読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

改名騒動(1) 勃発!

Versailles

最近私の中でとみにヒートアップしてるVersailles。本日も日比谷野音、クリスマスイブイブの渋公ライブなど、ライブチケット入手に精を出していたのですが、何やらライブ中に重大発表があるとの予告がありまして、1日中気になっておりました。でも、きっと驚くけれどグッドニュースだと思っていたんですよね。。


まさか、デビュー1年ちょいで改名騒動が持ち上がるとは・・・(汗)。ネットを覗いているとアメリカに先に「Versailles」を商標登録しているグループがあったそうで、名前を変えなければ法的措置も辞さないとの通告があったとか。先程からちょこちょこ探してましたが、それらしいグループはまだ見つかりません。(火事場泥棒!?ってことじゃないといいんですけど。)


この話を聞いて、「あ、またか」と脳裏を過ぎった出来事がありました。その昔、全く同じ理由で「X」が「X−JAPAN」に改名したことがあったからです。まさに歴史は繰り返す・・・。この時は、(幻に終わったものの)世界進出の契約を結び、LAで派手に記者会見を開いた席上での改名発表でした。


アメリカでのバンドの活動のために、権利関係とか法律とかいろいろとクリアしなければいけない問題が多くて、バンド改名後も、リーダーのYOSHIKIは、英語のみならずアメリカの法律の勉強を死に物狂いでしていったという逸話も残ってます。(おかげで現在マネージメントに自信を持てる、とのこと。)


このX−JAPANという新バンド名を聞いたときは、ピンとこなくて「なんだか苦し紛れっぽいなあ〜」と思いましたが、幸いあまり大きな変化を感じなかったですし、Xのロゴの下に小さくJAPANと入ってるのも視覚的にはむしろカッコよく見えて問題なし。更にコンサートのSEでは、「エックス ジャパンジャパンジャパン」と連呼されるほど、語呂も良かった(笑)。

【さてどうなるのやら、新バンド名】


まだ結成してわずかとはいえ、Versaillesの場合もメンバーの皆さん、バンドを組んで夢を持って「これだ!!」と思ってつけた名前をそんな理由で変えなきゃならないのは、悔しいだろうし、納得いかないでしょうね。ただ、もしかしたら他方のVersaillesさんも「自分達がオリジナルだ。ふざけるな!」というプライドで言ってきたのかもしれない。


思いの外、早く海外に名が知れて、アメリカでの活動もトントン拍子に進んでしまい、挙句に本家(?)を脅かすほど人気が出てきてるせいなのかなあ、なんて思ったりもします。確かに、同じバンド名じゃ紛らわしいですもんね。これからは、海外も視野に入れてよっぽど珍しいか、絶対重ならない名前を探さないといけないわけだわ。


残念ながら、世界には日本人特有の「純朴さ」「お人よし」は通じない部分もあるし、今回の件も「ぬかったな」という部分も確かにあるわけで。


KAMIJO氏は今のところ、「一時的にバンド名を変える」と言ってますが、もし再び元に戻すにしてもそりゃあ大変さ(かなり手間とお金がかかるはず)ってことになるので、あまり大きく変更するのは避けたほうがいいのでしょうね。


初めは街の名前に拘るなら、
 ミラノ、ベネチア、ヨハネスブルク、ナスカ etc
とかくだらない名前を考えていたのですが、なんかピンとこない。


今と大差ないなら、
 Versailles5 → 戦隊ものみたい
 Versailles21 → 単に21世紀だから
 Versailles123 → ヴェルサイユ アンドゥトロワと読ませたい
 Versailles Rose → 「薔薇の末裔」にちなんでロゼを。でもワイン名みたい。いやベルばらか。


ウーム、やはりベタ過ぎてダメなようです。ま、私の場合、センスないことには自信ありますからね(笑)。これからいろいろとファンの皆さん、ユニークな名前を考えるでしょうね。うなるような上手いネーミングになったらいいものですが。はてさて災い転じて福となるよう祈るのみです。