雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

次回作 「カリオストロ伯爵夫人」優先予約開始

新作だけど全然盛り上がらず・・・

つい先日のこと、劇団スタジオライフのFCより恒例の優先予約案内が届きました。つい「歌える役者は、どのくらい出るのだろうか?」の疑問を抱いてしまう、新作・音楽劇「カリオストロ伯爵夫人」。カリオストロと聞いて、”カリオストロの城”という某人気アニメの代表作(未見ですが)を思い浮かべる人と変わらず、私もその程度の認知度に過ぎません。


小学校の図書室でルパンシリーズに胸をときめかし、作者モーリス・ルブランと耳にするだけでなんとなくジンワリと胸の芯のほうが熱くなった、マセガキだった私をふと思い返します。しかし、原作のほうは、盗賊となる前のルパンが青年時代の頃のお話だそうで、これまたふと途方に暮れてしまいました。


ま、なんかよう分からない、ということは「新鮮味があって楽しいかも?!」と思うことにしてますが、配役はやっぱり若手中心となるような雰囲気です。トリプルキャストのEチームは≪主役がX≫と開幕まで未発表という懲りよう。というか、逆に言うとそのくらいしか目玉がないのかな・・・とも思えたり。


一瞬、我がご贔屓の「あの方か?」と思ったけれど、今はそれは無しかな、と冷静に否定してしまうのが悲しい。最近抜擢の多い、堀川君あたりで妥当かなあ、と予想しています。若いルパン、まずそれ自体のイメージがわかないので、逆に誰がやっても違和感は少ないのですが、かといって小柄すぎる役者だとなんか違う、感じもします。


なんか良くも悪くも「天守物語」みたいにならないといいのですが・・・。