読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

久しぶりに美しい・・・堺さん表紙

書店で何気なく表紙が目に留まり、ハッとして即買いに走ったのは、雑誌「ダ・ヴィンチ」。堺雅人様登場!です。以前の特集の時もハッとさせられましたが、本当にハズさない雑誌ですわ。これはきっと出版社に並々ならず、愛されてますね。


ちょっとタイミングを逃してしまい、第1話から録画溜め状態のドラマ「リーガル・ハイ」での横分け髪型に全く食指が動かず、堺さんが表紙でも完全スルーしておりましたが(汗)、今回は久しぶりに堺さん熱が復活。ドラマは、結構面白そうなのですが、見始めるまでが時間かかるんです。


何せ未だに「家政婦のミタ」だって完結していないくらいですから・・・。それどころか、ここ最近の堺さんのドラマ、全然見てない(汗)、全くもってファン失格状態です。そんな後ろめたさの中、記事を読んでいたら、「大奥」の撮影がもう終った、とサラリと書いてあってビックリ。恐らく映画のほうだと思いますが、時系列がよく分からなくなってます。


役者の私生活にはあまり興味を持たない性分の私なのですが、堺さんに関しては私生活やフリートークがめっちゃ面白いなあ、と思うことが多いです。スペクタクルな日常を送っているわけではないのに、普通で面白みがなさそうなことでも興味が持てるんです。恐らく彼の物の見方や捉え方(ウンチクも)が、人と違っていて面白いんでしょうね。ずっと無駄に話を聞いていたい、と思わせる方です。


更に、たまたま堺さんのすぐ次のページを見たら向井理君で、偶然とはいえビックリ。私は特別、向井ファンではないのですが、向井君は、堺さんの延長線上に位置する役者のような気がしていました。


2人ともブレイクのきっかけがNHKということもありますが、肉食系ではない出で立ちといい、ガツガツしていないけれど、仕事熱心でもありそうなところに何か共通項が見えてて、女性からの”モテ方”まで、ちょっと似てるような感じ。芸能人にありがちな自意識過剰なところも見えませんし、基本的にスカシてないんですよ、そういうところ、余裕を感じて好感度高くなります。


一方、「ダ・ヴィンチ」自体、本を紹介する雑誌なので、作家や有名人などもいろいろ載ってますが、毎回よくこれだけのネタを集められるなあ、と感服する雑誌でもあります。値段は高くても中身スカスカで、広告ばかりの雑誌もあるのに、オタクっぽくぎっしり文字が並んでいて、とても生真面目な雑誌です。


そうかといって自分が本を買うときの参考にはあまりしてませんけど(苦笑)、未知な世界がまだまだいっぱい溢れているんだなあ、世の中にどれだけ本好きがいるのか、なんて膨大な情報量を目にして思います。ま、なんだかんだいって、美しい堺さんをありがとう、なだけなんですけど。


ダ・ヴィンチ 2012年 06月号 [雑誌]

ダ・ヴィンチ 2012年 06月号 [雑誌]


堺さんのインタビューもカラー4頁ありました。昆虫図鑑と偉人伝が好きな子供だったんですね。私も近いものあります。