雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

なるほど、だから『純情』なのね

やたらと自然体なBL作品

DVDパッケージの写真がいかにもB級作品を思わせる映りで、手に取るのをやめそうになるほどでしたが、いざ期待もせずに見てみたら、ちょっと新鮮で全然楽しめた、というのが『純情』です。高校時代に主人公戸崎が片思いしていたスポーツマンな同級生男子・倉田に、偶然再会した*1ところから始まり、”思い通りにならない恋”に悩む二人をテーマにした作品。


物語は超シンプルでどぎついラブシーンもあまりなく、肩透かしをくらわされそうなのに、それがまた良い持ち味となって、「青・春・時代~♪」と歌いたくなるような爽快感すらあったりするのは、単にラストシーンが開放感があって気持ち良いからでしょうか。実は結構、男2人の愛情関係がグチグチしてて、ハッキリしないわけです。これが男女の恋愛モノだったら、「くだらん!勝手にすれば。」と途中で見るのをやめようと思ったかもしれません。


ドSチックに戸崎を振り回して、いつも勝手にドロンする倉田が、自分の本当の想いを言葉にせずにいるため、戸崎がアタフタさせられるという一方的な流れが進行していきます。相思相愛なのに空回りする男2人。さらに”お決まり”の第3の男、戸崎の上司であり元カレの宮田が現れて、嫉妬に心かき乱される倉田。


今回も少数先鋭(単に低予算作のためでしょうが)で、じっくり丁寧すぎる物語はこびでなんとなく最後まで見せられてしまいました。『愛の言霊』で名を馳せた金田敬監督だけあって、生活の中にありふれているようなボーイズラブを描いてます。大事件は起こらない、微妙な”心のひだ”だけでここまで没入させる、というのはやっぱり天才肌の監督なのかもしれません。

【単純に主人公2人が素敵】


最初に書いたDVDパッケージですが、これアングルがめちゃくちゃ悪い。主人公2人ともかなりのイケメンなのに、どうみても”売れない芸人”みたいなこの写真どうよ、って。それが一番ブーイングどころです。戸崎役の栩原楽人君は、イヤミのない自然な表情で小動物的なラブリーさがあります。たとえノンケ男子を誘っても「もしかしたら・・・」と思わせるくらいの愛されキャラが光ってて、なかなかの上玉のイケメン君(笑)。演技も自然でわざとらしさが感じられません。


一方、感情を口に出さずに勝手に怒ったり、素直になれない倉田役に高橋優太くん。BL作品では、3度目の逢瀬ですね。それだけ起用されるっていうのは、なにか他の人にはない魅力が彼にはあるからなのでしょう。「朴訥とした佇まい」みたいなものかな。高校生役が多いのですが、確かにこういうタイプの男の子いそうだな、というリアル感を彼には感じます。


たとえ水色のブレザーとか着ていて、はかなく夭折しようとも(タクミくんシリーズ)、プールサイドでキスしようとしていても(体育館ベイビー)、なんか不思議とハマってしまう自然さ。あまり笑顔を見せない、無口&無表情な感じがカッコよく見えてくるからよろしいのでしょうね。思いつめたような熱い眼差しがたまりません。確かに彼が出てくると、ふっと虚構の中にリアルが出ますね。


ちょっかい出したいのか、2人の仲を微妙に邪魔する宮田先輩役に、篠田光亮さん。何度見ても、メガネ姿が向○理さんを思わせる・・・(笑)。軽いタッチのBLものにありがちな、「で、結局アナタは何をしに出てきたの?」的な存在に終始していたのがやや残念。栩原君もやや年上と絡むほうが、色っぽさが出ていただけに、個人的にはもっとガッツリやって欲しかったなあ(←個人的シュミですいません)。

【がんばれ!金田監督】


ボーナス映像で俳優陣参加のトークショーを見ると、あまり客席の腐女子向け発言とかなくて、かえって好感を持ててしまいました。やりすぎるとだんだん「どうせ営業でしょ、キミタチ。」って感じにもなってくるんでこの兼ね合いが難しい。それから、背の低い坊主頭の金田監督が出てきた時、「これもまた彼が作った作品なのかあ」と商業的BL作品を撮り続けている監督はどうなんだろう、と素朴な疑問がわきました。


2匹目のドジョウどころか、もう4匹目でしょうか(笑)。嫌だったら録らないわよね。時間・費用・参加者数などいっぱい制約がある中で、非現実な世界観を築きながらも見る人にリアルに感情移入させる・・・という試みを成功させ、それなりに満足を覚えているような表情を見せていたのが嬉しかったです。


BL作品を録っているのもピンク映画やAV作品を録っているのも、非主流という意味では似たようなものかもしれません。ただ、歴史も浅くピンク映画ほど歴史も裾野も広くないので、同業者や批評家達にはあまり理解されていないでしょうね・・・。私からするとどっこいどっこいな感じなんですけど。ともかくも、BLという異文化を”理解しきっている”というわけではなさそうな金田監督が、なんとなく本能で組み立てて、自然に作り上げてしまう手腕にまたもや感服してしまったのです。


もしこのまま録り続けたら、いつかBL界の是枝監督*2になっていったりして・・・(笑)。


純情 [DVD]

純情 [DVD]

ネックは、このジャケットなんですよね。目をつぶってなければ、いいのかも。この写真では、作品の良さも消えちゃいます。

*1:こういう設定はかなりの定番ですが

*2:現代日本映画の巨匠の一人。代表作に「誰も知らない」など