読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

2020年東京五輪決定!

日記

「東京五輪なんていらない」と決定直前まで思っていた私ですが、昨夜のIOC総会最終プレゼンは生中継を見てしまいました。高円宮久子様の格調高く素晴らしいスピーチと、義足の選手である佐藤真海さんの感動的なスピーチ、滝川クリステルさんの「おもてなし」など見どころある内容でついつい惹きつけられました。


福島汚染水対応への質問について、「完全にコントロールされている」と言い切った安倍首相の言葉には、正直言いすぎだろう、と思いましたが、あそこまで自信たっぷりに言い切るのだから、それなりの覚悟は持っていらっしゃるのだろう、と前向きに捉えることにします。


このプレゼンにあたって、日本人には難しい”アピールのためのスピーチ”を特訓した外国人コンサルタントの方もいたとか。心を伝えるスピーチの極意などを聞いていると、ためになることも多くありそうです。私も日頃、極度のアガリ症で、スピーチとか大の苦手なだけに参考にしたいと思いました。



「東京に決定した」という発表は、起床後9時過ぎに確認しビックリしましたが、招致に向けて懸命に頑張った方がいっぱいいたということで、祝福する気持ちも出てきました。元メダリストの有名選手も沢山ロビー活動していたようですね。やっぱりメダリストというのは、一瞬、世界の頂点に立ったというだけでなく、いろいろな責任も負うことになるのだなあ、と思いました。


ただいつまでも”お祭り気分”ではなく、7年後に向けて確実に準備をしていって欲しいです。東京だけでも老朽化しているインフラの問題もありますし、自然災害にも弱い大都市です。これからまた臨海地区の開発を考えているようですが、地震の際の液状化の不安もまだまだあります。7月と8月に行われる五輪に熱中症の問題も出てくるでしょう。


何よりも懸念材料の福島原発の汚染水問題があります。安倍首相は、解決を世界に高らかと宣伝したのですから、そこは責任を持って対応して欲しいです。これからは、国内のみならず、ますます世界の目が厳しく福島に注がれるはずです。逆に言えば、それらの課題を解決すれば、大手を振って、東京五輪をミーハーに見物(笑)できるはずです。