読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

'11世界選手権、ロシアで開催

フィギュアスケート

つい先日、フィギュアスケートの世界選手権が4月から5月にかけてロシアで開催されるようになった、という朗報が入りました。震災直後、東京での開催が中止となって、とても落胆したのですが、場所は変われど早めに開催が決まって良かったです。秋に日本で、という話もありましたがそれはあまりにも選手に負担をかけてしまうので、正直ないな、と思ってました。


どの選手も世界選手権に照準を合わせて日程調整や厳しい体調管理をしているだけに時期がズレてしまっただけでも大変でしょう。おまけに原発問題で先の見えない今の日本では、たとえ場所を西の地域に変えても拒否感が強いハズ。日本で開催できれば、世界最高レベルの盛り上がりは保証できましたが、仕方ありません。いつか、この借りは返すぞ(笑)ということで。


日本も震災ムードでいろいろと自粛中です。それが良いというわけではありませんが、日本選手達には、メダルへの過剰な期待やマスメディアの突撃取材など軽減されて、もしかしたら負担が軽くなって実力が発揮できるかもしれません。私も戦績よりも、選手の皆さんが同じ”日本人”として試練と戦っている人達に活力を与えてくれればそれで充分、という気持ちです。


もしかしたら勘違いかもしれませんが、未曾有の危機を経験して、いつになく日本人が一体感を共有している感じがします。全体主義というのとも違って、先が見えない中で不安混じりで寄り添っているような温もりを感じます。国外で祖国を案じている人々にもそれは伝播していると思いますし、アジアの国々もびっくりするほど日本と痛みを共有してくれている感じがあり、震災前と後では”世界”すら変わってしまったような感じです。


とにかく目先の目標は、世界選手権までに壊れたテレビをどうにかしたい(笑)。それからGWまでにどうか東北新幹線が完全復旧して欲しい(笑)。いや、もちろん原発が安全になってくれるのが一番ですが。そうそう、スケート界の我がアイドル、羽生結弦君は無事のようです。リンクも震災の影響を受けてるようなので、オフシーズンに入ってちょっと救われたかな。