読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

火曜ドラマ「ジョーカー 許されざる捜査官」

TV 堺雅人

私が何度目かの堺雅人ブームに襲われてしまったきっかけは、やはり堺さんの主演ドラマが始まったためでしょう。昼は、いつも温和で頼りない”仏の伊達さん”、夜は悪を憎み、断罪されない犯人を闇に葬る(?)男、という二面性を持つ伊達刑事役。


幼少の頃、目の前で両親を殺された(冒頭からエグイシーンでした)トラウマを抱え、警察官になった男の物語。刑事モノではありますが、最初から犯人のメドはついてるし、己の犯した殺人に後悔もしないという”鬼畜系”なので、それを伊達が裏で始末する、というストーリーも結構ありがち、かも。


1話目を見ていて、期待した伊達の二面性(昼と夜の顔)の差異があまりなかったことに正直、軽く失望を覚えました。おそらく、堺さんの中では「伊達」という男の解釈が”正義の味方ではない”ということなんだろうな、と思っていました。自分も幼少の頃、両親を殺した男を刺した、という負い目があるから、そんな人間が偉そうに正義の味方気取りではいられるはずがない、と思ったのではないか、と。


ぴったりこの推測が当たったかどうかは分かりませんが、公式のインタビューを読んでみると、「(二面性があるからといって)別人のようにガラっと変えて演じることはしない。」と言っていたようなので、あながち見当はずれでもなさそうです。しかし、今夜の3話目は猛烈に面白かったですねえ。錦戸君扮する久遠に正体を見破られ、ドキドキしながらも「君とは組まない」と差し出された手を振りほどく姿は、これまでになく凛々しくて惚れ惚れしました。


口元は笑いを含んでいながらも目は冷たく光を放つ、そんなアクドイ、もとい(笑)、怖モテの堺さんが素敵で素敵で悶えまくりでした。そうそうこれがあるから、堺雅人ファンは止められません。何から何まで堺さんの出演作を追いかけるようなコアなファンにはなれませんが(→これ以上、深みにハマリたくないので)、彼の切れ味の鋭い演技を見ることは”極上の喜び”です。


錦戸君の久遠も伝家の宝刀!とばかりに、普段のニヘラ顔から一転、「ボク傷ついて苦しいの・・・誰か助けて。」(脚色あり)必殺涙目攻撃で熱演。いやあ、伊達さんが昔の自分を見出して、工藤をキツく抱きしめるんじゃないかと淡い期待(笑)をしてしまいましたが・・・もちろんそんなことはなく(やや残念)仲間に向かい入れるところまで。


このドラマ、すでに毎回の殺人事件をめぐっての犯人探しや推理はどうでも良く、伊達をめぐる人間模様と「濃い役者達のどっぷり濃い演技」を楽しむ、ことがメインとなってきてしまいます。どの人物も胡散臭くて、人を欺いてそうなのがたまりません。若手らしいまっすぐな演技で邁進しているちゃんくらいかな、罪がなさそうなのは。


それにしても堺雅人さん、顎が若干ぷくぷくしてて、笑い皺など寄ってますが、歳を忘れるほどの永遠の少年ぽさ、はすごい。トレードマークの微笑みは健在というかすでに天然記念物ばり、ブレのない正確かつ明瞭な台詞回しも相変わらず、どれをとっても唸りたくなるような見事さ、でハートを鷲掴みしてくれます。


最初に聞いたときは、「刑事ってどうなのよ?!」と思ったものですが、役者・堺雅人を堪能するには、職業がどうというのはあまり関係ないかもしれません。その演劇(映像)空間に彼がいて、己の持ち味、隠し味を存分に披露してくれていればそれでいいわけですね。来月発売の「ゴールデンスランバー」や素敵すぎてイチコロだった「ジェネラルルージュの凱旋」などももう一度見返したくなりました。


次に公開予定の時代劇「武士の家計簿」も、もちろん見ます。というか、これから数年の彼の出演作は目が離せそうにありません。いったいどれだけの引き出しを持っているのか、今後を楽しみに、もちろん伊達刑事のプライベートシーンも楽しみにドラマを見続けたいと思います。


ゴールデンスランバー [DVD]

ゴールデンスランバー [DVD]


今年の1月公開したばかりの主演作。地元仙台が舞台なので、馴染みの場所が映る度に興奮しました。エキストラ参加もしたかったなあ・・・(応募だけはしていたのですが)。情けないほど純朴な青柳役にチャレンジしていた堺さん。ちょっと可哀想すぎな主人公でした。


南極料理人 [DVD]

南極料理人 [DVD]


やっと数日前に見られました!淡々とした普通の男、西村役。ダメ夫、ダメお父さんぶりが超キュートでした。料理してる姿まで几帳面そうで、かつ、どんな時でも笑みをたたえてる。マイペース過ぎる個性派役者の中で、時折、困ったような表情を見せる姿がラブリーでした。


ジェネラル・ルージュの凱旋 [DVD]

ジェネラル・ルージュの凱旋 [DVD]


この作品の堺雅人は、完璧に嫌味なほどに(笑)カッコ良いです。映画のストーリーはそっちのけで、速水先生登場シーンには、毎回アドレナリンが上昇しました。堺雅人は本当は、”とびきりのハンサムさん”でした。そうだったのかー。


クライマーズ・ハイ [DVD]

クライマーズ・ハイ [DVD]


熱に突き動かされたような記者、佐山役です。泥にまみれ、刺すような瞳で圧倒する堺さんはなかなか見られません。あの目は、頭にインプットされてしまいました。


ダ・ヴィンチ 2010年 03月号 [雑誌]

ダ・ヴィンチ 2010年 03月号 [雑誌]


ロングインタビュー、対談、出演作紹介、共演者の堺談など特集が良かったです。中でも硬めのピンナップ付録付というアイドルばり?の取り上げ方で、ちょっとビックリ。いやあ、そこはかとなく人気があるって素晴らしい!です。