雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

俳優

映画『御法度』の忘れられないエピソード

映画を取り巻く沢山の思い出 1999年公開の大島渚監督作『御法度』、この映画について書くにはあまりに思い出が多すぎて、なかなか触れることができないなあ・・・と思っていたのですが、先日、久しぶりに映画を見返したので、この機会に書いてみよう、と思いま…

GWに綾野剛「フランケンシュタインの恋」2話までの感想

すっかりブログの更新をサボり続けており、いつの間に季節は春真っ盛り、となりました。久しぶりのスローライフな生活を満喫しております。溜まりに溜まった綾野剛バラエティー出演作や過去作品を見続けたり、なかなか小さな幸せ感に浸っています。 それにし…

映画「怒り」3/30韓国公開

相変わらずセンスの良い韓国版ポスターと予告 韓国映画や韓国自体に特別な思い入れがあるわけではないのですが、韓国サイトをネットサーフィンしていると、映画に対する思いの熱さが日本人以上だな、と思うことが多々あります。”映画王国”としての拘り、が垣…

映画感想「彼らが本気で編むときは、」と「ブエノスアイレス」

「彼らが本気で編むときは、」優しいファンタジーと少しの毒と 先週公開の荻上直子監督作『彼らが本気で編むときは、』を見てきました。BL系やLGBT映画を特に興味深く見ている私にとって、半年くらい前から公開を待っていた作品でした。荻上監督作は、『かも…

日本アカデミー賞最優秀助演男優賞 妻夫木聡おめでとう!

それにしても作品賞が残念無念・・・(涙) 例年、「どうでもいい」感満載だった日本アカデミー賞の発表で、こんなにドキドキしたのは初めてでした。それもこれも映画『怒り』のため。そして、妻夫木×綾野のラブラブカップル見たさゆえ。もちろん、そんなよこし…

綾野剛がキテます!

とてつもない露出度に驚嘆、ノッてる俳優の怒涛の活躍 綾野剛君に注目し始めて、約半年。自称”ゆるーいファン”を目指して続けてます。「怒り」の直人役で注目をしてから、極力お金を使わずに(笑)、過去作品を漁ってます。幸いWOWOWやネット配信のおか…

2016年BL的演劇 感想

『ゴーゴーボーイズゴーゴーヘブン』阿部サダヲ&岡田将生 昨夜、WOWOWで放送された『ゴーゴーボーイズゴーゴーヘブン』。生で観ることはできなかったのですが、最近やけに資金力の高さを感じさせる(笑)WOWOWがやってくれました!まあ、メジャー系役者も出…

成宮ショックに襲われる日々

まさか引退とは!芸能人の真の孤独に愕然 一昨日発表された成宮寛貴君の芸能界引退の報にかなり衝撃を受けています。もっとも、彼のファンだったことはない自分がここまでショックを受けるとは、思いもしませんでした。それでも、私の中で彼が長らく”気にな…

映画「怒り」 アジアで続々解禁

公開後とうとう一ヶ月 映画「怒り」が公開された9月17日から早一ヶ月が経ちました。だいぶ落ち着いてきましたが、まだモヤモヤっと漂っております。自分の琴線に触れた作品に出会うと、ダメダメな人間に陥る私。すっかりその世界観から抜け出れなくなってい…

映画「怒り」 まとめリンク集(妻夫木聡&綾野剛中心)

映画『怒り』公開から半月。3回も見に行ってしまって、まだまだ病んでます(笑)。見返すほどに見逃した部分が見えてきてすごく有意義な反面、痛みについてもいろいろと気づいてしまって、飽きない衝撃が・・・。妻夫木君や綾野君役者個人への興味まで沸いてし…

映画「怒り」 妻夫木聡と綾野剛の全力ラブシーンにクラクラ

役者の演技が熱すぎて疲労感に襲われるほど 半年前から宣伝でチラホラ目にしていた映画「怒り」。本日、やっと初日公開で見てきました。もともと血やグロ系が苦手で、猟奇殺人事件が題材と知っていたので、「うーん、見るかな~?」と及び腰だったのが、2週…

「仮面ライダーアマゾンズ」で、谷口賢志に二度目惚れ

異色すぎて戸惑い続きだったドラマ 仮面ライダーや特撮を楽しく見ていたのは小学生まで、の自分がまさか、今更のようにハマったことが驚きの「仮面ライダーアマゾンズ」。ただし、その単純な目的は、映画「どうしても触れたくない」でファンになった谷口賢志…

エンタメ・メジャー界にも侵食するBL旋風!?

あの俳優もこの俳優も、一体どうしたの? コミック界はともかく、実写映画界ではこの10年ほど静かなムーブメントとしてBL映画が人気を獲得していってます。かくゆう私も、男女の恋愛映画は、ほとんど見なくなって久しいのですが、個人的な好みの問題という…

廣瀬智紀主演 『WORLD ~beyond the destiny~』を観てきました

大好きな俳優2人の競演にときめく GWのスタートである4月29日(金)に、念願叶って、「WORLD ~beyond the destiny~」という芝居を観てきました。『セブンデイズ』の廣瀬智紀君、『どうしても触れたくない』の谷口賢志さんと、BL映画をきっかけにファン…

2015紅白歌合戦

とうとう大晦日の夜 今年も、あと数時間で終わり。「紅白歌合戦」を流しながら、ネットサーフィンをしていました。あっという間に3時間以上経っていたんですね。X JAPANだけは、さすがに集中して見てしまいました。私がX JAPANに初めて出会って、衝撃を受け…

『セブンデイズ FRIDAY→SUNDAY』は、さらに悩ましい

早くも灼熱地獄の日本列島。今年の夏の第一のヤマ場が終りました。アイドルHey Say Jumpのコンサートに始まり、スタジオライフの芝居観劇、そしてBL映画3本連続鑑賞(笑)。これらが1週間の間に集中的にありまして、どこから書こうかかなり迷うところで…

BLでオドロキの純愛を描く 映画『セブンデイズ MONDAY→THURSDAY』

スクリーンに吸い込まれるような、ドキドキ感 急に東京行きが決まったチャンスを生かして、フラッと池袋に見に行った『セブンデイズ MONDAY→THURSDAY』。2015年度、最新ホヤホヤのBL映画です。タクミくんシリーズ以来の学園モノですが、予告の雰囲気がビミ…

意外な佳作BL映画 『夏休みのような1ヶ月』

人気ミュージカル俳優がこんな映画に出てるとは! 最近は、「面白いBL作品あまりないなあ~」と思ってちょっと物足りない日々(おいおい)を過ごしていたのですが、ちょっと前に公開されて全然知らなかった、とある小規模映画を何の気なしに見始めてみたら、…

最近の堺さん、幸せなのかな?

CMではこれでもか、と見かけますが・・・ 堺雅人さんが結婚して、「半沢直樹」が大当たりして、早1年。なんとなくテンション下がって、ファンから足を洗ってる昨今ですが(私はあまり”幸せ”が似合う俳優*1が苦手で・・・笑)、CMでは毎日というほど見かけるよ…

静かで大人なBL映画最新作「どうしても触れたくない」

BL映画に新たな一ページが刻まれました 今年の初夏に東京で封切られ、全席売切れ続出だったという噂を聞いていたのが『どうしても触れたくない』。予告映像を見た限りでは、「どうだかな~?」という感じだったのですが、その評判の高さと原作漫画の人気(私…

NINAGAWA×SHAKESPEARE「ロミオとジュリエット」観劇記

月川ジュリエットに大満足 もう10日も前になってしまいましたが、ようやく落ち着いてきたので関東遠征の思い出を記しておこうと思います。まずは、初日の蜷川版オールメールキャストでの『ロミオとジュリエット』。チケット争奪戦にあえなく破れてから、チケ…

月川悠貴主演の「ロミオとジュリエット」が見たい!

先日、某劇団(笑)の公演で予告宣伝チラシを見て「これは見たい!」と思ったのが、月川悠貴君の「ロミオとジュリエット」公演でした。最近あまりお姿を見ないなあ、と思っていたら、月川華劇団なるものを創設し、その直後、病気や手術で療養されていたよう…

蜷川版「じゃじゃ馬馴らし」では、あの方が・・・

そうそう、恒例である彩の国シェイクスピアシリーズでは、10月にオールメールシリーズ第五弾『じゃじゃ馬馴らし』が上演されると知りました。「スタジオライフ版の上演が先で良かった」と演出家・倉田女史が胸を撫で下ろされた(笑)というだけあって、正統…

ずっと見たかった役どころが今、「半沢直樹」

堺さんが結婚後、初のテレビドラマ「半沢直樹」。「リーガルハイ」の続編より先にこのドラマが始まることを全然知らず、当日のオンエア情報で知る、というなんともライトなファンぶり。 結婚をしてますます演技に磨きがかかる役者と、それまでの紛い物の”光”…

堺雅人&菅野美穂電撃結婚!そして第1ステージが終わる・・・

朝イチでヤフーニュースを開いて、目に飛び込んだ「堺雅人結婚!」の文字にまず動揺。「で、相手はだ、ダレ、誰?菅野美穂~?!」と寝ぼけた頭にカウンターパンチ。でも、まずその第一報は、ストンと腑に落ちるものがあって納得し、意外と冷静に受け止めら…

キャスト良し、犬演技良し、なのに満足できない映画『ひまわりと子犬の7日間』

堺雅人さんの2012映画ラッシュの最後を飾る、「ひまわりと子犬の7日間」の初日公開に行ってきました。あまり期待していなかったので(失礼)、あやうく行きそびれそうになりました。春休みということで、子供を連れた家族連れで大賑わいの映画館でしたが、…

堺雅人を勝手に(ほとんど余計なお世話で)分析する

このブログを開設して、ちょっと実験というか遊んでみるのもいいな、と思ったりしています。初めに運営していたブログでは、何かネタを書きたくてもフットワークが重く、どうにも自分に枷を課していて、少なからずブログが重労働になっていた部分があったか…

堺雅人渾身の一作『その夜の侍』 好きにはなれない、モヤモヤ感

今月5日に地元の小さな映画館でやっと見られた『その夜の侍』。昨年後半からの怒涛の堺雅人シーズン中、一番興味のあった映画でした。企画モノとして盛り上がっていた『大奥』シリーズ真っ最中でしたが、大都市圏では11月中旬に公開され、なかなか公開の決…

映画『大奥 ~永遠~』 またもや主役じゃない・・・!?

テレビドラマ『大奥〜誕生〜』に引き続き、映画『大奥〜永遠〜』を見てきました。体調の関係もあって初日には残念ながら見られませんでしたが、少し遅れたことで逆に新鮮な気分で味わえたのも確か。正直言って、見る前はいろいろと心配もあったんですが、映…

第55回アジア太平洋映画祭に出席した堺雅人 まさかのプレゼンターで登場

前から期待していたわけではないのですが、ふと思い出したのが15日夜にマカオで開催された「第55回アジア太平洋映画祭」の授賞式。『大奥』やその他多くの取材や舞台挨拶を抱えて超多忙と思われる堺雅人さんがなにやら、この映画祭に呼ばれているような情報…