雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

スポーツ-フィギュアスケート

グランプリファイナル開幕! 今季は楽しみ半減か?

GFシーズンが始まりました。アメリカ杯、カナダ杯、中国杯、そして今日でフランス杯も完了。ということは、スタートからもう1ヶ月も経っちゃってたんですね。すでに王者ランビエール引退(涙)、昨年の世界フィギュア覇者ジェフィリー・バトルも引退。 そ…

往年の名選手(3) エカテリーナ・ゴルデーワの軌跡

時は'88年カルガリー・オリンピック。伊藤みどりさんの華やかな五輪デビュー!で感動が焼きついたその大会で、一組のペア・スケーターが金メダルをとりました。エカテリーナ・ゴルデーワ&セルゲイ・グリンコフペア。私が今までで唯一好きになったペアのコンビ…

大番狂わせ ’08世界フィギュア男子

今年の世界選手権フィギュア男子フリーの試合は、生中継ということで久しぶりにドキドキ、心臓に悪いほどの緊張感がありました。最終グループに残った6人の顔ぶれはまさに「オールスター大集合」。いざ並ぶと豪華すぎて圧倒されたほど。 高橋大輔選手に日本…

世界フィギュア2008開幕 真央ちゃんに笑顔は出るか?

いよいよ始まりました、世界フィギュア。といっても、本日ネットニュースやTV放映を見てようやくそんな時期になったのか、と実感した次第でもあります。日程を調べて「あれ?」と思ったことが一つ。男子シングルの前に女子シングルの試合がある、というこ…

四大陸フィギュア大会 やったぜ、高橋大輔優勝!

昨夜遅く、高橋大輔選手が韓国での四大陸フィギュア選手権で優勝というニュースが入ってきました。名だたるライバルが不在なのでやや精彩を欠いてはいたかもしれませんが、それでも悲願の4回転2連続はシビレました。ジャンプにすごく安定感があって、ふわ…

トマシュの時代到来か?

慌しい日々で、チラ見しかしておりませんが、今年のヨーロッパ選手権で、トマシュ・ベルネル君が初優勝を遂げた、とのこと。ランビエールやジュベールが不調だったにしても、時代の変遷を感じさせる画期的なことですね。 NHK杯で見たあの青い「勇名トラ」…

'07総括(3)

今年は、アイスショーと公式戦NHK杯を続けて見に行き、ナマのフィギュアスケートを初めて見ることができました。ステファン・ランビエール、トマシュ・ベルネル、高橋大輔、中庭健介、安藤美姫、村主章枝、荒川静香、カロリーナ・コストナー、サラ・マイヤ…

氷上の芸術家、ステファン・ランビエール 激情と芸術的志向が同居する人

先日のNHK杯が終わって10日ほど経ってますが、珍しくフィギュアスケート熱が続いてます。実はその合間に、ちょっとしたイベントもあったのですが、なんとなくそちらに気持ちが集中できず、この3日ほどネット三昧で、ある選手についてインタビュー記事を…

トマシュのいないグランプリファイナルを待って

もうすぐグランプリファイナル(GP)放映だというのに、トマシュ・ベルネル選手にハマった後、なんだか気が抜けてしまいました。だって「トマシュのいない大会なんて・・・」と○○のないコーヒーみたいに味気ない、とか思ったりもして。 彼の場合、どうやら本…

’07NHK杯フィギュアスケート男子フリー観戦記

只今、時刻は12:30をまわったところ。仙台市体育館に来ています。競技リンクが目の前にあり、ちょっと普段とは感じが違って興味深いです。リンクはこじんまりと小さくて、最後列でもかなり見やすい感じ。昨日のSPでお気に入りのトマシュ・ベルネル(Tomas Ve…

お茶目な貴公子、トマシュ・ベルネル

週末、お篭り状態で見入ってしまった'07世界フィギュア選手権。延々録画を見続けてしまってちょっと気分悪くなってしまったほど(笑)。生でないとはいえ、結果も良く知らないため、リアルな緊張と興奮が続きます。男子のほうは、高橋選手以外は、あまり出場…

勝利の女神はミキティに微笑む(’07世界フィギュア)

先程、世界フィギュア選手権の女子フリーを見終わりました。最終滑走グループには只ならぬ緊張感がリンクに漂っていたようで、実力ある6人の選手達を苦しめていたようです。客席は日本人ばかり*1でも、これが「世界の大会」であることを実感しました。 張り…

ミラクル真央の試練('07世界フィギュア選手権)

フィギュアスケートは、好きな競技なのでよく見てしまいますが、今回は仕事中で全然オンエアが見られず、開幕からの膨大な録画をこれから見る羽目になります(汗)。それにしても「世界選手権」という大きな大会でありながら、1民放独占となると何かと不便…

'06総決算(3)

普段あまりスポーツは見ないのですが、フィギュアスケートは前から好きだったこともあって荒川静香さんのトリノ五輪金メダル以降、注目しています。しかし最近は女子バレー同様、ちょっとショー化されすぎているのではないかなあ、と。ちょっと前なら世界選…

トリノ五輪(2) コーエンとスルツカヤ

今回、残念な結果となってしまった二人の女王については、荒川選手とは別な次元で、実のところ、「金メダルを取らせてあげたかったなあ〜」と思いました。特にスルツカヤ選手。母親が腎臓病に倒れ*1、現在も人工透析を受けている上、本人も心臓病を患ってい…

トリノ五輪(1) まさかの金!荒川静香

昨日は、トリノ五輪金メダルの余韻に一日中酔っておりました。申すまでもなく、荒川静香選手の金メダル旋風のためです。「メダル0もいいんじゃない」*1なんて不謹慎な気分でいたものですが、さすがに”冬季五輪の華”の種目で日本人初の金メダルという奇跡を…

往年の名選手(2) 海外編

みどりちゃんの少し以前の世界チャンピオン、独のカタリーナ・ビット選手も忘れられません。彼女については、抜群の美貌(その後女優に転向)と華麗なスケートが有名ですが、私が一番強烈に覚えてるのは鋲を打った黒の革ジャンを着てエキシビジョンで踊った…

往年の名選手(1) 忘れられない選手、伊藤みどり

トリノ五輪もいよいよ開幕!普段、スポーツにはとんと疎い私ですが、五輪だけは俄かファンとなってそれなりに熱中して見ます。中でもやはり人気のフィギュアスケートは、見ていて美しく感動的ですし、リンクの中と外で作られる本物のドラマもあって昔から好…