雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

どうなる宝塚韓国公演

(前の日記に書いてたのですが、だんだんリンクが増えてきたので独立させます。)

韓国公演が11/11〜13に開催されますが、一応訪韓する予定です。しかし、今回は阪急の観劇ツアー(これがまた高額ですね・・・汗)には参加せず、フリーで訪問の予定で韓国人の友人のキョンちゃんに多大にお世話になってます。


キョンちゃん情報で韓国サイドの裏情報(?)もほぼリアルタイムで入手できるのが、今なかなか面白いのですが、まだ確定要素が少ない情報もあるので帰国後にレポという形でまとめれれば、と思ってます。すでに今の段階でも韓国の宝塚ファンのパワフルさには脱帽しておりますので、表と裏でかなり刺激的な観劇を楽しめそうです。とにかく何事もなく無事行ければいいのですが・・・。

【 韓国公演の現地記事と動画 】


韓国のサイトでいつも感心するのがそのデザインの斬新さです。同じ写真を使っていても、非常に凝っていて目を驚かせます。内容はちょっと大袈裟だったりしますがそれもご愛嬌かな(笑)。どの記事でも「未婚女性」が必要以上に取り上げられているのがなんとなく気になりますね。やはりかなり奇異に映るのでしょうか。韓国語版については、翻訳ソフトで訳を読んでおり、韓国語は全く分かりません。

東亜日報(2005/10/05の記事:日本語版)
 donga.com[Japanese donga]
 → 記事には微妙に間違いがありますが(汗)。 

NAVERの韓国記者会見動画(韓国語版)
 http://news.naver.com/tv/read.php?mode=LSD&office_id=130&article_id=0000002223  
 → 写真をクリックすればスタートします。

中央日報(2005/10/25の記事:日本語版)
 日本の宝塚歌劇団来韓…主役の湖月わたるさんほかインタビュー | Joongang Ilbo | 中央日報
 → 記者会見のときのインタビュー記事です。

SBS公演情報の映像(2005/11/5:韓国語)
 http://news.naver.com/tv/read.php?mode=LSD&office_id=055&article_id=0000056950
 → 公演紹介で一番ラストに短い映像(全国ツアーのもの)が流れます。写真をクリックでスタート。       

[意訳]
 日本式ミュージカルで有名な宝塚歌劇団が「ベルサイユのばら」で65年ぶりの来韓公演を行います。未婚女性たちだけで構成された宝塚は、中性的魅力の男性演技で高い人気を呼んでおり、日本の代表的な文化商品に数えられています。

中央日報(2005/11/07:日本語版)
 未婚女性だけの「歌劇士官学校」日本の宝塚歌劇団初来韓 | Joongang Ilbo | 中央日報
 → 宝塚についてのニュースの中で最も辛口ですが最も詳細なレポ(苦笑)。かなり内部に詳しい記者だと思いますが、やはりどこか色眼鏡もありそうな感じです。

NEWSIS(2005/11/09:韓国語版)
 :: 공감언론 뉴시스통신사 ::
 → 韓国で受けた公演前のインタビュー記事
   「タカラヅカ、私達もヨンサマ好きです〜」というちょっといかにも(汗)なタイトル。


チケットリンク記載の記事は、なかなか面白かったです。宝塚をあまり知らない記者の率直な印象談もありました。「記者会見では少々重々しい雰囲気でインタビューを心配したが、韓流スターの話で和んだりしてホッとした」なんてことも書いてあってちょっと人間的。また、ジェンヌさん達がベルばらの貴公子からショーへ驚きの変身をすることにも触れてます。動画はもちろん日本語でのインタビューです。
 ※追記:(2006年3月現在)リンク切れとなっているサイトがいくつかあります。


SBSでは、11月5日の文化情報番組にて5分程度の宝塚の紹介が放送されました。映像は、宙組の「ベルサイユのばら2001」からでどちらかというとオスカル(彩輝直)・アンドレ(水夏希)中心。「フェルゼン編なんだけど、いいのかしら・・・?(汗)」という感じでしたが、やっぱり「ベルばら」=オスカルなんでしょうね。まあ、当たり前ですけど。


今回は、開幕前に流れる挨拶も湖月わたるさんの韓国語だということでなかなか楽しみです。韓国語のアドリブ、ウケたらいいなあー。

韓国旅行記~宝塚韓国公演(1)~
韓国旅行記~宝塚韓国公演(2)~ いよいよ初日開幕!
韓国旅行記~宝塚韓国公演(3)~ 神様が舞い降りた魅惑のショーの世界
韓国旅行記~宝塚韓国公演(4)~ 韓国人ファンの熱いソウル
韓国旅行記~宝塚韓国公演(5)~  韓日ファンミーティング
宝塚韓国公演 プレレポ ~公演までの道のりから~ - 雅・処