雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

今こそ、不完全で野心的な面白い日本映画が見たい!

アニメと漫画実写と女子高生ばかりの日本映画、一体なんだ、この体たらくは!

まあ、タイトルからしてかなり喧嘩越しなのですが、去年くらいからまた邦画を楽しんできて、ちょっと盛り上がってきたのに、劇場で興味をそそられる面白い映画が全然ない、という状況にがっかりの日々。楽しみというほどではないのですが、9/9からの是枝監督最新作『三度目の殺人』だけ前売券を購入して、公開を待っているところです。


もともと是枝監督は、2作目の『ワンダフルライフ』と2004年の『誰も知らない』で決定的にファンになっておりました。ただ、『そして父になる』はまあまあでしたが、ここ最近は若干ぬるい作品が多くなった気がして、「もっと昔の作品ような、切れ味のある作品を作って欲しい」と思っていたところです。


世界的に「家族映画の巨匠」的な言われ方をされていますし、それは間違いではないのでしょうが、それだけではない社会に向ける鋭い視線も持っている方なので、もっともっと違う面を見たいのです。それは監督自身も実感しているようですが、現在の日本映画の厳しい制作環境(低予算ばかり、企画で冒険ができない)を考えると、闘いなのでしょう。


さて以前のネットインタビュー記事で、是枝監督の「女子高生とタイムスリップという題材からはそろそろ離れないといけないのではないか、と思います。」という言葉がちょっと話題になりましたが、今年のラインナップを見ているとまさに言言えて妙、という感じです。「三月のライオン」「銀魂」「ジョジョ」「東京喰種」「亜人」等、公開未公開問わず漫画の実写化多数。

邦画大ヒットの年に是枝裕和監督が「日本映画への危機感」を抱く理由(立田 敦子) | 現代ビジネス | 講談社(1/2)



確かに今年に限らず、数年前からこういう流れは出来ていましたが、今年は輪をかけて目立つような。そして昨年の「君の名は。」大ヒットでますます拍車がかかっているアニメ映画、更には手を変え品を変え、タイムスリップ(1日前~10年前に戻るとか、昔よりも時間幅が小規模ですが)と、青春恋愛映画も腐るほど目にします。


エログロでない、大人のための良質な映画はどこへ行った!!いやもうさすがにうんざりなんですよ、お子様向け題材の映画は。もちろん、ちゃんと棲み分けできてればいいのです。かといってジジババ系の松竹映画にも食指はわかないし、ああ、本当にもうなんかないのでしょうかね、もっと大人の鑑賞に堪える映画ってのは。


いや、決して高尚な映画を求めてるわけではないのです。どちらかというと、趣味の偏ったワタクシ、今までハマった映画というのもかなり間口の狭い変な映画か、どっか欠けていて、完璧でない作品が多かった。昔からLGBT系やBL映画も好きですし、最近では『武曲』のすさんだ綾野剛に魂持っていかれていた(笑)のですから、お世辞にも”売れ線”映画が好きというわけではない。


私が昔見た映画で印象的なのは、『誘拐報道』『未完の対局』などの社会派ドラマ、さらに大衆娯楽大作でハマったのは『里見八犬伝』(薬師丸ひろ子真田広之主演)くらいでしょうか。どちらかというと実験作だったのに予想外にプチヒットした『櫻の園』('90年作)も好きでしたね。これは無名の女子高生達が主人公でしたが、青春恋愛映画ではなく(百合系の匂いくらい)、いわゆる男性目線のあざとさは薄かった、と思いますし。


若い少女は出てくるけれど、ブラックユーモア満載の『下妻物語』とか、同じ中島哲也監督の『告白』とか、初めて目にするドキドキ感いっぱいな映画というのもめっきり少なくなりました。作り手の「このくらいの”ギャラ安め”の若手人気俳優集めて、ある程度の人気原作で、ほどほどにヒットを目指す。」みたいな予告見ただけで、裏が読めちゃうような映画が増えてしまって失望感が大きいのです。


それから毒々しめの漫画原作は、判を押したようにブルーバックの背景(青みがかった映像処理のことを、こう読んでます)で処理するのももう止めませんか?この手の作品は、映画が始まったときから、すでに駄作の香りが甚だしいのです。どうして素人でも分かるような単調な映像表現しかできないのだろう?


どこぞの映画人が言っていたように、「日本映画は、半径10メートル以内で起こった事象しか題材にしていない。」「社会性も政治性も含まれていない。」という言葉が突き刺さります。いや別に、日本人が楽しむものだからそれでいいならいいのですが、監督の名前で味わう作品というのも全然なくなってきて、それが寂しいのです。


たぶん、映画人とか関係者、ある程度のキャリアを積んだ役者達は危機感を抱いているとは思いますが、どうにもできない事情があるのかもしれません。昔からお金をかけるほど駄作になる、という日本映画のジンクスは生きてますし。でも、こんな金太郎飴のように似たような映画ばかりで、作り手の信念もまるきり感じない映画ばかり公開になってるとさすがに、「死に瀕してるなあ、日本映画」と思ってしまいます。


10年後、どうなってるんだろう?いやはや、もっとワイルドでハチャメチャでハートがあって、不完全燃焼でもいいからズドーンと心に突き刺さってくる映画、誰か作ってくださいよ!って声を上げたいです。

ハードボイルドBLの誕生「ダブルミンツ」

先週、シネリーブル池袋(ルミネ8階)で映画「ダブルミンツ」を鑑賞してきました。池袋メトロポリタンがルミネに代わって、映画館の場所もよく分からず、朝の唯一の上映に間に合うか、ハラハラしました。ルミネはまだ開店ではなかったのですが、なんとか中央のエレベーターを見つけて無事到着。


6/3が初日だったので、ギリギリ間に合って良かったです。地元でも、公開が決まったのでそこまで必死にならずとも良かったのですが、なにせ8/25からということでまだずいぶん先の話だったので。こじんまりとした映画館でしたが、平日の午前中ということもあり、あまり人がいなかったので集中して見られました。


予告編から大体の雰囲気は掴んでいましたが、そのムードを大幅に崩さない出来でした。物語としてまとまりがありましたし、野郎ばっかり(笑)、しかもヤクザもの、でありながら、主演の二人以外にも色っぽい役者を置いただけあり、違和感なく見られました。


最近、ようやく中村明日美子さんの原作コミックを読んだのですが、淡泊で繊細、上品な筆致で構成されていました。映画はちゃんと原作を踏襲しつつも、骨太な味付けをつけているところが印象的でした。やはり男性の監督というのもあるのでしょう。物語として破綻しないように、いくつかの要素を足して現実的にしている感じなのです。


映画を見た感じだと、黒ミツオ・市川光央(田中俊介)と白ミツオ・壱河光夫(淵上泰史)の愛や共依存の関係はあからさまには分からないのですが、黒ミツオから白ミツオへの暴行や高校時代の女の子を介した2人の情欲シーンなんかを見ると、ストレートな濡れ場よりも「うわっ」と胸にくるものがあり、なかなかうまいとこで表現したなあ、と思いました。

【ハードボイルド、男くささとBLの絶妙なバランス】


以前のブログにも書いたように、淵上さんにはプチファン状態なので「素敵」とハマるのは当たり前(笑)ですが、今回が初主演ということで驚きました。もともとデビューも27歳と遅かったそうなので(元サッカー選手)、そう考えるとそこまで下積みの苦労という感じではないかもしれませんが、30代を過ぎてから本格的に人気や実力が出る人は限られてくるので、やはり磨き上げてきたご本人の実力と魅力故だと思います。


いやあ、それにしても、あの”桃”をかじりながら黒ミツオが××されるシーンを見つめる眼がめちゃくちゃ色っぽくて、絶対忘れられないほどのインパクトでした。嫉妬なのか、悲哀なのか、同情なのか、全ての感情が入り混じったようなあんな目で見られたら、卒倒してしまいそう。やっぱりこの役、淵上さんで良かったなあ。これだけの色気を持つ役者ってなかなかいないですし。


今回初めて知った、田中君の方もかなり集中して見ていました。主演を打診されてから、原作を読み魅了され、並々ならぬ覚悟で挑んでいたこと。パンフレットやネット記事でも知りましたが、この映画のために1年をかけて役作りをして体重を14キロも落としたこと。確かに演技にはまだ不安定な部分もありますが、役に心血を注いでいる感じは半端なく迫力がありました。


それにあの原作を読むと、やっぱりBL的濃厚な絡みも描かれているから、それを見てひるまなかっただけでもキミは偉いよ!(笑)高校時代を演じた須賀健太君も子役時代から好きな少年だったので、あの可愛いマスクに似合わないダークな存在にもうゾクゾク&ワクワク。


更に思わぬ収穫は、脇役として出演されていた、佐伯役の小木茂光さん。何を隠そう一世風靡SEPIAの大ファンだった私にとって、20代前半の若さ(メンバー内最年少)でリーダーをされていた「シゲさん」に思い入れは人一倍あるのです。コンサートも何度も見てますし。あの当時から全く変わっていない風格と安定感。


そしてあの年齢でありながら、小木さんは、とてつもなくダンディですね~。決してBL的な色っぽさではないので、キスシーンとか別になんとも思わないのですが(おいおい)、トータルバランスが良いというか、スーツが異常に似合ってたまらない男の色気があるのです。


元メンバーの柳葉敏郎氏や哀川翔氏は、若い頃はカッコいい”尖ったお兄ちゃん”でしたが、今じゃあちょっと芸能人臭が強くなって、あまりダンディでなくなったのに比べ、小木さんはやっぱりダンディ。


小木氏の出番も原作よりはるかに多くなって、ヤクザの世界観を練り上げていましたし、中岡刑事を演じた高橋和也の存在感も素晴らしかったです。「そこのみて光輝く」での悪役ぶりなんかも最近見ていたので、張り付いたような笑顔が敵なのか味方なのか分からない不気味さ、が真に迫っていてゾワゾワしちゃう感じ。


全体的に、日本映画らしい小ぶりな世界の中で起こった絵空事のようなお話なのですが、実写BL映画の進化系という実験的な要素がフンダンにあって楽しめました。これも絶対DVD買いたいですね。


今流行りのクラウドファンディングでも、たった1日で予定額到達、という記録を打ち立てただけあってかなりお金も集まったようですし、成功したことでまた新たな道が広がるといいな、と思います。


cinefil.tokyo

今年1番の期待の映画「武曲」 堕落しきった綾野剛の破滅的な美しさ! - 雅・処
→ 少しだけダブルミンツに触れています。

一世風靡SEPIAの思い出(1) - 雅・処


ダブルミンツ (EDGE COMIX)

ダブルミンツ (EDGE COMIX)