてしまいました。更に今月22日に追悼企画を立ち上げてくれたようです。

◆米イベンターサイト:

Additional Jasmine You Vigil In Seattle
August 20, 2009
There will be an additional vigil for Jasmine You in Seattle, Washington on August 22nd. The vigil will begin at Kinokuniya Bookstore at 7:30pm, then relocate to Kobe Terrace Park. Fans are encouraged to wear purple and/or black formal/elegant clothing, and to bring roses and photos of Jasmine. The address for Kinokuniya is 525 S Weller St. Seattle, WA 98104-3899.
Filed under: News — Roger 11:10 am  


上の英語文の中に「Vigil」という耳慣れない単語があり、調べてみたところ、「(祈りのための)徹夜」(by Yahoo辞書)ということだそうです。要約すると、ワシントン州シアトルにて8月22日午後7:30に、紀伊国屋書店でこの徹夜イベントは開催され、ファンは紫か黒のフォーマルを身につけ、薔薇やジャスミンさんの写真を持ち寄って参加するように、という呼びかけです。


アニメなどのイベントでも、こういった集まりはあるかもしれませんが、ちゃんと服装も指定しての”葬列”であることを意味してることにビックリしました。何事も、大々的な式典になりがちな日本と違って、故人を偲ぶことについて、何の躊躇もなく積極的に動き出せる文化というのが、こんなにも素敵なのだ、と感動を覚えました。遠くに離れているから何もできないのではなく、何かできることから始める、という発想なんですよね。


尚、同じ”vigil”イベントは、同22日ロサンジェルスとニューヨークでも行われたようです。世界は、狭くなったような気がします。


(3)モスクワでのファン追悼集会


動画のタイトルを見た時に「これってロシア語じゃないかしら?まさか!?」と驚いたのですが、本当にモスクワにファンが集まってジャスミンのために紫色の風船を飛ばしてくれたようです。それも20ヶ国から外国人ファンが集まったという信じられないような話です。(Russian J-rock Convent 2009というイベントが開催されていた日だったとか。)


ちょっとした編集もされていて、静かだけれども思いの伝わる良い映像だと思いました。そしてこれを見た時、ジワリと涙が・・・。人々のピュアで真剣な想いは、ただそれだけで尊く美しいのだ、と感じさせられました。もちろん、日本でも沢山のファンの方がそれぞれに自分達の追悼会や祈りを捧げたと思います。その気持ちがあれば、私達はどんな時でも前へ進めるし、迷った時はその事を思い出せるのではないかな、なんて思う今日この頃です。


モスクワ集会に対するファンの説明:
The page was not found!

*1:今年のゲストは、kayaちゃま!

*2:器材トラブルから開演時間が深夜となり、その後ネット内でVersaillesに対する観客の不満が増大。アニメUSA側から我々の落ち度でバンドは最善を尽くしてくれた、と弁解した上で正式謝罪コメントが掲載された。