雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

ドイツの子ども番組に出演したアンティック珈琲店

疲れるとチョコとか甘い食べ物が欲しくなるのと一緒で、仕事でしんどい毎日には、何も考えずにラブリーな音楽が欲しくなる、ようです。ここ数日、久しぶりにアンティック珈琲店のPVをYOUTUBEで見ておりました。


以前いくつかビジュアル系バンドをチェックした際に、本命バンド(Versailles)以外にそうそう気に入るバンドがなかったのですが、その中でも見た目がキュートでポップ、どちらかというとアイドルに近いバンド、アン・カフェがやはり目を引きました。「ニャッピー!」という彼らが生み出した挨拶語はいまでも苦手ですけどね・・・。


ボーカルのMIKU君の伸びやかなで鼻にかかったような歌声が、やっぱりしっくりくるのです。彼が時折、もっとアニメチックな歌い方をするときがあるのですが、それは故hideちゃんにもちょっと似ている気がしますね。分かりやすくストレートに響いてくる歌詞も好印象。年頃の女の子だったらキュンとしちゃうかも。


やっぱりバンドは、ボーカルが命ですね。ルックスが良くて上手いボーカルがイイのは当たり前ですが、直感で気に入るという相性というもの大事かもしれません。惜しむらくは、ギタリストのBOU君の脱退。彼が今でもギターにいたら、かなりお気に入りになっただろうな、このバンドは。BOU君の”モロ女の子”に見える容姿が堪らなかったです。


PVのお気に入り曲は、「スマイル一番イイ女♪」「覚醒ヒロイズム♪」「スノーシーン♪」、真のビジュアル系に近づいてきた?新曲の「アロマ♪」もなかなか気に入ってます。結局、少しハードなサウンドが好きかな。PV集が欲しいバンドです。

【ワールドツアー中】


現在、アンカフェはヨーロッパ〜南米〜北米をわたるワールドツアー真っ最中です。一昔前の日本のミュージシャンなら、現地にファンを連れていってたかだか1回のライブで「世界のステージに立ちました!」なんて誇らしく豪語していたものですが、そんな「ごまかし」めいたツアーじゃない。


あちこち海外で引きも切らないお誘いを受けて、「長いわ〜、このツアー(汗)。」とメンバーが里心を起こしつつも(?)各国を精力的に廻ってサイン会+ライブをちゃんとこなしてます。日本のマスコミで「世界進出!」なんて大騒ぎされることもなく、実に淡々と日程をこなしてるサマはむしろカッコいい。


そんな折、ドイツでテレビ番組に出演したということがブログに書いてあったので、探してみたら昨日アップされてました。収録してすぐオンエアだったようです。メンバーブログでは、「うたばん」みたいな番組、とありましたがスタジオに集まってるのは、無表情の子供(→緊張してるから?)やティーンエイジャー達、どうみても現地の子供向け番組にしか見えません。


KIKA」というのは子供チャンネルの略で、子供向け情報番組のようです。幾分場違いな感じですが、新曲「MY HEART LEAPS FOR 'C'♪」を元気に歌うアン・カフェは可愛かったです。カメラワークは、めちゃめちゃ酷かったのが残念。ギター&ベースはほとんど映らず、まるで3人しかいないみたいだし、バックからや演奏する手元のアップがたくさん。そんな映像より引きでもいいから、落ち着いて演奏してる姿を撮れ!って思ってしまうほど。


特にカメラは、ビジュアル系らしからぬ個性派な風貌のキーボード、ゆうき君へのアプローチがすごかった。素人目にも、なんか”もの珍しい人物”に見えるのでしょうか(いや分からなくもないが)。男女の司会者はやたらとハイテンションでドイツ語で喋り捲ってる。日本の「スーパースター」が「ズーッパスター」だったり、「DVD」が「デーファオデー」になってたりするのが「うわ、ドイツだわ〜」(苦笑)と思いました。


それにしても、トークのシーンなんかは司会二人が好き勝手騒いでて、日本のバラエティ番組に出演する外人タレントの困惑が、初めて実感できました。大変優等生な発言をしていたMIKU君のコメントはちゃんと通じたのでしょうか。サイン会の模様もビデオで流れましたが、コスプレをして集まったファンの少女達は、アキバ系コスプレイヤーにしか見えず、アン・カフェをネタに「若者の奇抜なサブカルチャー」を特集してる感じもしました。


日本でもその昔、Xの特集番組ではコスプレファンの子達をピックアップしていたことが毎度のことだったから、結局マスコミの興味の矛先って同じなんですね。純粋にビジュアル系なり音楽なりが理解されるにはまだまだ時間がかかるという気がします。日本では「オサレ系」と呼ばれてる流派ですけど、現地では正確な日本語で「お洒落系」って紹介してるのがミソ。それでも、少しずつ自然発生的なウェーブが起こってるのが感じられて興味深かったです。


いつかナマでアンカフェも見たいな。その前に明日のVersaillesのライブで、また盛り上がってこなくちゃ!



ビミョーな客層(笑)を前に、少々ためらいがちにハジケけているMIKU君が日本人らしくて可笑しい。でも、演奏はちゃんとしてますね(→本当に弾いてるわけではないのかな?)。

◇公式サイト:アンティック-珈琲店- OFFICIAL WEBSITE

◆関連サイト:
アンティック-珈琲店-、フィンランドで日本人初の快挙 → アンティック-珈琲店-、フィンランドで日本人初の快挙 | チケットぴあ[音楽 J-POP・ROCK]

【第7回】 「海外に進出する気なんてなかった……」 ビジュアル系バンド「アンティック-珈琲店-」が 欧州で大人気の理由(前編) - トレンド - 日経トレンディネット

ドイツの子供向けテレビ番組『KIKA』|海外コラム:ワーキングマザーのシゴト人生論 fromドイツ

ROCK AND READ 024

ROCK AND READ 024


最新号のROCK&READは、MIKUロングインタビュー!これは買い。やっぱ、キレイな”女顔”だなあ。ほうほう、昔はそういう子だったのか、と知ること多し、でした。


マグニャカルタ(DVD付)

マグニャカルタ(DVD付)


「スマイル一番〜」のPVが入ってるので、買ってしまいました。本当に歌詞がまっすぐ聴こえてきて、気持ち良いサウンドです。


スマイル一番 イイ♀

スマイル一番 イイ♀


やはりこれは名曲だと思います。若い子でなくても(笑)元気づけられます。