雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

「レ・ミゼラブル」スペシャルキャスト編

2度目のレミゼ

先週の上京で、『レ・ミゼラブル』のスペシャル公演を見てきました。最初の観劇では、ストーリー展開とキャスト、曲を追うことで必死だったのですが、2度目はそこら辺がクリアになっていたので、非常に気負いなく見れました。それなりに尺の長さもあり重厚なミュージカルですが、すごく楽しんで見られて、終演まであっという間に感じられたことにびっくり。


何と言っても違いは、初演メンバーによる圧巻の歌声です。私みたいなド素人は、やっぱり見た目の分かりやすさが楽しさに繋がるというか。実際、今のキャストもみんな歌は一定以上の上手さなのですが、スペシャルキャストは、何か「ゆとり」を感じさせます。長年演じ、歌い続けてきただけの説得力という強みがありますし、ミュージカル初心者?にも分かる知名度とか(笑)。


山口祐一郎さんのジャン・バルジャンは、やたらと超人的なイメージが強く、どんなに追い回されても不死身の男だ!という感じがしたのですが、別所哲也さんのバルジャンは、罪を隠して逃げ廻る男の脆さなんかも滲み出ていてジンワリきました。最も興奮したのは、アンジョルラス役の岡幸二郎さん。友人がファンですので、名前は前から知ってましたが、歌を聴くのは恐らく初めて。


かつてスタジオライフの演目で客席で一度お見かけしたことはありましたが、その時は”足の長さ”と”彫の深いお顔”ばかりに目が行ってしまってました。この舞台では、学生達による革命のリーダーの役ですが、カリスマ性が際立っており、歌の上手さにも大感動。”当たり役”と言われていたというのも納得。周りの学生達(アンサンブル)全員がその”熱”に浮かされていくのが実感できました。


石川禅さんのマリウスも充分に若々しくて違和感なしでした。以前ジャベールで見ていたときよりも持ち前の高めのテナー?ボイスが生かされていた気がします。子供ながらに大活躍するガブローシュ役は、小宮明日翔君。全く危なげなく上手で利発そうなお子様ぶり。ただ私は、初観劇で見た鈴木知憲君のほうがちょっとグッときました。やや危なっかしさはあるけれど奮闘してる感じが役にダブってきたから、切なくて。


結局、加藤清史郎君を見られなかったのは残念でした。予備知識として、清史郎君は以前、このミュージカルを客席で見て大感動し、「絶対出たい!」と歌のレッスンにも通って、オーデションで役を射止めたそうです。その熱意とか、幼いながらに役者魂のすごさ、とかそのあたりに驚いていたのでできれば見たかったなあ。レミゼマニアの友人の話では、「小さいけど、思ったより歌えていたよ。」ということでした。

【まさか、こんな絡みがあるとは】


もともとお目当てのグランテール役の石飛さん。もちろん、前回よりはグレードアップして見てるほうも安心して見ていられました。2幕始めのソロがもうちょっと安定してくれるといいんですけど・・・。そう言ってる間に終わっちゃいそう(汗)。それよりも、石飛さんがガラの悪い客として、別役で娼婦に落ちぶれたフォンテーヌに暴力をふるうシーン。。。


まさにそのお相手・フォンテーヌ役が、かつて私がファンだった岩崎宏美さんだったので、客席で腰砕け(笑)になってました。いやこりゃあ、なんかすごすぎて言葉もありません。ン十年前、地元のコンサート会場の一列目で宏美さんを見たこととか思い出して、私にとって往年のスターさんだけに、「うわっ、トビさんが、宏美ちゃんに絡んでるよ・・・(唖然)。」という状態でした。ホントびっくりしましたわ。


その宏美さんですが、「夢やぶれて」のソロは、かなり喉に負担がかかるようで厳しい感じ。往年の美声を知ってる私にしては悲しかったです。頭内で勝手に”ピーン”と通る艶のあるソプラノを想像してしまうため、必ずしも完璧に歌えない現状*1が切なかったです。ただし、それ以外の歌唱はさすが、でした。特にラスト、死期の近づいたバルジャンに言葉をかけるときの慈愛に満ちた歌声は、「これは子供を生んだ母だからこそ出せる情感よね。」と思わず唸る素晴らしさ。満足できました。


圧巻だったのは、エポニーヌ役の島田歌穂さん。この役の重要さは、彼女が歌うからこそ一層引き立ったようでした。ロビンちゃん(byロボコン)での愛らしい姿が今でも目に焼きついてるのですが、今や押しも押されぬ名歌手ですね。今なお若々しくてキュートで切なさもあって、本当にずーっと見ていたい!と思わせるほど魅力的でした。


このスペシャルキャストを見ることで、ようやく私の中で大作ミュージカル『レ・ミゼラブル』が、長年の評判と合致して、しっくりきた感じでした。よかったよかった。


miyabi2013.hatenablog.com

*1:今回だけではなく、毎公演ずっとそういう状態らしいです。ポリープの手術後は、本人も無理をしないようセーブしている、と語ってましたがそれを実感させられました。