雅・処

好きな俳優・映画・演劇などエンタメ一般やスポーツについて自由に語ります。

映画

今こそ、不完全で野心的な面白い日本映画が見たい!

アニメと漫画実写と女子高生ばかりの日本映画、一体なんだ、この体たらくは! まあ、タイトルからしてかなり喧嘩越しなのですが、去年くらいからまた邦画を楽しんできて、ちょっと盛り上がってきたのに、劇場で興味をそそられる面白い映画が全然ない、という…

ハードボイルドBLの誕生「ダブルミンツ」

先週、シネリーブル池袋(ルミネ8階)で映画「ダブルミンツ」を鑑賞してきました。池袋メトロポリタンがルミネに代わって、映画館の場所もよく分からず、朝の唯一の上映に間に合うか、ハラハラしました。ルミネはまだ開店ではなかったのですが、なんとか中央…

今年1番の期待の映画「武曲」 堕落しきった綾野剛の破滅的な美しさ!

ずっと待っていた作品は、間違いなく綾野剛の代表作になるでしょう 昨年の『怒り』公開時にあちこちで目にしていた綾野剛君のむさい長髪と髭面。その時から、ずっとずっと見たいと期待していた『武曲』の初日公開を地元の映画館で見てきました。今のストレー…

結構、綾野尽くしの日々

岩井俊二作「リップヴァンウィンクルの花嫁」 週末は、WOWOWで放送された「リップヴァンウィンクルの花嫁」を見て、とても岩井俊二な(笑)気分に浸っておりました。まあ、岩井さんがもてはやされた時代を知ってる、というだけで岩井ストでもなんでもなく(…

映画感想「彼らが本気で編むときは、」と「ブエノスアイレス」

「彼らが本気で編むときは、」優しいファンタジーと少しの毒と 先週公開の荻上直子監督作『彼らが本気で編むときは、』を見てきました。BL系やLGBT映画を特に興味深く見ている私にとって、半年くらい前から公開を待っていた作品でした。荻上監督作は、『かも…

エンタメ・メジャー界にも侵食するBL旋風!?

あの俳優もこの俳優も、一体どうしたの? コミック界はともかく、実写映画界ではこの10年ほど静かなムーブメントとしてBL映画が人気を獲得していってます。かくゆう私も、男女の恋愛映画は、ほとんど見なくなって久しいのですが、個人的な好みの問題という…

映画「海難1890」と「杉原千畝」をハシゴ鑑賞

味わいの異なる歴史的映画 昨日、たまたま封切が同日に重なったため、久しぶりに新作映画2作品をハシゴしてきました。もともと前売券を買っていたのは、「海難1890」のほうで、日本とトルコの合作という珍しさや、あまり人々に知られていない感動的実話*1と…

キャスト良し、犬演技良し、なのに満足できない映画『ひまわりと子犬の7日間』

堺雅人さんの2012映画ラッシュの最後を飾る、「ひまわりと子犬の7日間」の初日公開に行ってきました。あまり期待していなかったので(失礼)、あやうく行きそびれそうになりました。春休みということで、子供を連れた家族連れで大賑わいの映画館でしたが、…

堺雅人渾身の一作『その夜の侍』 好きにはなれない、モヤモヤ感

今月5日に地元の小さな映画館でやっと見られた『その夜の侍』。昨年後半からの怒涛の堺雅人シーズン中、一番興味のあった映画でした。企画モノとして盛り上がっていた『大奥』シリーズ真っ最中でしたが、大都市圏では11月中旬に公開され、なかなか公開の決…

韓国映画『火車』&イ・ソンギュン

昨日、「WOWOWプレミア」(日本未公開作品を紹介する番組)で、放映された映画『火車』を見たのですが、これは宮部みゆきさんのミステリーが原作とのこと。主役のイ・ソンギュンという男優さんがお目当てでした。韓流ファンにならない自信はあるのです…

映画『大奥 ~永遠~』 またもや主役じゃない・・・!?

テレビドラマ『大奥〜誕生〜』に引き続き、映画『大奥〜永遠〜』を見てきました。体調の関係もあって初日には残念ながら見られませんでしたが、少し遅れたことで逆に新鮮な気分で味わえたのも確か。正直言って、見る前はいろいろと心配もあったんですが、映…

第55回アジア太平洋映画祭に出席した堺雅人 まさかのプレゼンターで登場

前から期待していたわけではないのですが、ふと思い出したのが15日夜にマカオで開催された「第55回アジア太平洋映画祭」の授賞式。『大奥』やその他多くの取材や舞台挨拶を抱えて超多忙と思われる堺雅人さんがなにやら、この映画祭に呼ばれているような情報…

映画『鍵泥棒のメソッド』 本当の主演は、香川照之さん?

9/15初日の『鍵泥棒のメソッド』を昨日ようやく地元の映画館で見てきました。6月の上海国際映画祭、先週のトロント国際映画祭での上映ニュースを読んでいたので、日本での封切が待ち遠しくてたまりませんでした。堺さん主演映画も『ツレがウツになりまして』…

残暑が続く

百貨店を廻れば、サマーシーズンも終了か、と思うようなセールが繰り広げられておりますが、ちっとも涼しくない日々に、心身共に疲労がたまります。週末になると特にグッタリ。五輪が終わり、何かに集中する力もないまま日々過ごしております。とりあえず、…

'12上海国際映画祭(2) 「鍵泥棒のメソッド」舞台挨拶

今日の10:30頃に、上海で「鍵泥棒のメソッド」の公式上映と舞台挨拶があり、堺さん、広末涼子ちゃん、内田監督が出席されていました。現地ファンが撮影した動画がアップされていたので、とりまとめて文字におこしてみました。 動画自体は、ググればいくつか…

映画『ツレがうつになりまして』 もうちょっと何か・・・

堺さんの新作映画『ツレがうつになりまして』を、封切1週間目にようやく見ることができました。珍しく前売券も購入して見る気満々だったのに、怒涛の仕事の波に押し流されて、結局はいつものごとくレイトショー。まあ、観客も少なくて落ち着いて見られるの…

『日輪の遺産』 大好きな役者が出ていても気が重い映画

封切から1週間が経ちましたが、ようやく堺雅人主演の『日輪の遺産』を見てきました。戦時中の映画だけに、観客もあまり多くなさそう、ということであまり先延ばしにすると上映が打ち切られる危険もあったので、重い腰を上げました。せっかく久しぶりの堺さ…

『告白』アカデミー賞ノミネート落選

やっぱり先週の流れ上、こちらの話からですね。第83回アカデミー賞ノミネート発表が先ほど、22:30(現地時間5:00)に行われました。WOWOW公式サイトで生中継があり、始まってものの10分ほどで外国語映画賞ノミネートもカタがついてしましました。 というか、…

堺雅人 新作続々

昨年末から、新作情報がなくてやきもきしていた堺雅人さんの2011年作品が次々に決まってます。まずは、秋公開の映画『ツレがうつになりまして』。2008年大河ドラマ『篤姫』の相手役、宮崎あおいちゃんとの再共演。ゴールデンコンビ、なんて聞くと百恵&友和…

『告白』アカデミー賞外国語映画賞ファイナル9に残る!

毎年2月に開催される一大エンターテイメント、アカデミー賞受賞式。今年私が注目しているのは、外国語映画賞部門に日本代表として選出された『告白』が、『おくりびと』受賞の記憶も新しい、この部門の最終ノミネート5作品まで残るか、というところです。…

映画『武士の家計簿』 淡々とした心地よさ

堺雅人さんの最新主演作『武士の家計簿』を初日レイトショーで見てきました。上映劇場は小さめだったのですが、レイトショーの割に意外と(失礼)観客が多かったので驚きました。大半が年輩、あるいは落ち着いた年代の女性(自分も含む)ですね。見る前から…

映画『大奥』 クールな女将軍に惚れぼれ

公開2日目ですが、楽しみにしていた『大奥』を見てきました。前評判どおり、まさにエンターテイメント時代劇で、楽しめました。難しいこと抜きで、とにかく面白いです。一望を持って(?)大奥入りする水野祐之進(二宮和也)の目線で、「大奥ワンダーラン…

堺雅人・過去の作品(2)~ラブリーで怪しくてエロい美青年時代~

堺雅人の映画デビュー当時の映像を選んでまとめ借りしました。日本映画でも久しぶりにB(C)級ものの映画を見たのですが、どんなものが飛び出すか全く分からない面白さがありました。学生時代、よくワケの分からないビデオをレンタルして、「ふーむ」と首…

堺雅人祭りの週末

久しぶりの3連休、遠方の病院に行き、大きな買い物をしてから、ふと映画でも見たいなあ、と思い立ち、近所のTUTAYAへ行きました。今回は迷うことなく、堺雅人さんの出演作を中心に品選び。1週間のレンタル代が1本100円を切ってることにも驚愕。(4本まと…

モントリオール国際映画祭最優秀主演女優賞 深津絵里、カナダで花開く

話題の新作映画『悪人』がモントリオール映画祭コンペ部門に出品されていて結構好評という感じだったので、何かしら賞をとるんじゃないかな、と期待はしていたのですが、深津絵里ちゃんが見事、最優秀主演女優賞に輝いたそうで、本当にめでたい限りです。 一…

「武士の家計簿」ほか新作映画

最近とみに愛しまくってる堺雅人さんの新作映画『武士の家計簿』も12/4に全国ロードショー決定です*1。地元でも封切決定で嬉しい限り。堺さんでなかったら、チャンバラ無しの時代劇なんて・・・とあまりそそられないタイプの映画でした。偏愛ってのはスゴイもの…

なんといっても『大奥』が楽しみ!

観劇シーズンもしばし終了し、まだまだ残暑がひどい中ですが少し息を抜いてます。秋のエンタメは、久しぶりに映画を見たい!という気持ちでおりますが、今までなんとなく書けないでいた映画の感想も交えてアップしたいと思います。 まずは10/1封切予定の『大…

『告白』鬼才・中島哲也監督の魔術と松たか子の怪演

すでに話題を巻き起こしている映画『告白』を見てきました。R−15指定、中学生の犯罪と娘を殺された女教師の復讐劇と聞くだけで、”血”の苦手な私は見る前からゲンナリとなっておりました。それでも、異例の大ヒットという宣伝文句や教室で松たか子さんが淡…

『アバター』 映像以外はありがちな作品かも

仕事帰りにストレスを発散しようと映画を見てきました。当初、「ゴールデンスランバー」を見るつもりでしたが、同じような時間帯に「アバター」もあったので、迷った挙句、「アバター」に決めました。まずは、レイトショー価格にプラス300円という特別価格に…

「ゴールデンスランバー」公開記念凱旋パレードのお知らせ

いやあ、嘘みたいなイベントがいつの間にか決まっておりました(汗)。堺雅人さん主演映画「ゴールデンスランバー」(1/30公開予定)の記念イベントで、今月20日午後に仙台市内を堺さんと竹内結子さんがオープンカーに乗って凱旋パレードする!ということで…