雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

世紀の天体ショーなのに・・・

本日は、数百年に一度とか、そういう規模だったらしい金環日食が起こった日でした。どうせ地元では見られないだろう、とタカをくくって「日食用メガネ」を買わないでいたら、朝からビックリするほどの晴天で、「しくじった〜!」と落胆。


朝の情報番組では、どのチャンネルも大々的に金環日食を取り上げていて、全国各地の生中継が目白押し。「めざましテレビ」では、SMAPまで特別出演しての大騒ぎ。で、ちょうど地元で日食のピークと思われる時刻に道を歩いていたのですが、小学生も中学生もオトナ達も誰一人として、日食メガネで空を仰いでる人なぞいない。


さすがだ、わが田舎(笑)。「キミ達には夢もロマンもないのか〜!?」と思わなくもなかったのですが、そういうマイペースでクールで我関せず、な心意気って好きかも。日食の最中には、辺りは暗くなるのかと思っていたら意外と明るくて”異変”らしきものも、ほとんど感じないのに逆に驚きました。


そうこうしてるうちに明日からは、スカイツリーの開館で大騒ぎでしょうね。だいぶ前に遊び心にウケて、スカイツリーなるものを買ってる私。流行モノに弱い・・・。


それにしても、渋谷の再開発やら、スカイツリーやら、台場の新スポットやらどんだけ無駄なお金があるんだ、東京。もっと地方分散しないと日本全体が元気にならないじゃないの、と斜めに見ている昨今でもあります。一方では、宝塚公演で思い出があったル・テアトル銀座が閉館だとか、寂しいニュースも入ってきて。まだ充分使える施設も、どんどん取り壊されていく世知辛さ。


老朽化しても、小手先の修復をしながら、ン十年使い続けてるわが町のホール施設を思うと泣けてきます。ああ勿体無い、無くすくらいなら、是非、移築して欲しいです。変化が激しいのが東京のダイナミックさや魅力なのでしょうが、最近の東京フィーバーは、まるで熱に浮かされたような行き過ぎぶりというか、大震災のみそぎが終ったのか?と思わなくもないのお祭り騒ぎに複雑になります。


なんてちょっとした愚痴になってしまいましたね。ハコモノは弱いが自然は豊富だから、一方的に都会への憧れってわけでもないのですが、やはり自分的には人工的な刺激も欲しいんですねえ。で、なんだかんだ言ってそんな年柄年中、”浮かれまくりの東京”は好きな街なんですけど、全国ニュースが東京ローカルニュース化してるのは、なんだかなあ、と感じる昨今です。


某キャスターが「どのチャンネルも横並びで同じネタやって・・・と言われますが、楽しいニュースも欲しいじゃないですか?」と語ってましたが、楽しいニュースが東京界隈だけ、というのが問題なんだわ、とツッコミ入れちゃいました。究極、スカイツリーもなにも東京になくてもいいじゃん、なんて。そう言いつつ、まあ行く気満々な自分でもありますけど(苦笑)。