雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

男子フィギュアスケート快挙!羽生結弦&宇野昌磨ワンツーフィニッシュ

久しぶりに緊張した試合

平昌オリンピック開催前から1番の話題&期待を集めていた男子フィギュアスケートフリーの試合を見ました。自分的には、昔ほどフィギュアスケートの試合を見ることも少なくなっていて、今は世界選手権や五輪の決勝などで羽生結弦選手、宇野昌磨選手を見て満足、という程度の関心になっておりました。


フィギュアスケートの4分間半すら見続けると疲労感に襲われて、集中力がなくなるのと、若い4回転ジャンパーがどんどん出てきて、個性や味わいを持ったスターが減ったことも大きいからです。そんな中、右足首の大怪我という爆弾を背負った羽生結弦選手と若いながらいぶし銀のようなオールラウンドプレーヤーの宇野選手がどこまで表彰台に肉薄するのか、やはり気になりました。


「私が見ると負けるから」なんて言って、生中継を避けて結果を知ってから試合を見るような私でしたが、さすがに土曜日昼からの五輪生中継の誘惑には負けてしまいました。といっても、最終グループより下位グループは流し見状態。4回転ジャンパーのネイサン選手も、SPで失敗してからの「バンクーバー五輪浅田真央ちゃん状態」開き直りの技術最高得点という話題なんかもありましたね。


ようやくフィギュア本来の面白さが出てきたのは、パトリック・チャン選手から。昔は好きな選手じゃなかったのですが、往年のスケーティング技術で魅せる演技は、クラシカルな味わいで胸に響きました。そして、羽生選手の登場。


若干顔色が悪かったのとこわばった表情が不安になりましたが、陰陽師をモチーフにした音楽と共に少しずつ落ち着いて見られるようになってきました。演技中は彼がまた4回転で痛めた右足をまた故障したり、とかそういう悲劇にならないよう、「転ばないで~!」という祈りが1番大きかったです。


事前に何度も放送されていた公式練習の映像もあまり見たくなかったです。かなりの完成度でジャンプを飛んでいても、やっぱり怪我の後遺症は本人にしか分からないでしょうから。試合中、2回ほど危なっかしい着地のジャンプもありましたし、中盤では息切れして若干苦しそうな表情もしていたので、こっちまで心臓バクバクでした。でもあそこまで出来たら文句無し!です。


ソチ五輪のフリーではあまりにも転んでしまって、”絶対王者”らしい完成度ではなかったので、金メダルが取れても羽生君本人がその悔しさをずっと忘れていなかっただろうというのは充分すぎるほど分かっていました。いざ、リベンジ!


それにしても、やっぱり羽生君は神懸かりの男の子でしたね。66年ぶりの連覇、冬の五輪で1000個目の金メダル、という凄すぎる肩書が次々と降り注いできたり持ってるなあ~と。そこに安倍晴明陰陽師ですから、神の御加護にも守られて・・・という奇跡が幾重にも重なっていたのかもしれません。


地元ネタなんですが、仙台市地下鉄の昨日のバックミュージックに「SEIMEI」が流れていてビックリ。そういうことも含めて国民的スーパースターなんだな、と実感しました。


ちょっと出来すぎなところが、そこまで羽生君にのめり込めない部分(少年時代は大好きでしたが・・・苦笑)でもあるのですが、それでも、輝かしい経歴は少しずつ過去になっていく、羽生選手の時代もあともう少しかもしれない、と思うとちょっと切なくなってきたり。


更に宇野君の銀メダルは、思い切りのご褒美です。彼の最近の実力を見れば不思議ではないのかもしれませんが、それでもあれだけの大舞台で委縮せず、淡々と実力を出し切っていく彼の姿にシビレます。羽生君とは異なる玄人っぽいスケーターで、どの技も完成度が高い。フリーは重厚なクラシック曲が多いのですが、私はSPのほうがいつも好きです。


今日は、宇野選手の演技の中に、普段はあまり感じない高橋大輔選手の面影を見ました。もともと大輔選手の大ファンでもある宇野君ですから、似てくる要素はあるのでしょうが、重心を落とした安定感のある滑りがところどころ似ています。まだまだ進化し続ける伸びしろもあるし、次の五輪まで楽しみはいっぱい。


20歳にしちゃ、落ち着きすぎ(笑)なのが若干気になるところですが、新しい表現も見られるのが楽しみです。シックな曲だけでなく、やんちゃっぽい演技やコミカルな演技も見せた欲しいなあ~。


一方で、羽生結弦宇野昌磨の次世代のスケーターがあまり出てきてないのが不安ですね。真央ちゃんが抜けた後の日本女子スケート界も、しばらく光を失ったような状態ですから、今をピークとして落ちていくのではなく、新しい人材も出てきて欲しいです。


まあ、今はとにかくこの勝利の美酒に酔いしれましょうか。最近はずっと日常が忙しく、人間関係にも疲弊する日々だったので、御褒美をもらえた気分です。良かった、よかった、おめでとうユヅ&ショーマ!!


蒼い炎II-飛翔編-

蒼い炎II-飛翔編-

買ってはいるのですが、まだ・・・。


羽生結弦、「ユヅ」と「ハビ」の"美しき絆"を米大手誌が特集「ブロマンスに大騒ぎ」 | THE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト
ネットで見つけた面白い記事


miyabi2013.hatenablog.com