雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

BLでオドロキの純愛を描く 映画『セブンデイズ MONDAY→THURSDAY』

スクリーンに吸い込まれるような、ドキドキ感

急に東京行きが決まったチャンスを生かして、フラッと池袋に見に行った『セブンデイズ MONDAY→THURSDAY』。2015年度、最新ホヤホヤのBL映画です。タクミくんシリーズ以来の学園モノですが、予告の雰囲気がビミョーで、「主人公の2人もあまり好みの顔じゃないかな・・・。」という感じで、ほとんど期待せずに映画館に入りました。


ところがどっこい、ヤラレました。年甲斐もなく、脳髄がシビレるような快感。繊細なハートが揺れ動き、すれ違い、もどかしい、まさに恋愛映画の基本であるドキドキが止まらない展開の連続。スクリーンにクギ付けで、吸い込まれたまま、どっぷりハマるが、イイところで、つ・づ・く・・・うぎゃ~(涙)。そうだ、この作品、二部作なんだわ。


気になる後編は7月公開って、えげつないわ~。DVDが出るまで、悶々とせねばならぬとは。ぬ~う、こいつはなかなかの拷問ではないか。


テーマは「1週間限定の恋人」。女は外見重視が信条(?)、美形なのに見た目と性格のギャップが激しく、フラれ続ける篠弓弦(山田ジェームス武)高3。弓道部の後輩で、寄ってくる女子とは必ず付き合うが、必ず1週間の恋で終わる、芹生冬至廣瀬智紀)高1。


涼しい表情の裏に隠れた癒えない恋の痛手を抱える冬至、に「オレと付き合ってよ。」と声をかけた弓弦の一言から始まる、不思議で危なげなバランスの恋。不器用だけれど、少しずつ近づいていく心と心。キワドイ描写がほとんどなく、視線の交し合いとキスだけなのにドキドキ感が半端ない、という。

【主役2人の男子がとてつもなく綺麗に見えてくる】


橘紅緒さん原作、宝井理人さん作画の人気BLコミック*1を題材にしてますが、よくよく見たら、あの「タクミくんシリーズ」でお馴染みの横井監督&「どうしても触れたくない」の脚本家、高橋ナツコさんがタッグを組んだ作品とのこと。納得の味わいです。


横井さん流なのか、とにかく男の子達のドアップショットが異様に綺麗(笑)、目の保養も兼ねてなんでしょうが、まるで綺麗な女優さんでも撮るかのようにとても丁寧に、彼らの美しい一瞬一瞬を切り取るように見せてくれます。


弓弦役の山田君は、ちょっと無防備で、果たしてOKかNONか、どちらにもとれるような曖昧だけど目を引くような表情が多く、冬至役の廣瀬君は悩ましい表情をちょっとエロティックな味わいで舐めるように(笑)撮ってるのが印象的。


「あれ、この感情って何?」「どうしてオレ、こんなことで悩んでるの?」とお互いの心が、触れ合ったり離れたり、確かめ合って昇華するかと思えば、誤解やすれ違いによって果てしなく落ち込んだり。まあ、ピュアラブ、純愛の正攻法ですね。


女子からもモテモテマンの2人の男子が、「付き合ってる」という仮定で始まった恋が、どんどん真実に近づいていくのも見どころです。ストーリーは、BL(恋愛)でなくても”男同士の友情”の世界にも見られそうな疑似恋愛チックな関係からスタートするのですが、無理のない、実はよく練られた、ストーリー展開にスポッとハマっていきます。「これは原作がきっとかなり良いんだろうな」と知らなくても推察できますもの。


全く好みでない主役2人、と思ったのに、帰りにブロマイド買ってる私(笑)。山田君は、ジャニーズ系の甘さを残しつつも男らしい顔立ち。人懐っこい笑顔にしても、ちょっと怒ったような表情にしても、相手の懐にグッと入り込んでくる感じが、”行動が予想を裏切る弓弦”というキャラクターにピッタリに見えてきます。対する廣瀬君は、長いマツゲを最大限に生かした憂いを帯びた横顔が色っぽく、ついつい見とれてしまうような”表情美人”ぶりを見せます。


2人のイケメン男子が、放課後揃って階段を下りてくるところが、もう恋人同士にしか見えなくなる、ってなかなかすごい。それに女子を効果的に絡めて、作り手に都合の良いBL映画にしてないところも心憎い演出です。やっぱり、デキの良い本と、見せ方を心得たスタッフが揃うと、どんどんBL映画も磨かれていくという・・・恐るべき事実。


パンフレットは、7/4から発売とのことで、入手できず残念でなりません。できれば本編DVDは、前後編2枚組でお願いしたいなあ(すでにお買い上げを心に誓う)。このBLというキワモノ&マイナージャンル、ひそかに着実な進化を遂げてるのを目撃した1日でした。


◆イベントレポ&特集:廣瀬智紀 人気BL映画「セブンデイズ」後編へ「僕達の恋愛を味わって」 - News Lounge(ニュースラウンジ)


sumabo.jp
www.cinemacafe.net
www.animate.tv
www.animate.tv
 → 2人のピュアなインタビューにホッコリ。

【おまけ】まだまだBL映画公開予定が控えてますね。
BLマンガ、2014〜2015のアニメ化・実写化7作! - ITmedia eBook USER



もう定番になってるメイキングDVD。更にすでにジャンル別ベストセラー1位になってるのがまたイマドキっぽい(笑)。


miyabi2013.hatenablog.com

*1:原作は、後編の映画を見てから読もうと思います。