雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

町田啓太主演の西荻窪三ツ星洋酒堂がまもなく始まる!

町田啓太の快進撃始まる!?

「チェリまほ」最終回ショックから、早1ヶ月半。別にそこまで落ち込んでいたわけではなく、まったりと過ごしておりました。今月は実生活でちょっと爆弾抱えてるので、気が抜けない日々になりそうですが。


未だにあの最終回は若干のトラウマで、ドラマを見返す頻度がガクンと下がってしまったのは否めません。続編(というかスペシャルドラマがせいぜいでしょうけど)への望みもだんだん薄れてきて。。。


何が大失敗なのか制作側が理解していない、原作者との意識のズレも相当ありますし、何らかの形で続きがあったらご褒美として喜びますが、現時点でぬか喜びはしないでおきます。虚しくなりますもの。


赤楚衛二君×町田啓太君ほどのゴールデンコンビはなかなか出ないとは思いますが(「おっさんずラブ」の春田×牧コンピの時も思ったけど)、新たな質の高いBLドラマの出現を待ちたいと思います。


さてさて、その「チェリまほ」の時には、あれほどまでに要望殺到した公式本も出ずに、テレ東なにやってんだ!(怒)状態だったのですが、最近は雑誌での町田君特集が次々と告知されていて忙しくなっています。


幸いなことに2/11深夜スタート「西荻窪三ツ星洋酒堂」で主演を飾り、雨宮涼一朗役のビジュアルも「チェリまほ」の黒沢のビジュアルに通じるものがあるので、2つのドラマの混合として雑誌記事を楽しみにできますね。


町田君にとって、最初のソロ表紙&大特集を勝ち取った「スクリーン+71号」は、只今予約殺到で出版社もネット&リアル書店もパンク状態(一旦、予約中止)ということですし。チェリまほコンビでの、2号連続特集のananも予約殺到のはず。


「チェリまほ」当時、2人の新星スターの情報がほぼネットだけで、全然満たされてなかった渇望感がここにきて爆発しています。写真集2万部超え(赤楚)と5万部超え(町田)ですよ、当たり前だっつーの(笑)。


少しでも紙媒体の購入を減らそうとして、楽天マガジンに加入したのですが、特集記事で良かったら勿論購入するつもりなので、気休めでしかないかもしれませんね。すでに田中圭大ブレイクで2度目の経験。


ふん、ノウハウは分かってるさ(ホントか?)。

「にしぼし」ドラマ開始を待つ日々

コミック原作で「西荻窪三ツ星洋酒堂」というカキカキとしたタイトルの省略形にTwitter公募で決まったのがにしぼし。なんかちょっと無難過ぎて、まだピンときてません。こういうのって自然発生的に呼ばれるのが一番良いのですけどね。


最近はTwitterトレンドを視聴率と同様に重要視する風潮、もあるので仕方ないかな。深夜ドラマとなると明確な指標は求められない代わりに、口コミや話題性という目に見えない盛り上がりが大事なんでしょうしね。


あたかもチェリまほのすぐ後で急遽決まったかのような、原作漫画も単行本化すらされていなくて町田君に合わせてもってきたようなお話、と思えなくもないのですが(汗)、そのドタバタ感を覆う素敵なキャスト陣。


「his」の好演が印象的だった藤原季節君と、「遠雷と蜂蜜」で個性的な演技に惹き付けられた森崎ウィン君という若手実力派が揃ったことで期待感マシました。


派手な人間ドラマではなく、「深夜食堂」的な人々の繊細な思いを受け止める場所としてのカクテルBAR。予告からも町田君の包容力溢れる姿に期待感いっぱいです。それこそ、たとえストーリーがなくて町田君を見るための環境ドラマでもいい。


黒沢テイストのストレートヘアと「チェリまほ」でのめり込んだ分、次の男女モノの恋愛ドラマにはちょっと時間を置いて欲しいという身勝手な思い、どちらも叶えてもらってすごく嬉しいですね。

海外での配信も決定!!

「チェリまほ」人気の余波をかって、「にしぼし」も海外での(ほぼ)リアルタイム配信が決定してます。BLドラマではないので、やはりアジアが主体になりますが、ドラマが良ければもしかしたらもっと広まっていくかもしれませんね。

  • 台湾 FriDay影音 2021/02/12開始 
  • 香港 Hmvod 2021/02/12開始
  • 韓国 ドラマーコリア 2021/02/19開始(2話ずつ配信)


一方で、制作がMBSというローカル局だけに、むしろ日本の方が放送されない地域が多いという問題があります。東京ですらエリア外というビックリな状況。現在は、TVerなど見逃し配信があるからなんとかついていけますが、やっぱり放送してもらわないと録画もできないのでかなり不便です。


配信見放題サービスは有料になるし、また違う配信サイトに加入しないといけないし、配信サイトの乱立もいい加減にして欲しいものです。もう全部、AmazonNetflixだけでいいじゃん、な感じ。あるいは民放+NHK全て共通化して欲しいです。


まあ、そういう悩みもありつつも、「にしぼし」の町田君とその活躍を、一服のオアシスとして心待ちにしている状態です。30歳になってから、それこそ魔法にかかったような、とても良い感じのブレイクですよね。