読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

結構、綾野尽くしの日々

岩井俊二作「リップヴァンウィンクルの花嫁」

週末は、WOWOWで放送された「リップヴァンウィンクルの花嫁」を見て、とても岩井俊二な(笑)気分に浸っておりました。まあ、岩井さんがもてはやされた時代を知ってる、というだけで岩井ストでもなんでもなく(「Love Letter」くらいしか見たことがないくらい)あの残酷なほどな透明感や映像美はさすが・・・と唸りました。


黒木華さん演じる七海がまさに「自分がなく、人に流される女」をとてもリアルに演じていて、かなりイライラさせられました。どっかで会ったことがあるような既視感に襲われた、天衣無縫な真白役をあのCoccoが演じていたのも驚きでした。でもこのワケあり女性2人の”束の間の楽しいヒトトキ”がこの映画の一番の見せ場だったです。


綾野君演じる安室は、七海にとって敵か味方か白黒つけにくい、怪しい人物。「何でも屋」を職業にし、お金のためならどんなあくどいことにも手を染める、ちょっとヤバい人。それでも、時折、正義の味方のごとく七海の元に駆けつけたり、(どうやら100%悪人というわけでもないようで)屈折した人間であることがプンプンしている。


こういうクセのある役は、分かりやすいイケメンだとあまり印象には残らないけれど、綾野君の”持ち味”を最大限に生かした役なんではないかな~。要所要所で”七海と物語”をあらぬ方向へ転がしていく狂言回しのような役目で、シニカルで何を考えているか得体の知れない人物・安室。でも、これまたこういう人っていそうだわ、と思わされてしまわなくもない。


岩井俊二さんの映画って映像重視なのは確かだと思いますが、この映画では「病んだ寂しい心」を持った人ばかりが出てきて、なんか胸の奥底がじんわりと重くなる感じでした。披露宴アルバイトで出会った”疑似家族”のところが唯一、救われたシーンかも。こういうちょっとした縁で、集まって楽しむ、ってこと結構してきたことがあるので、それを思い出してとても懐かしかったです。


最近のWOWOWは、綾野ファンにとても美味しいサービスが多いです。レンタル行かなくても、最近作のみならず、過去の作品もどんどん流してくれて、成宮君の引退事件の直前には「太陽2068」も放送してくれましたし。加入して20年近くなりますが、今一番有効活用していますね(笑)。


そうそう長らく録画のまま放置していた「ガッチャマン」も見たのですが、意外と綾野君の見せ場があって面白かったです。クールなタイプなのに、内面は恋人を殺された激しい怒りにメラメラと燃えていて、任務を帆織り出して自ら危ない橋を渡ってしまう、というところが見ていて面白かったです。ただ、子供の頃、大好きだったアニメ「ガッチャマン」とはかけ離れた世界観なのが一番の悲劇ではありました。

大丈夫かな~、「フランケンシュタインの恋」


「フランケン~」5話を結構楽しんで、日曜夜は安眠したのですが、すぐに視聴率6.0%の判定にうわあ~となる。最近、視聴率が出る速度が速いですね。昔は1週間後のTV誌で、とか放映後中2日は待った気がするのに、わざわざ半日で出さずとも・・・(-_-;)。いや、5話は結構楽しかったんですよ、研さん憧れの雨宮と初デート(!)のウキウキもあり、大事件はないけど大工チームのそれなりに見どころもあり。


うーん、ただこのドラマ、芯がブレブレなのはちょっと痛いところ。メインのラブストーリーが弱すぎて、周りでバタバタ人が動いて小さなエピソードを回している感じなのが残念。研さんの”一途な恋心”に、継実は初めから「恋」を醸し出している。できれば、ラブストーリーとして王道の「怪物と重病の娘の叶わぬ恋」を盛り立てて欲しいところなんですが、なんかあっちこっちに飛びまくっていて落ち着きがないわけで。


”座長”として、ドラマの視聴率も当然重視する綾野君にも気の毒な気がするし、日テレ関係者も青ざめていることだろうなあ、と思うとちょっと胸が痛いです。。。またしばらく次のドラマはないかな・・・なんて。まあ、映画もドラマも企画や脚本をちゃんと練るような体制が今欠けている、ということだけは確実ですね。


せっかく森のセットとか、現実離れした世界観とか、演技達者なベテランもいるわけだから、もうちょっと腰を据えてじっくりやってくれたらいいのに。それから、柳楽君の稲庭先輩も、なんか掴みきれないキャラクターなのがどうなんだろう。力まないせいで台詞が若干棒読みに感じられるところもあるし、顔が濃いのにキャラが立ってないのはどうよ!と思います。


そうこう言いながら、ストーリーはともかく研さんのラブリーさだけで楽しく見られる、というドラマではあります(笑)。綾野君、切れ長の目がフランケンの時は、すごい”垂れ目”に見えます。また独特の表情筋を最大限に使った演技なのかもしれませんね。


6/3からは「武曲」公開。今年一番期待している映画です。「その夜の侍」みたいな映画という噂もチラッと聞いて大丈夫か?と思うこともありますが、ムサイ剛君が楽しみでなりません。


いくつになっても、岩井さんは女性に”何か特別な理想”を持っている監督なんだろうな、と思ってしまうフェミニンなムードの映画でした。そこに登場する綾野君も、グレーゾーンな色気(男くささはない)に覆われていて、とても印象的。


実写版「デビルマン」よりかはまだ見られる作品です。成長期の濱田龍臣君も可愛かったし、主役の松坂桃李君がちゃんと真ん中を務めあげていて感心。

GWに綾野剛「フランケンシュタインの恋」2話までの感想

すっかりブログの更新をサボり続けており、いつの間に季節は春真っ盛り、となりました。久しぶりのスローライフな生活を満喫しております。溜まりに溜まった綾野剛バラエティー出演作や過去作品を見続けたり、なかなか小さな幸せ感に浸っています。


それにしても、このひと月ネットに関しては完全にインプット>アウトプットな日々で、どうしても読みたかった”とある映画”の感想をおよそ500くらい読んでました。心に響くコトバって「やっぱりその人(ブロガー)自身の本当に飾りのない素直な感想」なんだなあ、と気付くことがしばしばありました。


いつまでブログを続けるのか・・・なんて究極の悩みにもぶつかったりしていたのですが、まだもう少しだけ、粘ってみようかな。

可愛い可愛い怪物さん

待望の綾野剛フランケンシュタインの恋」が始まりました。憂鬱な日曜の深夜に剛君で癒されるというのもちょっと贅沢な楽しみです。視聴率はやや乱高下な感じですけど(汗)、それはそれとして、ただ新しい役を演じる綾野剛に集中して見ております。共演者の二階堂ふみちゃんや柳楽優弥君も若いながらも実力派で好感触です。


さらには、10年以上前から舞台で拝見していて「この人、なんて突き抜けた役者なの~!」と感動を覚えていた超個性派の山内圭哉さんがラジオパーソナリティーに参加していて、個人的に嬉しかったですね。


可愛い、そして哀れな瞳をした怪物役の剛君、今までも母性本能系の繊細な役柄はありましたし、どんなに男くさいキャラであっても、どこか崩れ落ちそうな脆さを感じさせる人だったので、「おっと、こうきたか」という予想内の演技ではありました。でも、あのデカい図体で所在なく街中をうろついている姿には、なんだか目を離せない切なさ、を感じさせてサスガという感じ。


遅まきながら先日、第一話コメンタリーを聞いたら、しっかり編集・美術・音楽なんかにマニアックな発言をする”こだわり役者”な一面が濃厚に(笑)出ていて、まさに”これぞ綾野剛”っぷりが可笑しかったですね。そして私が思い出して眠れなくなりそうになった、あの風呂場のサイボーク体系(逆三角形の超ムキムキ筋肉ボディ)が45分の準備運動の賜物、というのも知ることができてラッキーでした。


映画「武曲」の時に4ヶ月の肉体改造をした時のボディを下地にはしていたと思うのですが、少し開けて更に1か月半の改造を行ってこのサイボーグな体を作った、とのお話。あまりに人間離れしていて、マンガか!と思ったような身体を見ると、なんかストイック過ぎてヤバくない?と思ってしまわなくもない。怪物だから・・・確かに怪物だわなあ。


(とはいえ個人的には早く剛君には普通の人間の体(笑)に戻って欲しいなあ。)

ラブストーリーはどこに向かうか


1話で、津軽継実という女子大生がなにか重い病気を持ってるらしいこと、研さん(怪物)が恋心を抱いた女性が先祖にいたらしいこと、などが分かっていましたが、早くも2話で回答が出てました。津軽さんの重い病ということは怪物さんと結ばれても悲劇的なラストシーンで終わるかもしれない、という予感。


ご都合主義な脚本に若干不安が沸いてきたのは2話。怪物さんに触れられた継実姉は、顔に胞子が出て命の危機もあったのに、教授の研究から作られた薬品を飲んだら回復に向かう・・・って早すぎ。確かにお姉さんに先立たれたら、ラブストリーどころじゃないけれど、そういう小さなところにドラマの完成度って影響されるので、なんか残念です。


継実を探して街歩き、する怪物さんが、稲庭棟梁の元に戻ってきて仕事を始めちゃう展開もなんか「?」だったし。若干、脚本が迷走している感じで、今後の展開がまた心配になったり。


2話でときめいたのは、深志研太郎博士を演ずる斎藤工君の登場ですね。外出先で音量を絞ってテレビを見ていたため、博士が工君だと分からず、最後のクレジットを見て驚愕。工君も色気のある男優さんなので、剛君を抱きしめたり顔を近づけたりのシーンがもうあまりにBLすぎて・・・悶えました(笑)。


そうかラブストーリーってこっちだったのか、という穿った見方は腐った妄想頭の私だけだったかもしれませんけど、それにしても色気ありすぎの二人、は罪です。この先、継実さんとの悲恋(?)がより深淵に胸に響くよう願ってやみません。と言いながら、工君とのシーンをまた楽しみにしてしまう、イケない私でした。


ドラマがどのような顛末になろうとも、剛君がベストを尽くして演じることは間違いないので、あれこれツッコミを入れながら楽しんでいこうと思います。このドラマが終わる頃、また新たにパワーアップした彼に会えると思います。ここ数年、世の中でも彼の存在がどんどん大きくなっているのを感じます。


剛君の場合、役への情熱、真摯さが演技力に加味され、更に人並み外れた努力と比例して、すごい勢いで人気も加速している気がしています。今は過渡期ともいえる状況で、このまま順調に突き進んでいけば、ある程度「天下を獲る!」って感じになりそうな恐ろしい予感すらあります。だからこそ、何か一つ踏み外したら、真っ逆さまの怖さも感じてます。


凝り性が高じてなんでも出来る、実のところかなり器用な男だし、周りへの気配りも相当で、役者でなかったおしてもきっとのし上がっていくタイプだと思います。だからこそ、油断せずに一歩一歩確実に・・・これからの進化、変貌が楽しみですね。