読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

Versailles World Tour 2010“Method of Inheritance”@仙台darwin

Versailles

今年初めて、そして私にとっても丸1年ぶりのライブとなったVersailles。私の悪い癖で目の前のものにすぐに盛り上がって1点主義になってしまうので、アルバム発売当時以来、Versaillesさんを完全放置しておりました(汗)。それ以外にも精神的に追い詰められた期間があって、ちょっと前にようやく一息つけたところだったので、どうしても気持ちが彼らの音楽に向かいませんでした。ライブにも行けるかどうかやきもき状態だったし。


めちゃくちゃテンションが低い状態で、ライブ会場前のdarwinへ到着。仙台随一の目抜き通りのアーケード街に黒い一団が並んでて、「うわっちゃ、恥かしい(汗)」と一瞬ひるんでしまいました。地方都市では、こんな黒系の異様な一団は悪目立ちするのです。しかも2階に目をやればファミレス。真っ当な(?)人々が「これ何の列ですか?」とスタッフのお兄ちゃんに聞いてるし・・・。ああ、知り合いに会いませんように、て願ってしまいました。


ただ会場に入る前から、なんか今までとちょっと違う雰囲気を感じました。常連やバンギャさんばっかだったファン層に、いかにも”初めまして”っぽいファンがのどかに参戦しており、「(近隣の)○○県からやってきました!」と挨拶しあうような”ほんわかムード”があったからです。会場内も広くて、いつものすし詰め状態でなく、空間に余裕がありました。それが心の余裕にも繋がって、全体的に全く違うバンドのライブに来たような錯覚に陥るほど平和ムードで。


そしてこのライブハウス、こんな目抜き通りにありながら全く知らなかったのは、結構新しいハコだからのようです。さもありなん、トイレも綺麗でライブハウス特有の暗くて陰鬱な雰囲気がない。何より横長のステージが程好い広さ高さで見通しが良く、音響が素晴らしかった!ライブハウスでこんなに音がクリアってあり?!ってビックリしたほど。おかげで”音のキレと通り”が良すぎて、一晩寝たけどまだ耳が難聴っぽくなってしまってます。

【ライブ情景 ゆるメモ(前半)】


相変わらずゆるゆるのライブメモを。ゴージャスな衣装でメンバーが登場。メンバーの上半身までしっかり見えて感動。スタンドマイクにつけられた薔薇が綺麗に映えてます。*1ライティングが美しくて、小ホール並の贅沢な空間に心の中で歓呼!ギター隊の指の動きも、YUKI君のドラミングまで(胸上ですが)頑張れば目で追える!


オープニングは、「God Palace♪」。律儀にアルバム一曲目からのスタートなんだ〜と思いつつも、今までと違って新鮮。KAMIJOの「美しく〜」の連呼に、「やっぱビジュアル系って音楽も恥かしいわ。」と実感しつつ、「これだから楽しいのよ」と思ってしまう瞬間。2曲目に「PRINCE♪」だったかな。てっきりニューアルバムからの1曲だと思い込んでて、馴染みの曲じゃん(笑)って。


すかさず「The Red Carpet Day♪」。まさかこんな始めに盛り上げ曲を持ってくるとは思わず、常連ファンから「え、もうやるの?」という戸惑いの声が出たほど。その後は、ニューアルバムの曲が続いたと思います。どれがどれだか曲名覚えてないので・・・(おいおい)。どうしても新しい曲は、”のどかでポップ”なんで、盛り上がるのは難しいんですよね。私はお綺麗で逆に好きなんですけど、ファンはどっちつかずでややノリにくい感じ。


ま、ここは仙台なので(笑)、最初っからガンガン派手にノルようなことはしないです。いややりたくてもできないんですよ、シャイな土地柄ですし。こういう戸惑い半分&様子伺いの静けさから、盛り上げていくのがプロの務めよね、って言ってみる。1年前のライブは、地元組が少なかったのか最初っからやけに熱くて、逆に違和感あったくらいでした。


KAMIJOも「会いたかったぜ、牛タンギャル!」なんて不思議アオリしていましたが、いつもみたいに必死じゃなくて、「よーし!いっちょやってやるか」的ないたずらっ子表情になってました。私的には、ギター2人が良く見えて、うまくいけば弦プレイまで目に入る贅沢な場所にいたので、どこを見ていいのやら・・・と目のやり場に困ってしまうほどでした。


KAMIJOとはやたらと目が合うし(たぶんアンパンマンみたいな丸い顔が終始気持ち悪いくらい笑っていたので、目に入ってしまったのでしょう。)、目をそらすのが悪い感じで。一方で、やっぱりHIZAKI好きなんだなあ、彼が美しく舞って、パワフルなギター演奏とガン飛ばしながら弾いてる姿を見るとカタルシス・・・。


”姫”しぐさは、どの曲もあますことなく全編やってて、ものすごくツボでした。「昔、鏡の前で練習した。」というだけあって、これ誰にでもできる芸当ではないです。見ていて恥かしくないほどに完成されていて、ちゃんと超絶ギターも弾いてるわけですから。


話がそれちゃいましたが、ところどころ昔の馴染みの曲を入れて盛り下がらないようにしていました。「Amorphous♪」では、黒の曲間にツーネックギターが登場(スタンドに固定)して、HIZAKIが音色の違うギターを弾いていたのが印象的。いろんなことができるんだなあ、なんかプロっぽ〜い(笑)。


前半のMC。「随分待たせてしまったけれど、オレ達の仙台でのデビューライブだ。」え、そうだっけ?とやや怪訝なムードが漂いました。私自身、仙台でVersaillesに会うのは4回目です。しかし、メジャーデビューしたからは確かに初めてなんだなあ、と改めて気付いた瞬間でした。


次の短いMCには、「トリプルアクセルに挑戦したけどダメだった。ダブルが限界だ。」などとフィギュアスケートにかけたネタを喋るKAMIJO。いやあ、相変わらず唐突なネタふりです。その後、何かの曲で確かにクルクルっと華麗に廻る姿を発見。ダンスやってたこともあるのか?キミは。


KAMIJOが引っ込んで、「Silent KNIGHT♪Reminiscene♪〜ドラムソロ」と、楽器隊の見せ場が続き、これがとても楽しかったです。特にTERU君がどセンターのアンプに乗っかって気持ちよく(曲も最高にスピリチュアルで音のシャワーという感じ)ギターを弾き鳴らしている姿は贅沢な瞬間で。「TERUちゃん、LOVE」心の中でまた呟く。

【ライブ情景 ゆるメモ(後半)】


Catharsis♪」のイントロが流れると、再びメンバーの登場。赤いサテン地の布を持って”ペルシャ広場の踊り子”風に現れしHIZAKI。黒の上着を脱ぎ、身軽なスケスケ黒ブラウスをさらしてKAMIJOがまたエロくてヨダレが・・・(笑)。あのマントの下は、こんなスケスケだったのね。たぶんまた薔薇を編みこんでいるんじゃないかと想像しながら、ミュージカル風演出で楽しみました。間奏では、Kayaちゃまのコーラスを耳を凝らして聞きつつも。


確か「月下香♪」だったと思うのですが、サビで”振り”を披露するKAMIJOに目が点、となりました。それがとってもKayaちゃまぽいいかにもな”お手振り”だったので、あらあらまあまあ、と。何か吹っ切れたのかしらん。とても真剣な表情でやっててファンにも一緒にやってもらいたそうな目をしていたので、ちょっと困っちゃったり。


MCでは、「ボンジュール、ハニー!」を2回繰り返してました。そのスケスケ着て言われると、とってもハマッテて可笑しくてなりません。更に、必殺技は続きます。「キミ達にとって僕は何?・・・(会場、笑)・・・ボクはキミ達の”おもちゃ”だ。」(会場、爆笑)と微笑を浮かべながら吐息交じりに呟く、謎のKAMIJO節に会場が2℃ほどヒートアップし、一気に怒涛の後半へ。


「オマエ達も鎖骨を出して・・・」で始まった「Shout & Bites♪」は、こんなにカッコよかったんだ、と今更ながら驚きましたね。こうやって馴染みの曲にも再発見があるものです。鐘がなって教会風イントロの「PRINCESS」は、メンバーが拝むポーズ。そんなところまで「女の子で〜す」なHIZAKIの拝みが、目に入ってきます。


ラストは「SELENADE♪」。やっぱりナマでも美しくて綺麗で、切ないバラードでした。でも、PVで見た時よりも、切なく痛ましくはありませんでした。Jasmineさんはいなくても、曲に溶け込んで、確かにメンバーと共にいる、という実感があったからかもしれません。でなきゃ、彼らはここまで生き生きして満たされた表情で演奏していないはず。彼がプレゼントしてくれた素敵なひとときでした。


アンコールでの1番の驚きは、「ASCENDEAD MASTER♪」。PVで散々見ているのに、ナマで聞いたら、めちゃくちゃよろしくって感動を覚えました。そしてサビでのKAMIJOの”振り”がまた炸裂。ASCENDEADがよもやこんなことになっていようとは〜ツユ知らず、目を疑いましたよ。お茶目すぎる。ライブ限定バージョンなのかしら、是非このステキすぎる振りをビデオ映像に残して欲しいものです。


The Revenant Choir♪」では、「On BASE Jasmine You」が無く、胸に手を当ててるKAMIJO。その間がさすがに切ない。その分、「Versailles スーパーギタリスト、HIZAKI!」とHIZAKIへの修飾語は増えてました。


最後の挨拶、「金沢のライブから少し空いちゃったけど、楽しいライブでした。このDarwinは、オレ達にとって初めてのライブハウスでしたが、とてもやりやすかったです。」メンバー紹介で、YUKI、TERU、HIZAKI、KAMIJO(客席にマイクを向けて)Jasmine You!皆で手を繋いでジャンプの掛け声。客席でも列毎に隣の人と手を繋ぎました。


「スタッフもやれ〜!」と鬼の注文をするKAMIJOが、ジャンプが終わると即「スタッフの皆さん、ありがとう」と低姿勢に戻るところがなんだかこのバンドらしかったなあ。黒一色のサポートべースのmasashiさんもせっかくだから別な形で紹介してあげればいいのに、とちょっと思いました。

◆超うる覚えなセットリスト

God Palace
PRINCE
The Red Carpet Day

Rosen Schwart/愛と悲しみのノクターン/Amorphous(順不明)

SILENT KNIGHT
Reminiscene
(ドラムソロ)
Catharsis

月下香/Zombie/PRINCESS/Shout & Bites(順不明)

SELENADE

アンコール1
 ASCENDEAD MASTER
 Aristocrat's Symphony

アンコール2
 Sympathia(?)
 The Revenant Choir

※漏れてる曲も多数あります。

Versaillesってこんなに格好良かったっけ?】


そんなこんなで笑い有りの楽しいライブでしたが、後半はもう文句ナシの盛り上がりでライブのお手本のような最高のボルテージでした。過去のライブには、盛り上げにやや”無理やり感”があったものの、今回は全てがグレイトでした。雲ひとつ無い、澄み渡った夜の空気のよう。心から幸福感で満たされて、今なお余韻が残ってます。Jasmine Youの死で絶望の淵に立たされたメンバーが、まさかここまで立ち直ってくるとは思わず、Versaillesの底力にも恐れ入りました。


昔と何かが違うのは間違いありません。以前と違うのは、何かメンバー(特にKAMIJO)が素直になった気がするところかな。「JUBILEE」を聞いた時も感じましたが、「何が何でもオレたちやってやるぜ、見てろよ!」という気負いやガチガチに固めた野心が姿をひそめて、もっと素の心をさらけ出している。ステージに立てることの”当たり前の幸せ”に包まれている、心からの笑顔を感じたから。見ててこちらも幸せに包まれました。


始まる前は恐々だったのですが、こんなライブならもっと見たい!!ワールドツアーのDVDが出てくれたら嬉しいです。この半年間の鬱憤しまくりの日々が解放された一瞬でした。ライブに行くことだけに集中しているあまり、ローズライトを忘れてしまうという失態だけが心残り。次は絶対リベンジせにゃ。

*1:ドラムセットの薔薇はなかったようで、少し寂しかったですね。