読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

美容院選びの失敗談

家を出る時間が迫っていたのに、行きつけの美容院が休みらしく電話が通じなかったため、美容院をネットで5分で探して行ってきました。初回半額という値段に釣られて訪問し、その結果、犯しがちな失敗をしてしまいました。


そこはイマドキの若者向けらしい「クール?」っぽい調度品を揃え、外から見ただけでは「ここ美容室?」と訝しく思うような薄っぺらい作りとなってました。入口を入ると、化粧が派手なオネエちゃんがバタバタとせわしく動き回り、受付と連絡係を務めてます。彼女達は綺麗な制服に身をつつみ、膝をついてのお出迎えはまるでキャバ嬢か?という状態。


そもそも応対そのものが、礼儀正しさと接客マナーをどこかではき違えている感じもしますし、カットする人、シャンプーする人、カラーする人、と徹底した(?)分業体制をとるための潤滑油となる役割のはずが、どうも見かけ倒しのイメージ。一番重要な個人客の美容への要望が中途半端にしか通じていないようです。


カットとカラーで凡そ3時間。いつもの行きつけのお店なら2時間もあれば十分なのですが、この間、担当が中途半端に入れ替わり、放置される時間も多く、唐突に待たされる時間が生じてしまいます。美容師のレベルに応じて金額がプラスになる料金体制ですが、見たところ、技術的にトップクラスの美容師はほんの数名で、残りは修行中の安くてレベルの低いスタッフがゾロゾロ。


液垂れなどの初歩的な失敗をする、客にぶつかって謝りもしない、(客が席を移動した際に)眼鏡などの個人的な貴重品を持ってくるのを忘れる、そんな出来事が続き、下っ端のスタッフについては、なんだかなあ~な残念な接待の連続。見かけがチャラチャラした恰好の美容師も多く、本当に技術で勝負してくれてるか?という謎も。


帰ってきて、ネットの口コミ情報を見たら悪評がいくつも出てきて「やっぱりな~」な感じ。思えばSEOにお金をかけて検索上位に持ってくるようなえげつない宣伝もしているのでしょう。書き込んでいる皆さん、目の付け所が全く一緒で、同じことを思っている人がかなりの数いる、ということが分かりました。先行きが想像できます。


私のヘアカットを担当してくれた美容師(たまたま予定外の交替で)は、確かになかなかの腕前だったのでなんとか我慢できましたが、帰りに半年間の有料チケットを買わされてしまい(断らなかった自分の馬鹿さを非常に後悔)、行かざるを得ない状況になってしまったという。まあ、でももう1回だけ行ってみて使えなかったら、オサラバよっと。