読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

レコード→CD化大作戦!ハマってます

つい2日ほど前から久しぶりにダビング作業にハマってます。LPやカセットの音源をCD化する、というなんともアナログな作業です。世の中、デジタルコピー、ダウンロード花盛りだというのに、どうも「形の無いものが嫌い」という天邪鬼な私は、部屋が狭くなるのも関わらず”がさばるもの”だらけ、の生活から抜けられません。


でも、やっぱり自分にとっての”お宝”な音楽がまだまだLPのまま眠ってて、「この子達を見捨てることができない〜!」とずっと気にして暮らしていました。音響製品は好きなのですが、このずぼらな性格ではマニアにはなれない。ここで、私より先を行ってる友人のYちゃんにお薦め製品を聞き、ネットでちょこっと調べて即買いしてしまいました。


それはUA−3FXというオーディオ・キャプチャー。見た目がなんかアナログチックでちょっと安心感がありました。ステレオやPCと繋げるのも簡単、馴染みの赤白端子が光っておりますし(笑)、PCにはUSBのみという手軽さ。うーん、面倒臭がりやの私には嬉しい。添付のソフトでは不十分なので、編集ソフト(Sound it)も購入し、「さあやるぞ!」と息巻いていたのは1年前。・・・あえなく頓挫(汗)。


原因は、取り込んだ音にブチっと入る正体不明のノイズ。これに泣かされておりました。結局、PC本体のドライバの不具合の可能性が高いのですが、ソフトの影響もあったのかもしれません。PC故障でHDD総入れ替えとなったのが功を奏し、もしや、と思って繋げてみたら、悩ませられたノイズは消え、すんなりキャプチャーできました。


ノイズ除去&凝った編集などはろくにやってませんが(汗)、レコード盤のキズなどがひどくなければさほど気になりません。まあ、Yちゃんのようにレコード盤を水洗いして干す、などという芸当はさすがにできないのですが*1、かなりクリアにキャプチャーされます。原盤より音が綺麗になってるような気がして感動・・・。


音割れしないようにテストをして、キャプチャー後の曲間は手作業で分割し、あとは曲名を打ち込んで1枚に付き、2時間弱ほどでCD完成。ちょっとばかし面倒ではありますが、それでも少しの辛抱でCDが完成するのだからたまりません。ド素人なのでもっと優れものもいっぱいあるとは思いますが、自分的に満足してます。


CD作成時は、ネット接続もせず*2ひたすら地道な作業に取り組んでいるので、時間がもっと欲しくなりますね。飽きてやめるまで何枚作れるかな?それにしても、あまりにアングラで、復刻CDなんて望めないものを一体何枚持ってるんでしょう、私は(苦笑)。


最近は、音楽も使い捨て、という風潮を感じて寂しくなってしまいますが、一枚のアルバムを探し求め、大切に大切に聴いてる人もきっと日本全国、いや世界中にいっぱいいるんでしょうね。デジタル化が進むほど、アナログに還る、というのも有かな、と思う昨今です。


EDIROL USB オーディオキャプチャー UA-4FX

EDIROL USB オーディオキャプチャー UA-4FX


 オーディオ・キャプチャーです。私が買った製品の上位機種。24bitまでOKなのですがCD作成は16bitになります。外部マイク録音で楽器の音なども取り込めるそうです。


Sound it! 5.0 for Windows

Sound it! 5.0 for Windows


 私が購入したソフトの最新バージョンです。

*1:埃が取れて一番、綺麗になるそうです。

*2:常駐ソフトがノイズを招かないように。ウィルスバスターも一旦停止です。