雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

竹野内豊(2) 「ビーチボーイズ」ロケ見物

sugiee2006-01-25

前回に引き続き、竹野内君の思い出を。
私が「竹ちゃんに会いたい病」をつのらせていた'97夏。その思いを実現させる時がやってきました。それはドラマ『ビーチボーイズ』のロケ地見物という体験です。


ドラマの話題が盛り上がりつつある頃から、舞台となるダイヤモンドヘッドという民宿風オープンセットとその浜辺にはかなり惹かれるものがあり、是非訪れてみたい、と思っていました。しかしまさに現在進行形でドラマロケが行われている現場ですから、当然のことながらシークレット。


よほど地元に詳しい人でもなければ詳細な場所なんて分かりません。口コミやネット上でも多少は流布されていたのでしょうが、コネもツテもないので、前知識は全くゼロ。仕入れた情報と言えば、せいぜい「千葉か神奈川辺りの海岸らしい」という大雑把な記事の紹介程度でした。


さてどうしたものか、と思っていた矢先、ドラマの第一話に小さなローカル駅が登場しました。「これはもしや!」と思い、時刻表を開くと千葉の館山駅のすぐ隣にある九重駅と合致。ということで、さあ館山へ行こう!(笑)という気分が盛り上がりました。


で、肝心のロケ地は・・・?「えーい、こうなりゃ沿岸周遊コースを走る路線バスから探すわいな。」とかなり無謀な決意を固め、突っ走ってしまいました。それが功を奏したか、本当にバスの窓からロケ現場が見えてきたのだからすごい、人間考えるより先に行動しろ、とはよく言ったものです。この時ばかりは、幸運に感謝でした。

【 ロケに遭遇 】


さらにミラクルだったのは、炎天下の青空の下、ドラマ収録中にぶちあたりました。現場には反町隆史君、竹野内君、稲盛いずみさん、広末涼子ちゃん、とメインキャストが勢ぞろい。騒がない&撮影禁止という条件で30名程度のギャラリー(見物人)も小屋の斜め後ろでロケを見ることができました。


竹野内君は、グレーの安っぽいTシャツを着込んで、パイプ椅子に座り、ボーっとタバコを吸ったり、一シーン終わればカメラチェックに余念がない様子。全く外野は気にせず、妙に行動が自然で、変に気取ったりすることもありません。むしろ、完全に自分の世界に没頭するタイプ?


もちろんドキドキものでロケを見ていたのですが、この時私が一番感じたのは世のグラビアはなんと嘘つきなことか(笑)ということです。普段「カッコ良い〜」と惚れ惚れ見ていた写真より3割増、いや5割増のカッコ良さではないですか!!後ろで「竹野内、カッケェ〜ッ!」と呻く若者有り。まさに呻きたいのは私のほうよ、と。


撮影は、海岸のゴミ掃除というようなシーンで軍手で丸木を持ったり、砂浜をうろついて台詞もちょっと喋ったりしていた感じです。ドラマロケというのは本当に気が遠くなるほど一つのシーンに時間をかけるものだなあ、とも思いました。残念ながらこの日の見物は30分程度、泣く泣く現場を去りました。


  この小屋(セット)の裏手で役者達がカメラチェックしてました。

   

【 忘れられない夏の思い出 】


2度目の逢瀬は、それからさらに3週間近く経って夏の終わりが近づいてきた週末。その頃になるとギャラリーの数は膨れ上がり、あちこちから車やバイクに乗った若者達や家族連れが押しかけてきました。警備員も増強されて、「撮影する人を見つけたらロケを中断し、全員帰ってもらいます」と脅し文句を何度もかけられるほど。


そんな中で数時間待ち、夕方暗くなってようやくロケバスがやってきました。その日の核となるシーンは、夏の終わりの夜の浜辺で広海(反町)と海都(竹野内)が、勝(マイク真木)に「そろそろお前達の番だな・・・」と語る場面でした。


ドラマでは夜の浜辺に男3人だけ、というシチュエーションでありながら、実はかなり離れた場所に役者を取り囲むようにギャラリーが数十人体育座りをして(笑)見ている、という不思議な光景が展開されておりました。もちろん台詞なんかは聞えませんが、何度も何度も「まだやるの?」と思うほど同じ演技が繰り返し展開されています。


途中、反町君が真剣な表情で監督さんに「ここはこうしたい」というような熱いアピールをしているのも見えました。そうやってわずか数分のオンエアであるシーンを延々2時間以上、深夜近くまで続けていたのです。*1またしても「いやはや大変な仕事なんだなー」と感心しきり。それでも、


さざ波の奏でる音楽を聴き、汐風を感じながら、頭の上には綺麗な星空、彼方にはトビキリ極上のイイ男二人(笑)
 ・・・まさに至福のひととき。ウットリ夢うつつの夜でした。


このダイヤモンドヘッドをメインとするロケ現場はTVで見るよりとても小さいエリアで驚きました。ドラマが終わったらすぐに取り壊される、という噂でしたが、結局かなり長い間このオープンセットは残っていたようです。ナマの竹野内君に逢えた喜びも大きかったものの、このロケ地が本当に大好きでした。ドラマとは全く違う8年前の夏の思い出がそこには残ったからだと思います。


ビーチボーイズDVD BOX

ビーチボーイズDVD BOX

◆'10.7.21追記:なんと!ビーチボーイズのDVD-BOXが発売されることが決まったそうです。ブラボー!!


竹野内豊(1) 日本一、会うのが難しい俳優? - 雅・処

*1:たまに休憩や機材関係の調整が入って中断されましたが。