雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

スタジオライフ「アンナ・カレーニナ」観劇記

愛しすぎた末の愛憎劇

6月最初の週末に、東京で劇団スタジオライフの「アンナ・カレーニナ」を見てきました。この時、ドはまりしていた「おっさんずラブ」の最終回オンエアと重なり、半分以上、心こにあらず、の状態。帰ってきてからもOLの余韻にどっぷりで、感想を書くのが遅れてしまいました。


名作すぎる名作で、宝塚でも上演されたことのある「アンナ・カレーニナ」。私自身は、全然このお芝居を見たことがなく、ずっとロシアが舞台の不倫劇、という印象しかありませんでした。なんとなく悲劇に終わる話なんだろうと。


原作も読んでないのですが、人づてに聞いたところ、この舞台化では、いろいろと脚色もあったようで、原作にない設定なども大胆に入れているようです。戯曲は、2014年に舞台化した「大いなる遺産」と同じジョー・クリフォード版。


先に曽世さんのアンナを見ました。真っ赤なドレスに身を包み、年下の将校ヴロンスキー(笠原浩夫)と一瞬で恋に落ち、家族を捨ててしまう女性。貴族社会の息苦しい生活の中、世間の目を気にして自分を押し殺し、徐々に切り刻まれていく心を、強すぎる情念と共に演じてくれました。


曽世さんは、「パサジェルカ」の時もそうでしたが、自分の中で感情がどんどん増大化していって抑えきれなくなっていく狂気の女性役が本当に似合う。どうしたって、太刀打ちできない運命に立ち向かって壊れてしまう女性というのが、序盤から悲劇の匂いを醸し出しながらずっと進んでいくので、壮絶に重い。


そして、「妻」「母性」「母親」というキーワードがこれほど似合う男性も珍しい(笑)。女性的な感性も併せ持つ繊細さがある方という印象なので、女性役は本当に魅力的だし、もう女優より女優なので、圧倒的なヒロインぶりに圧倒されます。


対して岩崎大ちゃんのアンナは、もう少し自由度が高いです。わがままな少女がそのまま大人になったような感じで、幾分軽やかに見やすくなります。曽世さんよりも「妻」「母」の部分より「女」の部分が勝ってるので、よりストレートに自分を解放したがっている現代の女性にも繋がるイメージ。


個人的に、大ちゃんの女役は昔から好きでした。男役の時は、激しく絶叫するような演技も、女性役では幾分押し殺して演技も素直になってくるので、すごく感情移入しやすくなって。大ちゃんにとっては、もしかしたら、こんなにも悲劇的な女性役は「死の泉」(2001年)のマルガレーテ以来でしょうか?


血のように赤いドレスを着た大ちゃんのビジュアルは、久しぶりにハートに突き刺さってきてなかなか萌えました。そこまで好きな話ではないのに、ポートレイトやDVDまで買ってしまったのは、ひとえに大ちゃんのおかげです(笑)。


それにしても、大人な役者がそろった、やたらと重厚感のあるスタジオライフの舞台は久しぶり。石飛さんリターンズの舞台も久しぶり。”女優”揃いの舞台も久しぶり、で「ザ・スタジオライフ」の世界観です。


石飛さんの義姉ドリー役も安定感抜群ですし、楢原さんのダメ夫オブロンスキーぶりもサスガでしたし。宇佐見君は、年上のミセス役が多かったのがちょっと可哀想でしたが、若手とは思えないほど演技はしっかりしてました。伊藤君の女の子も人形のような可愛らしさ。


アンナと対局にある、キティ&リョービンの夫婦愛。このドロドロとした愛憎劇に一筋の光を投げかけてくれて、救いのシーンでした。久保君のキティはいかにも箱入り娘が田舎男に嫁いで、慣れない環境で苦労する女性役、といった感じで、説得力ありましたね。


ちょっと前に、やたらホープ、という感じで身丈以上の役をあてがわれていた印象がありましたが、いまやもう堂々としたヒロインぷり。というか、すでに中堅女優の風格さえあって驚きました。本人に気負いや迷いが無くなったからなのかな。


圧巻だったのは、関戸君のキティ。彼の女役も、もう文句無し、の素晴らしさでしたが、ちょっと最近は、ダークな役が続いていたので、久しぶりに清純なキティ役を見て、心がホッコリ。そしてリョービン役の仲原君がまたお似合いすぎる良き旦那で。


正直、楢原オブロンスキーと親友というのは若すぎでしたけど、セッキーとのカップリングは最高でした。勇気を出してキティに告白したものの、フラれてしまいながらも想い続け、ようやく結ばれた時の歓喜の表情や赤ん坊が生まれた時の至福の表情など、素朴で憎めない役どころが最高でした。


これまでも、なんでも器用にこなす分、どこか爆発的に魅力を出し切れてなかった仲原君でしたが、久しぶりに素敵すぎる姿で目に焼き付けられました。


芝居の冒頭で、「28歳」(!)の若い将校役を多少ブリブリしながら(笑)演じていた笠原さんは、ラスト、悲劇の寡夫で登場した時はやはりダンディで、それでいて死に場を求めて戦場へ赴く姿にはグッとくるものがありました。


若い綺麗な少年達と繊細なストーリーで確立してきた劇団ですが、実は重く暗い男女の情念や歴史に隠れた悲劇なども扱ってきています。後者は、観客動員的にはかなり厳しいのは分かりますが、役者の成長には欠かせないので、今後も続けていって欲しいです。


次の「カリフォルニア物語」は、吉田秋生さんの原作漫画で再演。今のところは見る予定はなし。秋には、「はみだしっ子」第二弾が待っています。今度こそあの雪山事件は、扱われるでしょうか?楽しみです。

おっさんずラブ 最終回を終わって・・・つれづれ雑感

おっさんずラブ」ロス 絶賛リハビリ中!

とうとう「おっさんずラブ」が終わってしまいました・・・。最終回は東京遠征中だったため、ホテルの小さなテレビで鑑賞。ネットニュースを追いかけましていましたが、とても追いつけないほどの勢いでしたし、終わってからもゆっくり感想を書く暇もないバタバタさで、1週間が過ぎてしまいました。


昨夜OLの後番組は、次作「ヒモメン」オンエアかと思ったら特番だったらしく、その間、脚本家の徳尾さん主催(?)で架空エア8話がTwitter発信されたそうですね。なかなか皆さん、病んでるな(笑)と。


Twitter見ていても「絶対、徳尾さん自身は続編やりたいんだよ、やる気満々、いつもノリノリじゃん。」と内心思いながら、ドラマ制作の様々な現実に阻まれているんだろうな、と思ってましたが、こういうおちゃらけができる余裕があるということは、続編に向けて結構前向きな動きが出てきているのかな、という期待も生まれます。


一番難しいのは、あのキャストを総動員する時間的な制約、そして、完全終着してしまった黒澤部長から春田たんへの恋愛コメディ部分。もう大半のOLファンの望みは、春田&牧の二人のその愛の遍歴をゆっくり鑑賞したい、という熱だと思うんですけど、続編にはまだまだいくつもの課題を乗り越えないといけないのでしょうね。


今更ですが、最終回の感想も少し書いておきます。フラッシュモブの唐突感とか男同士の結婚式など目新しいノリは新鮮でした。でも、細かいところ描ききれずに惜しい部分も沢山。牧に春田との別れを決意させた6話終盤の「ちずと春田の盛り上がり」あれ、どうなったー!?何も言及されてないのはおかしすぎ。


それから今更同性カップルに驚かない職場とはいえ、部長と春田の結婚祝い会は、かなり胡散臭かった・・・ですし。1年も牧と離れていた春田の内的葛藤って全くないの?という違和感。やっぱり全7話という短期決戦がそれらの納得いく説明を省きまくって、物語としてのグレードを落としてしまったのが残念でなりません。


特に6話から7話の間の削げ落ちた部分が・・・。そこまで削ったにも関わらず、春田&牧のシーンもすごく短くて、「テレビの前で、ああ時間ない、時間ない!」とあたふた。「俺と結婚してくださーい!」や上海出張の準備のオーラスシーンが全てを覆してくれたとはいえ、あらゆる奇跡がつまったドラマなだけにもっと見たかった・・・が一番の感想。*1


テレビ朝日への感想を投稿(まだ中盤ごろ)した際には、「このドラマは、あと2話追加あれば、絶対天下を獲れるはず。」と言い切りましたし、「グッズ出さないなんて信じられない。今ならえげつないほどに売れますよ。」とも書きました。発売が遅すぎとはいえど、なんとか終了後に販売が決まったのは、多くの視聴者の熱意が通じたのかな、という喜びはあります。


また、テレビ雑誌。某アイドルばっか載せてんじゃないぞ!ギリギリで「おっさんず」を特集したザ・テレビジョンはさすがに「視聴熱」でその勢いを知っていたのでしょうね。ドラマ全盛期の20年くらい前なら表紙もあり得るくらいの人気、だったのにちょっと惜しい。


今回、ゴールデンのドラマ群、アイドルや俳優の人気、視聴率だけを信用していると、トレンドを見誤るって良い教訓になったんではなかろうか。やはり視聴者からの自然発生的なムーブメントの勢いって理屈じゃないほどのパワーがありますね。


さて続編あるとしたらですが、シーズン2が一番嬉しいけれど、実現するには主要俳優達だけでも年単位のスケジュール調整が必要でしょうし、ストーリー構築はかなり難しいのではないかな。年末SPとかもなくはないけど、テレビは視聴率がどうの、とかゴールデンタイムが難しいとか、案外ハードル高いので。


そういう点からもやっぱり映画の可能性が高いかもしれませんね。ファンもお祭り感覚で盛り上がれるし、海外のファンにももしかしたら届く望ましいかも。あまり期間を開けてしまうと、「のだめカンタービレ」みたいに鮮度落としそうなので、合間を見つけてどうにかこうにか撮影して欲しいです。牧家、春田家の結婚騒動と上海篇を軸にたっぷり楽しく盛り上げて欲しいです。

正反対な役者 田中圭綾野剛


ようやく最近になって、撮り溜めていた録画番組を見られるようになってきましたし、少しは巷のニュースなんかも頭に入ってくるようになってきました。昨夜は、「おっさんずラブSP」を見返して、予想以上にはるたん(田中圭)の淡泊な演技にビックリしてました。え、こんなにアッサリしてたんだっけ?


そりゃあ、連続ドラマ化されてこんなに良くなるなんて想定外、というのが分かります。そのくらい圭君の演技への情熱が違い過ぎる。まあ、SPは4日間しか撮影期間がないし、バカバカしいとしか思えないほどのコメディドラマに徹したのでしょう。同じセリフがいくつもあるけれど、気の抜けたサイダーくらいはるたんの勢いが違い過ぎるし、まず長谷川を好きになる過程が完全に謎(笑)。


今回の連ドラで、田中圭君がどれだけ「運命作」「俺にとって勝負の作品」と気合を入れていた、というのは大抵の視聴者には感じられたはず。そしてその熱い思いが、林遣都君のあの真摯で繊細な演技にも影響を与えていたのも間違いないですし。


いろいろ田中君のインタビューを漁っていて知ったのですが、彼って意外と不遇だったんですね。なんやかんやで顔だけはよく見る役者さんで、何かドラマとか見ると、「あら、また田中圭?」ってさほど見てもいないのに存在は知ってる感じなのに、そのくせ何のドラマに出ていたか何を演じたか、あまり記憶に残らない。


地上波や映画の主役もこれだけのキャリアなのに数えるほどしかない、と知って驚いたくらいです。深夜ドラマで、あまり期待値も少ない枠で、それでも共演者や制作を信じてあれだけの特別なキャラを作り上げてくれて感謝感激しかないです。しかも、遣都君に対しても、一番愛した相手役とまで言ってくれてて、ああ本望。


いろいろとインタビューを読むと、「飾らない一般人感覚の人」というのをすごく感じます。自分を卑下する発言も、屈託なく言ってますし、きっと会話とかしたらすごく楽しい人なんだろうな、と敷居の低さを感じる。


それから「おっさんずラブ」にかなりハマったタレント(俳優)の名前の中に、綾野剛君がいたのも大ウケでした。同じ事務所(年上だけど事務所歴では圭君の方が早いかも)の役者同志ということもありますが、剛君も過去にゲイ役多いし、「怒り」では妻夫木君との妖艶なラブシーンも話題でしたし。


この「怒り」は、2年前、私も大ハマりした作品。妻夫木君と綾野君2人が2週間同棲して役に挑んだ、という話もさんざん話題になっていましたが、原作に比べて映画ではだいぶカットされた「優馬と直人の愛」の話を実現させたかったそうなのです。


 「日本にはまだ同性愛者の生活や思いをしっかり描いた作品がない」
 「まるまる一本、同性愛にスポットを当てて、演じたかったよね」


と何度か語っていたらしいので、OLみたいなドラマは羨ましいだろうなあ、と思ったですし、先にやられた感も若干あるかもな、と思ったりしています。役者も30代を過ぎると家族ものや不倫以外で、本気の恋愛ドラマへのオファーが減っていくのはもちろんのこと、人をときめかせるような純愛というのも今の時代かなり難しいかもしれません。


BLや同性愛を自ら演じてみたい、という役者はあまり多くはないとは思いますが、演じることに人一倍貪欲だったり、共感性の高い役者は、結構ゲイ役のほうが繊細さや純度が出やすいので、一種のチャンスとチャレンジして、その残影も持ち続けることが出来たりするのかも。


一方で演者についても、結婚したりガールフレンドとよろしくやってるような人ではなく、本当にゲイやバイの志向を持つ人がやれるようになったらいいのかも、と思います。


その意味では、ゲイ的な感性を持っていそうで、実際にゲイ役(というかゲイに拉致されるきわどい役)を演じた、ヒガシ(東山紀之)が「ドラマDVD、全部買うから」と吉田鋼太郎さんに言ったなんて記事も近いものを感じます。


もう一つ、剛君をここ2年くらい見てきて、ものすごい職人肌で役作りを徹底的にする役者のイメージがあります。真面目過ぎて大変そうだな、と思うこともしばしば(笑)。その反対に、圭君は、「役作りはしない。自然体で役を自分に寄せてきてる。」と発言してるのが役者として真逆で面白いなあ、と思ってました。


私は、(自分が完璧主義者でないだけに)職人肌の役者には強い憧れがありますが、一方で自分の思い込みに凝り固まったしまう危険性もあるかもしれないし、たとえすごく作りこんでいたとしても、作品自体が面白いかどうかとは話が別、というのも厳然たる事実なので。


ただ、人生には「一発大逆転!」並みの人知を超えた恐ろしい瞬間というのがあるんだな、と久々に今回の「おっさんずラブ」を見て感じました。田中圭君、林遣都君は、どちらも堅実な役者で、そこまでチヤホヤされてきていない人達だから全然心配はしていませんが、彼らをめぐる環境や周囲の目は大きく変わるはず。


流されず、冷静さを保ってますますのご活躍を!祈ります。圭君には、「おっさんずラブ」が放送前に決まっていた、あまり個性の強くない脇役オファーが結構続くと思うので、しばし田中圭の無駄遣いドラマ(失礼)が途切れたあたりで、主役でドカーンと難役やって欲しいですね。

次にドラマ化を狙って欲しい名作BL


つれづれ話のラストには、3次元BLが好きな私のドラマ希望を少し。Twitterでもチラホラと書いている人が多かったのですが、「美しいこと」の連続ドラマ化ですね。女装趣味のある男性を女性と思って愛してしまった不器用な男。2人は部署違いの同じ会社の同僚だった、というお話で年代的にも「おっさんずラブ」と近いカップリングですし、切なさモードも最高レベル。


ちょっと春田&牧コンビに似た主人公達のキャラもあるので、田中圭林遣都でも脳内変換できるかもしれません(笑)。このドラマがおっさんずラブ並みのクウォリティで作られたら、きっと新しい日本のドラマの歴史が作られそう。その分、下手な俳優なら絶対止めて、にはなりますが。


まだまだグッズも出るし、ブルーレイ&DVD、公式本など予定は控えてますが、これからが本当にロスな日々。。。それでも、奇跡のように素晴らしい2ヶ月をおっさんずラブにはもらいました。


スタッフ、キャスト、視聴者が全て一丸となって大いに盛り上げたドラマのブーム、この興奮を忘れないでずっとおっさんずラブのファンでいたいと思います。


今頃ジワジワと効いてきている台詞、
 君に出会えて 良かった


はるたん風味に惹かれて買ってしまった写真集。ただこれ、圭ファンが買うべき写真集ですね。ラフなスナップショットが多く、はるたん写真はわずかです。でも、ラストのインタビューは率直すぎて面白かったです。で、綾野剛写真集を買わずに、田中圭写真集を買ってしまう己をなんとする。


www.cyzo.com

miyabi2013.hatenablog.com
miyabi2013.hatenablog.com

「おっさんずラブ」の破壊力にやられている日々 - 雅・処
おっさんずラブ まとめ記事ページ(1) - 雅・処
おっさんずラブ まとめ記事(2) - 雅・処
おっさんずラブ まとめ記事(3) - 雅・処
おっさんずラブ まとめ記事(4) - 雅・処
おっさんずラブ まとめ記事(5) - 雅・処

*1:その飢餓感こそが続編への期待を一気に後押しはしていますが。